佐藤翔馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤翔馬 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム 佐藤翔馬
国籍 日本の旗 日本
泳法 平泳ぎ
所属 東京SC
慶應義塾大学
生年月日 (2001-02-08) 2001年2月8日(21歳)
生誕地 東京都
身長 177cm
体重 74kg
テンプレートを表示

佐藤 翔馬(さとう しょうま、2001年2月8日 - )は、日本の男子競泳選手東京都出身。2020年東京オリンピック競泳日本代表[1]200m平泳ぎ日本記録保持者。

経歴[編集]

慶應義塾幼稚舎慶應義塾普通部慶應義塾高等学校出身、慶應義塾大学商学部在学中[2][3]

生後6ヶ月から元オリンピック日本代表の長崎宏子が主催するベビーアクアティクスと地元のベビースイミングで水泳を習い始めた[4][5]。小学3年時から北島康介らが在籍した東京スイミングセンターに所属している[4]

初めて全国JO杯に出場したのは、中学1年時の夏季大会。

中学3年時の全国中学では、100m平泳ぎ4位、200m平泳ぎ5位。 高校3年時には、ジュニアパンパシフィック選手権代表に選出された[6]

2019年9月の日本学生選手権の200m平泳ぎで2分9秒91の世界ジュニア新記録を樹立[7]

2020年1月の北島康介杯では元世界記録保持者渡辺一平を破り、2分7秒58という好記録で優勝した。10月の日本学生選手権では2分7秒02の大会新記録で2連覇を達成[8]。12月の日本選手権では100m平泳ぎで優勝し、200m平泳ぎでは渡辺一平に次ぐ2位となった。

2021年、1月に開催された北島康介杯では2分6秒78で優勝[4]。2月に開催されたジャパンオープンでは2分06秒74でさらにベストを更新した[4]

2021年4月4日第97回日本選手権水泳競技大会の100m平泳ぎでメドレーリレーの派遣標準記録を突破して優勝。東京オリンピック競泳日本代表に内定した[9]。7日に行われた200m平泳ぎでは世界歴代2位となる2分6秒40の日本新記録で優勝し、個人種目でもオリンピックに内定した[10]

2020年東京オリンピック競泳では、男子200m平泳ぎ準決勝で2分9秒04のタイムで全体の10位だった[11]。混合400mメドレーリレー予選には小西杏奈松元克央池江璃花子とともに出場し、第2泳者(平泳ぎ)を務め、日本は3分44秒15で全体の9位だった[12]

主な実績[編集]

  • 2019年日本学生選手権 200m平泳ぎ優勝
  • 2020年日本学生選手権 100m平泳ぎ・大会新[13] 200m平泳ぎ優勝
  • 2020年日本選手権 100m平泳ぎ優勝 200m平泳ぎ2位
  • 2021年日本選手権 100m平泳ぎ優勝 200m平泳ぎ優勝・日本新記録

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]