糸井統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子競泳
アジア競技大会
1994 広島 200m背泳ぎ
ユニバーシアード
1995 福岡 100m背泳ぎ

糸井 統(いとい はじめ、1971年6月22日 - )は岐阜県岐阜市出身の元競泳選手。

経歴[編集]

岐阜県立岐阜商業高等学校早稲田大学出身。1992年バルセロナオリンピックの開催年の日本選手権水泳競技大会(兼オリンピック選考会)の200m背泳ぎで日本人で初めて2分の壁を破り(1分59秒49)世界の第一線に並んだ。

1988年ソウルオリンピック鈴木大地の世代とちょうど入れ替わりの世代にあたり、日本選手権で初めて鈴木に勝った際、「大地が負けた」とマスコミが鈴木だけをクローズアップしていたことに、糸井は「糸井が勝ったと言われるようになりたい」と強気の一面を覗かしていた。以後、日本選手権では100m背泳ぎで1990年から1995年まで6連覇[1]。200m背泳ぎで1989年から1997年まで9連覇を果たした[2]。この9連覇は入江陵介が同種目で11連覇を達成するまで全種目の中で最多であった(北島康介が100m平泳ぎで9連覇を達成し並ばれたことはあった)。

バルセロナオリンピック200m背泳ぎの決勝では金メダルだけを狙った賭けに出たが僅差で4位(1分59秒52)、1994年アジア競技大会200m背泳ぎで3位、アトランタオリンピック200m背泳ぎで5位となった。

現役引退後は岐阜県で高等学校教諭となった[3]。現在、岐阜県水泳連盟競泳委員長。

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 歴代日本選手権獲得者”. 日本水泳連盟. 2010年10月6日閲覧。
  2. ^ 歴代日本選手権獲得者”. 日本水泳連盟. 2010年10月6日閲覧。
  3. ^ 糸井統先生(元オリンピック選手)ようこそ長島小へ!”. 恵那市立長島小学校 (2009年7月11日). 2010年10月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]