高橋優子 (騎手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 優子(たかはし ゆうこ、1950年9月15日[1] - 1974年5月17日[2])は水沢競馬場所属の騎手勝負服は胴桃、袖桃、紫玉あられ。

日本初の平地競走で騎乗経験のある女性騎手である[3]

来歴・人物[編集]

騎手兼調教師である父・高橋武、繋駕速歩競走で女性騎手第1号の高橋クニのもとに生まれた。

新潟県競馬の河内義昭調教師のもとで修行を積み、1968年12月1日付で[1]騎手免許を取得して親元に戻り、1969年4月20日岩手でデビュー。デビューから非凡な才能を発揮し、1年目は19勝を挙げ、翌1970年は農林大臣賞典で重賞初制覇。また、日高賞を制覇し、この年はこれらの重賞勝ちを含むシーズン57勝を挙げリーディング5位。マスコミに注目され、第22回NHK紅白歌合戦の審査員に選ばれるなどした[4][5]。1972年には盛岡競馬場でトチギホマレに騎乗し、1420メートルを1分29秒5で駆け抜けレコードタイムを更新した。この年にはシーズン56勝を挙げリーディング4位に入った。デビュー5年目の1973年には通算200勝を達成し、年末には同競馬場所属騎手の葛西勝幸と結婚[4]。翌年葛西優子として水沢競馬場で1勝を挙げたあと、第1回盛岡競馬開催初日の前日、急性心不全[2]のため23歳で死亡。生涯通算1776騎乗209勝[1]

2006年8月、高知競馬所属の別府真衣が女性騎手として史上最年少となる18歳7か月で地方競馬通算50勝を達成したが、それまでの記録を約36年間持っていたのは、1970年に19歳10か月で50勝を達成した高橋優子であった。

成績[編集]

勝利数・連対率 備考
1969年 19勝(24.2)
1970年 57勝(26.5) 農林大臣賞典・日高賞/リーディング5位
1971年 36勝(27.2)
1972年 56勝(24.4) リーディング4位
1973年 34勝(18.8)
1974年 1勝(30.0) 死去

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「優駿広場 オールカマー『女性騎手名簿』」、『優駿』、日本中央競馬会、1987年6月、 162頁。
  2. ^ a b 優駿』1974年7月号、p.31
  3. ^ 騎乗経験のない騎手を含めた場合の日本初の女性騎手は斉藤澄子である。なお斉藤は世界初の女性騎手でもある。
  4. ^ a b 地方競馬』1988年4月号、p.26-27
  5. ^ 競馬関係者がNHK紅白歌合戦の審査員となった事例はほかに1994年第45回NHK紅白歌合戦でJRAの南井克巳がいる。競馬関係者がNHK紅白歌合戦の審査員に抜擢されたのは2011年現在この2人のみである。

関連項目[編集]