玉川村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たまかわむら ウィキデータを編集
玉川村
Fukushimaairport.jpg
玉川村旗 玉川市章
玉川村旗 玉川村章
1974年昭和49年)4月1日制定[1]
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
石川郡
市町村コード 07502-7
法人番号 4000020075027 ウィキデータを編集
面積 46.67km2
総人口 6,284[編集]
推計人口、2021年10月1日)
人口密度 135人/km2
隣接自治体 須賀川市石川郡石川町平田村西白河郡矢吹町岩瀬郡鏡石町
村の木 赤松
村の花 山桜
村の鳥 山鳩
玉川村役場
村長 石森春男
所在地 963-6312
福島県石川郡玉川村大字小高字中畷9番地
北緯37度12分38.6秒 東経140度24分32.4秒 / 北緯37.210722度 東経140.409000度 / 37.210722; 140.409000
Tamakawa village office.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

玉川村位置図

― 市 / ― 町・村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
乙字ケ滝

玉川村(たまかわむら)は、福島県中通り中部に位置し、石川郡に属する

地理[編集]

阿武隈川の付近を村の西端とし、村役場付近には、泉郷駅、玉川ICなどがコンパクトに集中する。

  • 山:観音岳
  • 河川:阿武隈川
  • 湖沼:母畑湖(千五沢ダムのダム湖)

隣接している自治体[編集]

統計データ[編集]

泉郷駅前

現在の村勢[編集]

  • 総人口 - 7,602人(2005年)
  • 世帯数 - 1,944世帯(2005年)
  • 年少(15歳未満)人口率 - 15.6%(2005年)
  • 高齢(65歳以上)人口率 - 21.5%(2005年)
  • 昼間人口 - 7,465人(2000年)
  • 労働力人口 - 4,335人(2000年)
  • 第1次産業就業者数 - 838人(2000年)
  • 第2次産業就業者数 - 1,891人(2000年)
  • 第3次産業就業者数 - 1,442人(2000年)
  • 農業産出額 - 2,360百万円(2004年)
  • 製造品出荷額等 - 50,414百万円(2004年)
  • 商業年間商品販売額 - 6,255百万円(2003年)
出典
  1. 総務省統計局『統計で見る市区町村のすがた2007』2007年

人口[編集]


玉川村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


歴史[編集]

年表[編集]

村域の変遷[編集]

  • 変遷の年表
玉川村村域の変遷(年表)
月日 現玉川村村域に関連する行政区域変遷
1889年(明治22年) 4月1日 町村制施行に伴い、以下の村がそれぞれ発足。[2][3]
  • 泉村 ← 川辺村・蒜生村・小高村・中村・岩法寺村・竜崎村
  • 須釜村 ← 南須釜村・北須釜村・吉村・山小屋村・山新田村・四辻新田村
1955年(昭和30年) 3月31日 泉村・須釜村が合併し玉川村が発足。
1966年(昭和41年) 玉川村の一部(竜崎の一部)は鏡石町に編入。
  • 変遷表
玉川村村域の変遷表(※細かい境界の変遷は省略)
1868年
以前
明治22年
4月1日
明治22年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
川辺村 泉村 昭和29年7月15日
玉川村
玉川村 玉川村
蒜生村
小高村
中村
岩法寺村
竜崎村
南須釜村 須釜村
北須釜村
吉村
山小屋村
山新田村
四辻新田村

主な製造工場[編集]

教育[編集]

中学校[編集]

  • 玉川村立玉川中学校

小学校[編集]

  • 玉川村立玉川第一小学校
  • 玉川村立須釜小学校
福島空港

福島県で唯一の空港が村内にある。また、あぶくま高原道路が空港へのアクセスとして整備され、高速交通網に接続されている。

空港[編集]

鉄道[編集]

水郡線には玉川村駅が存在するが、これは茨城県常陸大宮市にある駅である。

路線バス[編集]

道路[編集]

友好都市[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 玉川村村章制定条例
  2. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 7 福島県』、角川書店、1981年 ISBN 4040010701より
  3. ^ 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180より
  4. ^ ANAウイングスの機材・乗務員による運航便含む
  5. ^ 全日本空輸(ANA)とコードシェア

外部リンク[編集]