大横田勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大横田 勉 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム おおよこた つとむ
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形
生年月日 1913年4月20日
生誕地 広島県
没年月日 不明
テンプレートを表示

大横田 勉(おおよこた つとむ、1913年4月20日 - 没年不明)は日本の水泳選手1932年ロサンゼルスオリンピック400メートル自由形で銅メダルを獲得。明治大学出身。

経歴[編集]

広島県出身。旧制修道中等学校(現修道中学校・修道高等学校)で主将として活躍する。2期上に河石達吾、1期下に河津憲太郎がいる。明治大学在学中の1932年、200M自由形で2分14秒6、400M自由形で4分50秒4の日本新記録を出した。同年ロサンゼルスオリンピックで圧勝した日本水泳チームに選ばれ胃腸炎に罹ったものの男子400M自由形で銅メダルを獲得した[1]

修道中学校では2期上に河石達吾、1期下に河津憲太郎がおり、同オリンピック競泳で揃ってメダルを獲得した。

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 大横田勉 - バイオグラフィーとオリンピックでの成績(英語)
  1. ^ 河石達吾・大横田勉・河津憲太郎 1932年ロサンゼルス”. 中国新聞社 (2008年4月3日). 2010年2月21日閲覧。