江原騎士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
江原 騎士 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム えはら ないと
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形
所属 自衛隊体育学校
大学 山梨学院大学
生年月日 (1993-07-30) 1993年7月30日(25歳)
生誕地 山梨県甲府市
身長 172cm
体重 59kg
テンプレートを表示

江原 騎士(えはら ないと、1993年7月30日 - )は、日本競泳選手。専門は自由形陸上自衛官自衛隊体育学校所属、3等陸尉[1])。

人物[編集]

山梨県甲府市出身[2]甲府市立富竹中学校[3]山梨学院高等学校山梨学院大学卒業。

高校2年次の2010年沖縄県で開催された平成22年度全国高等学校総合体育大会競泳の部男子100mで51秒56のタイムで優勝[4][3]

山梨学院大学進学後、2015年夏季ユニバーシアード大韓民国光州市)に日本代表として出場し、男子4×200m(800m)フリーリレーで3位に入り銅メダルを獲得した[5]。また2015年世界水泳選手権ロシア連邦カザン)では当初は日本代表メンバー入りしていなかったが、萩野公介の故障離脱という緊急事態を受けて急遽召集される[6]。世界選手権では男子4×200m(800m)フリーリレーに出場、予選で10位となり決勝進出はならなかったがリオデジャネイロオリンピックの同種目出場権確保に力を尽くした[7]

2016年、大学卒業と同時に自衛隊体育学校へ入隊。同年の第92回日本選手権水泳競技大会男子400m自由形では3分47秒43の記録で優勝(オリンピック派遣標準記録には達せず)[8]、男子200m自由形で1分46秒89のタイムで3位となり、フリーリレーメンバーとしてリオデジャネイロオリンピック日本代表に選ばれた[8][9]

2016年、リオデジャネイロオリンピックに出場。男子400m自由形では予選落ちとなったが、本命の男子4×200m(800m)フリーリレーでは第1泳者の萩野の後を受けて第2泳者として決勝レースに出場し(第3泳者小堀勇氣、アンカー松田丈志)、1964年の東京オリンピック以来52年ぶりとなる銅メダル獲得に貢献した[2][10]。 埼玉県から彩の国功労賞を受賞。

脚注[編集]

  1. ^ 「第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技 江原騎士 3等陸尉 400m優勝」ほか2018.4.11 自衛隊体育学校ニュース
  2. ^ a b 【甲府市出身】江原騎士(えはらないと)選手 リオ五輪競泳 男子800メートルリレーで銅メダル!! 山梨県甲府市公式サイト
  3. ^ a b ●=新企画アクティブ= 江原騎士選手 山梨学院ニュース
  4. ^ 種目別結果 (PDF) 平成22年度全国高等学校総合体育大会 第78回日本高等学校選手権水泳競技大会
  5. ^ 競泳競技結果 第28回ユニバーシアード競技大会 日本水泳連盟
  6. ^ 世界水泳 カザン代表選手プロフィール:江原騎士(山梨学院大学) トビウオジャパンオフィシャルブログ
  7. ^ 『男子競泳のピンチ救った江原騎士』 中日スポーツ 2016年3月29日付
  8. ^ a b 水泳班 江原騎士選手2等陸曹 4✕200mフリーリレー リオ五輪 代表内定 自衛隊体育学校web
  9. ^ 【競泳】江原、リオ五輪男子800リレー「金」狙わ“ないと” スポーツ報知 2016年4月15日付
  10. ^ 競泳 跳ねるトビウオ 男子800リレー、銅メダル 男子200バタ、坂井銀メダル 毎日新聞 2016年8月10日付

外部リンク[編集]