遊佐正憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遊佐 正憲 Swimming pictogram white.svg
Masanori Yusa.jpg
遊佐 正憲
選手情報
フルネーム ゆさ まさのり
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形
生年月日 (1915-01-08) 1915年1月8日
生誕地 香川県仲多度郡多度津町
没年月日 (1975-03-08) 1975年3月8日(60歳没)
テンプレートを表示

遊佐 正憲(ゆさ まさのり、1915年1月8日[1]- 1975年3月8日)は、日本水泳選手。1932年ロサンゼルスオリンピックの800mリレーで金メダル、1936年ベルリンオリンピックの800mリレーで金メダル、100m自由形で銀メダルを獲得した。

人物[編集]

香川県仲多度郡多度津町の出身。旧制多度津中学校(現香川県立多度津高等学校)から日本大学に進学、日大1年次の17歳で出場した1932年ロサンゼルスオリンピック800メートルリレーで宮崎康二横山隆志豊田久吉とチームを組んで金メダルを獲得する。この800mリレーの優勝を讃えられ、遊佐は宮崎、横山、豊田と共に1932年度の朝日賞体育部門(現:朝日スポーツ賞)を受賞した[2]

1936年、ロサンゼルスに続く二度目の出場となったベルリンオリンピックでは、遊佐は100メートル自由形で銀メダル、新井茂雄田口正治杉浦重雄とチームを組んだ800メートルリレーで金メダル[3]を獲得した。この800mリレーの優勝を讃えられ、遊佐は新井、田口、杉浦と共に1936年度の朝日賞体育部門を受賞した[4]

日本大学卒業後は横浜ゴムに入社した。女優逢初夢子は妻、女優の遊佐ナオコは長女(本名:遊佐真温子)。妻の逢初とは1936年頃に知り合い[5]1942年に長女が誕生したことを受けて正式に入籍した。

第二次世界大戦後に日本水泳連盟技術指導委員となり、自由形短距離選手の強化を担当した[6]

1975年3月8日胃がんのため死去した[7]。60歳没。

脚注[編集]

  1. ^ Masanori Yusa Bio, Stats, and Results” (英語). Olympics at Sports-Reference.com. 2018年8月9日閲覧。
  2. ^ 1932(昭和7)年度 朝日スポーツ賞 朝日新聞社
  3. ^ 遊佐はリレーでのオリンピック2大会連続優勝を果たしている。
  4. ^ 1936(昭和11)年度 朝日スポーツ賞 朝日新聞社
  5. ^ 1932年ロサンゼルスオリンピック時に既に知り合っていた説有
  6. ^ 冬季合宿練習報告 (PDF) 日本水泳連盟機関誌『水泳』第84号
  7. ^ 遊佐正憲選手について DANCE & BOPS

外部リンク[編集]