高石勝男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高石 勝男 Swimming pictogram white.svg
Katsuo Takaishi 1926.jpg
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形
生年月日 1906年10月14日
生誕地 大阪府
没年月日 (1966-04-13) 1966年4月13日(59歳没)
テンプレートを表示

高石 勝男(たかいし かつお、1906年10月14日 - 1966年4月13日)は、日本競泳選手。元日本水泳連盟会長。1928年アムステルダムオリンピックにおいて800mリレーで銀・100m自由形で銅の2つのメダルを獲得した。50m・100m・200m・400m・800m・1500m自由形元日本記録保持者。

人物[編集]

大阪府出身。大阪府立茨木中学(現在の茨木高校)卒。早稲田高等学院卒。早稲田大学商学部卒業。妻は元200m・400m自由形日本記録保持者永井峰子

1928年アムステルダムオリンピック男子800m自由形リレー銀メダリスト、同オリンピック100m自由形銅メダリスト。

パリオリンピックでも100m自由形、1500m自由形に出場。

ロサンゼルスオリンピック代表に選ばれたが選考会で敗れ、出場は果たせなかった。

1964年第18回夏季オリンピック東京大会では水泳日本代表総監督を務めた。また、日本水泳連盟会長などを歴任し、紫綬褒章を受章。

母校早稲田大学の戸山キャンパスには、高石勝男を記念して建設された『高石記念プール』がある。

実業家としては近畿産業社長も務めている。

1966年4月13日、逝去。59歳没。

主な実績[編集]

  • 1923年第6回極東選手権競技大会[1] 400ヤード自由形優勝 1マイル自由形優勝 200ヤードリレー優勝
  • 1923年第8回全国競泳大会[1] 100m自由形優勝
  • 1924年パリオリンピック[2] 100m自由形5位 1500m自由形5位 800mリレー4位
  • 1924年第3回全国学生水上競技大会 100m自由形優勝 800m自由形優勝 400mリレー優勝
  • 1925年第7回極東選手権競技大会 50m自由形優勝 100m自由形優勝 400m自由形優勝 200mリレー優勝
  • 1925年第4回全国学生水上競技大会 100m自由形優勝 200自由形優勝 400mリレー優勝
  • 1925年第1回日本選手権 50m自由形優勝 400m自由形優勝 200mリレー優勝 800mリレー優勝
  • 1926年第5回全国学生水上競技大会 200m自由形優勝 400m自由形優勝 200mリレー優勝 800mリレー優勝
  • 1926年第2回日本選手権 200m自由形優勝 200mリレー優勝 800mリレー優勝
  • 1927年第6回全国学生水上競技大会 100m自由形優勝 200m自由形優勝 200mリレー優勝 800mリレー優勝
  • 1927年第3回日本選手権 200m自由形優勝 800m自由形優勝 800mリレー優勝
  • 1928年アムステルダムオリンピック 100m自由形3位 400m自由形準決勝敗退 1500m自由形準決勝棄権 800mリレー2位
  • 1928年第7回全国学生水上競技大会 100m自由形優勝 200m自由形優勝 200mリレー優勝 800mリレー優勝
  • 1929年第8回全国学生水上競技大会 100m自由形優勝 200m自由形優勝 800mリレー優勝
  • 1930年第6回日本選手権 100m自由形優勝

書籍[編集]

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “水泳 第16号”. 日本水泳連盟. (1933年2月27日). http://www.swim.or.jp/magazine/download/16.pdf 2019年7月21日閲覧。 
  2. ^ “水泳 第19号”. 日本水泳連盟. (1933年8月1日). http://www.swim.or.jp/magazine/download/19.pdf 2019年7月21日閲覧。 

外部リンク[編集]