背泳ぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
背泳ぎ

背泳ぎ(せおよぎ、backstroke)は、水泳で、仰向けの姿勢で泳ぐ泳ぎ方である。「背泳」(はいえい)とも呼ばれる。

歴史[編集]

背泳ぎは古来から用いられている泳法である。競泳の種目としてオリンピックでは第2回のパリ大会1900年)より採用されている。

かつては背泳ぎも平泳ぎと同様の動作で水をけり、同時に両手も動かして水をかいていた。のちにクロールが泳がれるようになって、現在の泳法として発達した[1]

ルール[編集]

他の泳法では飛び込みによるスタートが行われるが、背泳ぎ(及び背泳ぎからスタートするメドレーリレー)は、水に入った状態でスタートする[2]

審判長の笛の合図の後、各コースに入水。専用のグリップに手をかけ、プールの壁に足をかける。この際、指先が水面から出ないようにしなければならなかったが、2006年の改正で「壁や溝等に足の指をかけないこと」となり、指先が水面から出ても良いことになった。国内ルールでは「つま先を含む足の位置は、水面の上下いずれに位置しても良いが、プールのへり、タッチ板の上端、排水溝より上に足の指が出てはならない。」[2]と表現されている。

出発合図員の「Take your marks...(日本では、「よーい」)」で、体を壁にひきつけ構えた後は、号砲まで静止しなければならない。号砲後着水した後、15m以内に頭が水面上に出なければならない[3]。超えると、失格。競技中はターン時を除いて常に仰向けの状態で泳ぐ[3]

なお、ターン時については

  • 折返しを行っている間に、泳者の身体の一部が壁に触れなければならない。[3]
  • 折返しの動作中は、肩が胸の位置に対して垂直に倒れ、その後は連続した一本の腕のかき、あるいは連続した同時の両腕のかきを、折返しの初期の動作に使用できる。一度でも身体が仰向けの状態でなくなったら、いかなる足のけりや腕のかきについても連続した折返し動作の一部でなければならない。足が壁から離れれば、仰向けの姿勢に戻らなければならない。[3]

とされている。

  • タッチターンに関しては、2014年の改定により、身体を反転させて(うつ伏せになって)から行うことが禁止されており、仰向けのまま体の向きを変える必要がある。

バサロ泳法(潜水泳法)はスタート及びターンから15メートルまでと規定されている。これは規定のなかった1980年代、本来の背泳ぎのフォームではないバサロ泳法による遊泳距離が長い選手が優位に立っており、競技としての形骸化が指摘されたためである。1988年ソウルオリンピック鈴木大地が30メートルのバサロ泳法により金メダルを獲得したことを契機に規定が設けられ、オリンピック直後のルール改正によりバサロ泳法の距離は10メートルに制限された。1991年に15メートルに緩和され、現在に至る。ゴール時のみは潜ってからのタッチが良しとされていたが2013年度の会議により、2014年以降はゴール時に体の1部が水面上に出ていないと失格という、新たな規制が加わった。

なお、背泳ぎを含む種目(個人メドレーなど)では、両壁から5メートル地点に、フラッグがかかっている。また、15メートル地点にロープが張られる。

 

サバイバル術としての背泳ぎ[編集]

背泳ぎは速力が遅く、進行方向の確認ができない欠点がある。しかし、本来の背泳ぎは、水中に顔を入れることなく泳ぎ続けられる長所をもっている。このため、呼吸法を習得していない初心者にも受け入れられやすい。また、遭難者救助の場合は、遭難者の状況を見つつ、自らの呼吸も常に確保できる泳法である。救命胴衣を着用している場合は、うつぶせの泳ぎ方ができないため、必然的に背泳ぎとなる。また、船舶が沈没した際、重油まみれの海面を泳ぐ際も、顔を水に漬けない背泳ぎは有効である。競泳での背泳ぎはスピード向上の研究が図られているが、本来のサバイバル泳法としての意義も近年見直されている。

歴代日本人金メダリスト[編集]

男子[編集]

主な背泳ぎの選手[編集]

男子[編集]

女子[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]