長沢二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1954年

長沢 二郎(ながさわ じろう, 1932年(昭和7年)2月2日 - 2010年(平成22年)3月23日)は、日本競泳選手。

人物[編集]

静岡県沼津市出身。静岡県立沼津東高等学校から早稲田大学高等学院に編入し、早稲田大学卒業。早大では水泳部に所属した。

早大在学中の1952年ヘルシンキオリンピックに出場し、200メートル平泳ぎで6位[1]1954年5月にバタフライが平泳ぎから分離する形で考案され、同年6月に長沢が「ドルフィンキック」を発明、当時の200メートルバタフライの世界新記録を更新した。同年には第4回日本スポーツ賞を受賞。引退後の1964年には、第18回夏季オリンピック東京大会において競泳日本代表のコーチを務めた。1993年国際水泳殿堂入り[1]

2010年3月23日食道癌のため死去[1]。78歳没。

脚注[編集]

  1. ^ a b c “長沢二郎氏死去 競泳のドルフィンキック考案者”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年3月23日). http://web.archive.org/web/20131219050716/http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010032301001083.html 2013年12月18日閲覧。 

外部リンク[編集]

  • 長沢二郎 - バイオグラフィーとオリンピックでの成績(英語)