宮崎康二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮崎 康二 Swimming pictogram white.svg
Yasuji Miyazaki.jpg
宮崎康二
選手情報
フルネーム みやざき やすじ
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形
生年月日 (1916-10-15) 1916年10月15日
生誕地 静岡県浜名郡吉津村
(現在の静岡県湖西市
没年月日 (1989-12-30) 1989年12月30日(73歳没)
テンプレートを表示
ロス五輪で挨拶する宮崎

宮崎 康二(みやざき やすじ、1916年大正5年)10月15日 - 1989年平成元年)12月30日)は、日本水泳選手。1932年ロサンゼルスオリンピック100m自由形、800mリレーの金メダリスト。

経歴[編集]

静岡県浜名郡吉津村(現在の湖西市)の出身[1]吉津尋常小学校[2]を経て浜松一中(現:静岡県立浜松北高等学校)時代に15歳でロサンゼルスオリンピックに出場。身長179cm、体重66kgの恵まれた体躯を生かし、100m自由形でジョニー・ワイズミュラーの記録を破る58秒2の五輪新記録で金メダルを獲得、アメリカのこの種目の連勝を6でストップさせた。

同レースの2日後に行われた800mリレーでは体調を崩した大横田勉の代役として急遽出場し、第1泳者としてチームを牽引し、8分58秒4の世界新記録で2個目の金メダルを獲得した。水泳日本の黄金時代を築いた。宮崎は「中3から中4の1カ月間、何故こんな奇蹟的事実が私の身辺に起こったのか。この奇蹟の担い手に何故、私が選ばれたのかわかりません。」と回想している。続く1936年のベルリンオリンピックにも参加した。

浜松一中を卒業後、100m銀メダリスト河石達吾との縁で慶應義塾大学法学部に進学し、水泳部キャプテンを務めた。戦後は1954年から18年間、兵庫県西宮市に住み、日本水泳連盟理事を務めるなど後進の指導に当たった。これらの功績が認められ、1989年9月にはIOC(国際オリンピック委員会)から五輪功労賞銀賞を受賞した。

エピソード[編集]

宮崎の母校である湖西市立鷲津小学校(吉津尋常小学校の後身)の校歌に於いて「ロスアンゼルスの日章旗」と歌われる部分があるが[3]、これはロサンゼルスオリンピックでの宮崎康二の金メダル及び牧野正蔵の銀メダル獲得を讃えたものであるという[2]。2012年に湖西市が市制40周年を迎えた際には宮崎と牧野の顕彰式が開催された[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 市制40周年記念 宮崎・牧野顕彰祭 郷土のオリンピックメダリスト (PDF)” (日本語). 広報こさい. 静岡県湖西市 (2012年10月). 2018年8月15日閲覧。
  2. ^ a b 私たちの学校「湖西市立鷲津小学校」 (PDF)”. 中日新聞 (2017年9月7日). 2018年8月15日閲覧。
  3. ^ 校歌”. 湖西市立鷲津小学校. 2018年8月15日閲覧。

外部リンク[編集]