山中毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山中 毅 Swimming pictogram white.svg
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形
生年月日 (1939-01-18) 1939年1月18日
生誕地 石川県輪島市
没年月日 (2017-02-10) 2017年2月10日(78歳没)
死没地 東京都練馬区
身長 171cm
体重 75kg
 
獲得メダル
1956 メルボルン 400m自由形
1956 メルボルン 1500m自由形
1960 ローマ 400m自由形
1960 ローマ 4×200mリレー
テンプレートを表示

山中 毅(やまなか つよし、1939年1月18日 - 2017年2月10日)は、石川県輪島市生まれの競泳選手。

人物[編集]

石川県立輪島高等学校在学中の1956年メルボルンオリンピックに出場。自由形400mと1500mの2種目では、オーストラリアマレー・ローズに次ぐ2位で銀メダルを獲得した[1][2]

早稲田大学進学後の1959年、自由形200m、400mで世界新記録を作った[2]

1960年ローマオリンピックでも、自由形400mでローズに敗れ銀メダルを獲得した[2]

早稲田大学卒業後、南カリフォルニア大学に留学[3]1961年には、2ヶ月間に自由形200mの世界新記録を3度更新するなど、同じ大学に留学してきたローズやジョン・コンラッズ英語版とともに南カリフォルニア大学の黄金時代を築いた。1962年にコンラッズと南米に招待され帰国の際、搭乗予定だったヴァリグ・ブラジル航空810便(Voo Varig 810)がベルーで墜落したが、山中らは乗り遅れたため難を逃れた。1966年全日空羽田沖墜落事故全日空松山沖墜落事故でも直前に友人と会い、搭乗をキャンセルして助かっている[4]

1964年東京オリンピックにも出場し、400m自由形で6位入賞している。

3度のオリンピックで延べ7種目に出場し、4個の銀メダルを含めてすべて入賞した。

帰国後は大洋漁業(現・マルハニチロ)に就職した。またイトマンスイミングスクールの取締役も務めている。

1983年、「国際水泳殿堂」(International Swimming Hall of Fame)に選出された[5]

山中の母親は海人で、出産の数日前まで海に潜っていた。そのためか、「山中は生まれる前から泳いでいる」の逸話が残っている。

1995年に行われた参議院議員選挙の比例区にさわやか新党から出馬したことがあった。

2017年2月10日、肺炎により東京都練馬区内の病院にて亡くなった[6]。78歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 萩野が56年ぶりの高校生銅メダル「8秒台が出てよかった」”. 産経ニュース (2012年7月29日). 2012年7月28日閲覧。
  2. ^ a b c 山中毅”. コトバンク. 2012年7月28日閲覧。
  3. ^ USC's McDonald's Swim Stadium (PDF)”. USC. 2012年7月28日閲覧。
  4. ^ 小沢剛 「元五輪競泳選手 山中毅さん」 共同通信
  5. ^ Swimmers”. 国際水泳殿堂. 2012年7月28日閲覧。
  6. ^ “山中毅氏が死去 五輪の競泳で四つの銀”. 産経ニュース WEST. 産経新聞社. (2017年2月14日). http://www.sankei.com/west/news/170214/wst1702140023-n1.html 2017年2月14日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

記録
先代:
オーストラリアの旗ジョン・コンラッズ
男子400m自由形
世界記録保持者(長水路)

1959年7月26日 – 1960年2月23日
次代:
オーストラリアの旗ジョン・コンラッズ
先代:
オーストラリアの旗ジョン・コンラッズ
男子200m自由形
世界記録保持者(長水路)

1958年8月22日 – 1959年1月16日
次代:
オーストラリアの旗ジョン・コンラッズ
先代:
オーストラリアの旗ジョン・コンラッズ
男子200m自由形
世界記録保持者(長水路)

1959年7月26日 – 1962年8月11日
次代:
アメリカ合衆国の旗ドン・ショランダー