相馬インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
相馬インターチェンジ
料金所付近
料金所付近
所属路線 E6常磐自動車道
IC番号 23
料金所番号 04-126
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0115.svg相馬
起点からの距離 265.6km(三郷IC/JCT起点)
(8.5km) 新地IC
所属路線 E13東北中央自動車道相馬福島道路
起点からの距離 0.0km(相馬IC起点)
相馬山上IC►
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0115.svg国道115号
供用開始日 2012年4月8日
所在地 976-0152
福島県相馬市粟津
備考 相馬福島道路は2019年度 開通予定。
テンプレートを表示

相馬インターチェンジ(そうまインターチェンジ)は、福島県相馬市にある常磐自動車道および東北中央自動車道相馬福島道路)のインターチェンジである。

概要[編集]

東日本大震災および東京電力・福島第一原子力発電所事故の影響により、常磐富岡IC - 当IC間は開通の目途が立っていなかったが、2012年(平成24年)4月8日南相馬IC - 当IC間を先行開通させた[1]。また、当IC - 山元IC間は、2014年(平成26年)12月6日に開通した[2]

当ICはまた、現在事業中の東北中央自動車道相馬福島道路)の起点のインターチェンジ·ジャンクション名(仮称)でもある。

歴史[編集]

周辺[編集]

IC出入口周辺。相馬福島道路と接続する工事が行われている(2017年5月)
相馬ICに隣接する相馬市バスターミナル(2017年5月)

道路[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

料金所は終日無人のため、一般レーンを利用する場合は自動精算機にて精算することとなる。

  • ブース数:4

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

[編集]

常磐自動車道
(22)南相馬IC - (22-1)南相馬鹿島SA/スマートIC - (23)相馬IC - (24)新地IC
東北中央自動車道相馬福島道路)(建設中)
(23)相馬IC - 相馬山上IC - 相馬玉野IC

その他[編集]

  • JR相馬駅から2.5km程南西側に位置する。
  • 常磐自動車道の相馬ICのランプ形状は、「トランペット型インターチェンジ」となっている。
  • 出入口料金所は将来的には東北中央自動車道方面からの料金所も兼ねる予定(東北中央自動車道は無料のため)。

脚注[編集]

  1. ^ a b 常磐自動車道 南相馬IC〜相馬IC間が開通 〜福島県浜通りの復旧・復興の基軸として高速道路が開通します〜”. 東日本高速道路株式会社 (2012年3月9日). 2017年2月23日閲覧。
  2. ^ a b 常磐自動車道 浪江IC〜南相馬IC間・相馬IC〜山元IC間の開通等について”. 東日本高速道路株式会社 (2014年11月18日). 2014年11月18日閲覧。
  3. ^ a b 常磐自動車道”. 福島県. 2017年1月12日閲覧。
  4. ^ 常磐道の山元-浪江開通、記念式典 残る浪江-常磐富岡は来年3月”. 株式会社 産経デジタル (2014年12月6日). 2014年12月6日閲覧。
  5. ^ 東北中央自動車道 相馬西道路の開通予定の見直しについて (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局 磐城国道事務所 (2017年8月10日). 2017年8月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]