古橋廣之進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
古橋 廣之進 Swimming pictogram white.svg
Furuhashi Hironoshin.JPG
1955年
選手情報
フルネーム 古橋 廣之進
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形
生年月日 (1928-09-16) 1928年9月16日
生誕地 日本の旗 日本 静岡県浜名郡雄踏町(現・浜松市西区
没年月日 (2009-08-02) 2009年8月2日(80歳没)
死没地 イタリアローマ
テンプレートを表示

古橋 廣之進(ふるはし ひろのしん、1928年9月16日 - 2009年8月2日)は日本水泳選手であり、スポーツ指導者。日本大学名誉教授

人物[編集]

1928年9月16日静岡県浜名郡雄踏町(現・浜松市西区)にて生まれる。日本大学法文学部(現在は法学部)政治経済学科卒業。

第二次世界大戦終了後の水泳界で次々と世界記録を打ち立てて「フジヤマのトビウオ」の異名を取った。

現役引退後は大同毛織(現 ダイドーリミテッド)に入社。その後、母校・日本大学の教授日本水泳連盟会長、日本オリンピック委員会会長を歴任した。

2009年8月2日世界水泳選手権が開かれていたイタリアローマにて客死。

経歴[編集]

大学進学まで[編集]

雄踏小学校4年の時に水泳部に入部。当時、古橋が通っていた学校の水泳部では、浜名湖での遠泳が伝統的に行われており、古橋は6年生の時100mと200mの自由形で学童新記録を樹立した。その際、新聞報道で「豆魚雷」との異名を付けられた。その後、浜松第二中学校(現・静岡県立浜松西高等学校)へ進学したものの太平洋戦争の激化により水泳を続けることができなかった。学徒勤労動員で砲弾工場で作業していた際に旋盤に左手の中指を挟まれ第一関節から先を切断するという事故に遭っている[1]。事故に遭った頃は「もう泳げない」とかなり落胆していた。

「フジヤマのトビウオ」[編集]

日本大学進学後に水泳を再開。この頃の想い出として古橋は「国民体育大会に出場するために東京から兵庫県宝塚市へ向かう途中で「汽車賃がないので、列車に無賃乗車して乗り継いでやっとのことで宝塚に行った」ことを語っていた[2]

世界新記録樹立直後の古橋

1947年日本選手権では400m自由形を4分38秒4で優勝し、公式記録にはならなかったものの当時の世界記録を上回るタイムを出した。

敗戦国の日本は1948年ロンドンオリンピックへの参加が認められなかった。日本水連は日本選手権をロンドン五輪の水泳競技決勝と同日に開催し、古橋は400m自由形4分33秒4、1500m自由形で18分37秒0を出し、ロンドン五輪金メダリストの記録および当時の世界記録を上回った。同年9月の学生選手権の400m自由形では自己記録を更新する4分33秒0、800m自由形では9分41秒0を出しこれも世界記録を越えた。これらの記録は日本が国際水泳連盟から除名されていたため世界記録としては公認されなかった。敗戦直後で日本人の多くが苦しんでいる時期に、「世界記録」を連発する古橋は国民的ヒーローであった。

1949年6月に日本の国際水泳連盟復帰が認められ古橋や橋爪四郎ら6選手は8月にロサンゼルスで行われた全米選手権に招待されて参加し、400m自由形4分33秒3、800m自由形9分33秒5、1500m自由形18分19秒0で世界新記録を樹立しアメリカの新聞では「フジヤマトビウオ」(The Flying Fish of Fujiyama)と呼ばれた[1]。この遠征はサンフランシスコ講和条約締結前だったこともあったこと、米ドルがなかったため日本水連幹部や在米日系人からの寄付で実現できた[1]。渡航前にはGHQダグラス・マッカーサー元帥や昭和天皇からも励ましを受けた[1]。戦後まもなかったこともあり大会前は米国民にジャップと呼ばれることもあったが大会後は一躍ヒーローとなりハリウッドではボブ・ホープらにサインをねだられた[1]

1951年に日本大学を卒業後、大同毛織に入社。幾多もの大企業や役所などから特別待遇での誘いを受けながらあえて社業との両立を目的に同社に入社したという。同年、第1回日本スポーツ賞受賞。1952年、日本選手権では思うような記録が出なかったがその年のヘルシンキオリンピックに出場。しかし既に選手としてのピークを過ぎていたことと1950年の南米遠征中にアメーバ赤痢に罹患し発症していた[3]ことが響き、五輪本番では400m自由形8位に終わった。この時、実況を担当したNHK飯田次男アナウンサーが涙声で「日本の皆さま、どうぞ、決して古橋を責めないで下さい。偉大な古橋の存在あってこそ、今日のオリンピックの盛儀があったのであります。古橋の偉大な足跡を、どうぞ皆さま、もう一度振り返ってやって下さい。そして日本のスポーツ界と言わず、日本の皆さまは暖かい気持ちを以て、古橋を迎えてやって下さい」と述べたのであった。

現役引退とその後[編集]

引退後は社業に務める傍ら、水泳界の発展に尽力した。

1966年には大同毛織を退社し、日本大学専任講師となると共に日本水泳連盟役員となった。

1969年東京都品川区大井に「品川とびうおスイミングクラブ」 1970年「とびうお杉並スイミングクラブ」を設立(後に倒産)

1985年には前年のロサンゼルスオリンピックでの選手大麻吸引事件による役員刷新で日本水泳連盟会長に就任し、神戸市で行われたユニバーシアード大会事務総長となった。1990年から1999年までは日本オリンピック委員会(JOC)会長となり、1996年アトランタオリンピック日本選手団団長を務めた。また、1993年に設立された日本学生トライアスロン連合の初代会長も務めた[4]

また、亡くなるまで日本オリンピアンズ協会の名誉顧問も務めていた。2008年11月3日にオリンピック出場経験者としては初、日本スポーツ界の人物として2人目となる文化勲章を親授された[5]

2009年2月7日に故郷の浜松市に古橋廣之進記念浜松市総合水泳場(愛称:ToBiO)がオープンした。

2009年6月25日、日本水連は競泳日本代表の愛称を現役時代の「フジヤマのトビウオ」という異名に因んで、大海を突き進むトビウオの様に飛躍してほしいとの意味を込めて「トビウオジャパン」に決定したと発表した。[6]

1976年より国際水泳連盟の副会長を務め2009年7月24日ローマで開催された総会でも再選されたが[7]、その9日後の8月2日午前中に現地のホテルの部屋で亡くなっているのが発見された[8]。80歳没。戒名は大照院泳心廣道居士。

死因は急性心不全であり、突然死だったことを記者会見で日本水泳連盟が明らかにした。

エピソード[編集]

以前の世界記録[編集]

1938年8月10日 第14回関東水上選手権大会において天野富勝は1500mで18分58秒8 途中1000mで12分33秒8の世界新記録をだして、1939年の朝日体育賞を受賞している[9]

千葉すずの五輪代表選考[編集]

2000年シドニーオリンピック水泳代表選考をめぐり、代表の選に漏れた千葉すずスポーツ仲裁裁判所(CAS)に「選考基準が不明瞭である」として仲裁を申し立てた。当時日本水泳連盟会長であった古橋は選考に問題点はないという姿勢を貫いた。

裁定では選考結果自体の見直しには至らなかったが日本水泳連盟側にも選考基準の曖昧さがあったことを認め、仲裁費用の一部負担を言い渡している[10]

なお日本水泳連盟はこの裁定を受け、シドニーオリンピック以後の国際競技大会選手選考に際し独自の「派遣標準記録」を設定した上で日本選手権水泳競技大会競泳では標準記録を突破して決勝レースで2位以内に入選した選手を自動的に代表選出するシステムを採用した。

その他[編集]

  • 野球ジャーナリストの越智正典が、自身のコラムで「昭和30年代の初め、プロ野球東京讀賣巨人軍の選手が豪州で自主トレを行った時、当地で選手たちの世話をしたのが、大同毛織で豪州シドニー駐在だった古橋廣之進であった」ことを書いている。
  • 2000年に発行された記念切手「20世紀デザイン切手シリーズ」第10集では、古橋が全米水上選手権の4種目で世界新を樹立した出来事が取り上げられた。
  • 1952年以降、日本がボイコットした1980年モスクワオリンピックを除いて北京オリンピックまで全ての夏季オリンピックに選手・コーチ・役員として参加したという珍しい記録の保持者であった。
  • 2004年アテネオリンピックで、国際水泳連盟の役員として選手のメダリストセレモニーを担当した。古橋は当初、8月21日に行われた女子200m背泳ぎ(中村礼子が銅メダルを獲得したレース)の表彰担当だったが、担当レースの直後に行われた女子800m自由形で柴田亜衣が優勝したことを受け、国際水泳連盟が「自由形で日本の選手が優勝したんだ。日本の自由形の花形選手だったフルハシがシバタに金メダルを授与する方がいいだろう」という粋な計らい(サプライズ)で表彰担当役員を入れ替え、古橋が柴田に金メダルを授与することになった[11]。古橋は「五輪で、日本の自由形の選手に金メダルを贈ることが出来るなんて……長く生きていて良かった」と感激していた。
  • 少年時代は姉一人、本人、弟一人、妹5人の8人兄弟で、生活は貧しかった。父は舞阪町の日本通運で働いていたが、人の数倍もの給料を稼いでも生活は一向に楽にならなかったという。
  • 学生時代には当番制で近所の畑で収穫した野菜を購入し半分は部員用に残りの半分は闇市で売ったこともあるという[1]

受賞歴[編集]

職歴[編集]

作品[編集]

  • 栄光なき天才たち1巻-第二話』集英社1987年 (本文中に「取材協力=古橋廣之進」とある)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 読売新聞大阪本社運動部 『ザ・ヒーロー戦後スポーツの40人』 読売新聞、1996年ISBN 4-643-96076-0
  2. ^ 【五輪インタビュー】古橋広之進氏 中 産経新聞 2008年7月6日閲覧
  3. ^ ヘルシンキオリンピックから遥か後年の1993年頃になって人間ドックを受診したら、その当時に感染した赤痢菌が検出されたという。【五輪インタビュー】古橋広之進氏 下 産経新聞 2008年7月7日閲覧
  4. ^ JTUの概要と歴史
  5. ^ 今年度の文化勲章受章者 産経新聞 2008年10月28日閲覧
  6. ^ “競泳日本代表は「トビウオジャパン」=日本水連が愛称発表”. 時事通信社. (2009年6月25日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=200906/2009062500814 2009年8月3日閲覧。 
  7. ^ “新会長にマグリオーネ氏=古橋副会長は続投-国際水連”. 時事通信社. (2009年7月25日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=200907/2009072500007 2009年8月2日閲覧。 
  8. ^ “「フジヤマのトビウオ」古橋氏、ローマで死去”. サンケイスポーツ. (2009年8月2日). http://www.sanspo.com/sports/news/090802/sph0908021928010-n1.htm 2009年8月2日閲覧。 
  9. ^ 東京朝日新聞1939年1月
  10. ^ 水泳の千葉すず選手,仲裁裁判所に提訴へ(裁定) 五輪選考「公開を」 松山大学法学部田村研究室HP
  11. ^ 「フジヤマのトビウオ」古橋氏も柴田祝福 日刊スポーツ 2004年8月21日
  12. ^ 中日文化賞:第1回-第10回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月31日閲覧。

関連項目[編集]

  • 橋爪四郎 - 日本大学水泳部の同期。戦後の日本水泳界を古橋と共に支えた。
  • 藤田明 - 日本水泳連盟会長-副会長

外部リンク[編集]

記録
先代:
日本の旗橋爪四郎
男子1500m自由形
世界記録保持者(長水路)

1949年8月16日 – 1956年5月3日
次代:
アメリカ合衆国の旗ジョージ・ブリーン
先代:
アメリカ合衆国の旗ビル・スミス
男子800m自由形
世界記録保持者(長水路)

1949年7月24日 – 1949年8月16日
次代:
日本の旗橋爪四郎
先代:
日本の旗橋爪四郎
男子800m自由形
世界記録保持者(長水路)

1949年7月24日 – 1951年7月7日
次代:
アメリカ合衆国の旗フォード・コンノ
先代:
フランスの旗アレクサンドル・ジャニー
男子400m自由形
世界記録保持者(長水路)

1949年7月24日 – 1950年3月11日
次代:
アメリカ合衆国の旗ジョン・マーシャル
先代:
堤義明
日本オリンピック委員会会長
第13代:1990年 - 1999年
次代:
八木祐四郎