広野インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広野インターチェンジ
広野インターチェンジ(料金所)
広野インターチェンジ(料金所)
所属路線 E6常磐自動車道
IC番号 19
料金所番号 04-022
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0006.svg広野 楢葉
【補助標識】Jヴィレッジ
起点からの距離 202.0km(三郷IC/JCT起点)
いわき四倉IC (13.8km)
(5.3km) ならはPA
接続する一般道 福島県道393号上北迫下北迫線
供用開始日 2002年3月23日
通行台数 1,318台/日(2006年度)
所在地 979-0401
福島県双葉郡広野町上北迫
テンプレートを表示

広野インターチェンジ(ひろのインターチェンジ)は、福島県双葉郡広野町上北迫にある常磐自動車道インターチェンジである。

概要[編集]

常磐富岡ICについては2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災および福島第一原子力発電所事故による居住制限区域(事故発生当初は警戒区域)に指定されており、当IC - 常磐富岡IC間が長期間閉鎖されていた。なお、この区間については2012年(平成24年)2月に復旧工事を開始し、ならはPAまでの区間が2013年(平成25年)1月に再開する予定としていたが、その後常磐富岡ICまで除染が完了したため、常磐富岡ICまで通しで工事を行った結果、2014年(平成26年)2月22日に当IC - 常磐富岡IC間の通行を再開した[1]

歴史[編集]

周辺[編集]

当ICは福島原発事故後、2015年(平成27年)9月4日まで避難指示解除準備区域(2012年8月10日までは警戒区域)の境界線上に位置していた。2011年(平成23年)4月21日までは福島第二原子力発電所の異常に関連する避難指示区域であったが、発電所の安全が確認されているとして、解除されている。

道路[編集]

接続する道路[編集]

当ICから国道6号を経てJヴィレッジに至る道路は、「トルシエ通り」と命名されている。

料金所[編集]

  • ブース数:4

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

[編集]

常磐自動車道
(18)いわき四倉IC - (19)広野IC - ならはPA - (20)常磐富岡IC

脚注[編集]

  1. ^ a b 常磐自動車道 広野IC〜常磐富岡IC間の再開通について”. 東日本高速道路株式会社 (2014年1月21日). 2017年1月11日閲覧。
  2. ^ a b c 常磐自動車道”. 福島県. 2017年1月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]