入江稔夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オリンピック
日本の旗 日本
男子 競泳
オリンピック
1932 男子 100M背泳ぎ

入江 稔夫(いりえ としお、1911年11月5日 - 1974年5月8日[1])は、日本水泳選手。大阪府高槻市出身。1932年ロサンゼルスオリンピック100メートル背泳ぎで銀メダルを獲得。

経歴[編集]

茨木中学(現・大阪府立茨木高等学校)を経て、早稲田大学理工学部を卒業する。1932年ロサンゼルスオリンピック100メートル背泳ぎで銀メダルを獲得。このとき、金メダルの清川正二、銅メダルの河津憲太郎と共に日本選手で表彰台を独占した。日本初の快挙である。現役引退後は運搬用つり具の製造販売を行うイーグルグランプ社に入り取締役を務めた[1]。1974年5月8日、高槻市にて死去。享年62。

出典[編集]

  1. ^ a b 朝日新聞「訃報 入江 稔夫氏」1974年5月10日付け朝刊19面