重松森雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

重松 森雄(しげまつ もりお、1940年6月21日 - )は、日本のマラソン選手。福岡県出身。1965年に世界最高記録を樹立した。

人物・来歴[編集]

福岡県立福岡工業高等学校を卒業して、1959年九電工に入社する。

九州一周駅伝などのレースに出場するが、1961年に病気に襲われ、療養を余儀なくされる。このとき、将来をことを考えて大学を出ておくべきだと決意し、九電工を退社。

1962年福岡大学に入学するという異色の経歴の持ち主である。

1964年東京オリンピックの代表を逃したが、1965年4月のボストンマラソンに出場し、2:16:33の大会新記録で優勝。さらにそれから53日後の6月12日イギリスの第45回ポリテクニック・ハリアーズ・マラソン(ウィンザーマラソン)に出場し、前年の東京オリンピックでアベベ・ビキラが作った世界最高記録を更新する2:12:00の記録で優勝した。

この記録は、最後の2時間10分台の世界最高記録であると共に、日本人が樹立した最後の男子マラソン世界記録である。

引退後は岩田屋サニックスの女子陸上部の監督を歴任した。

現在、クラブチーム「ファースト・ドリームAC」(福岡市)の監督。

2015年、ボストンマラソンが毎年実施している「50年前の優勝者招待」の対象となり、渡米して「ボストンで優勝して自信がつき、世界記録につながった」とコメントするとともに、大会とは別に実施された5kmのファンランに参加した[1]

マラソン成績[編集]

  • 自己最高記録…2時間12分00秒(1965年6月)
年月 大会名 タイム 順位 備考
1962.12 朝日国際マラソン 2:22:23 15位
1963.03 延岡西日本マラソン 2:20:56.6 優勝
1963.05 毎日マラソン 2:22:05.2 2位 東京五輪のコースで開催
1964.02 別府大分毎日マラソン 2:21:34.2 6位
1964.04 毎日マラソン 2:20:32.2 5位 東京五輪のコースで開催
1964.12 朝日国際マラソン 2:17:56.8 5位
1965.02 別府大分毎日マラソン 2:16:15 4位
1965.04 ボストンマラソン 2:16:33 優勝
1965.06 ポリテクニック・ハリアーズ・マラソン 2:12:00 優勝 世界最高記録、自己最高記録
1966.02 別府大分毎日マラソン 2:16:16 9位
1966.08 タイムスマラソン 2:30:06.2 優勝
1966.12 アジア大会(バンコク) 2:35:04.2 2位
1967.12 国際マラソン 2:20:54 19位
1968.02 別府大分毎日マラソン 2:17:46 10位
1968.04 毎日マラソン 2:17:15 4位
1968.08 タイムスマラソン 2:24:27 優勝
1969.02 別府大分毎日マラソン 2:21:01.4 9位
1969.03 新報那覇マラソン 2:30:12 優勝
1969.08 タイムスマラソン 2:24:42.2 3位
1970.09 タイムスマラソン 2:23:11 2位
1971.09 タイムスマラソン 2:26:29.8 6位
1971.12 国際マラソン 2:32:36 34位

脚注[編集]

  1. ^ 50年前の雄姿再び=ボストン優勝の重松さん-マラソン - 時事通信2015年4月20日(リンクは転載先)

外部リンク[編集]