この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

内田美希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内田美希 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム 内田美希
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形
所属 東洋大学
生年月日 (1995-02-21) 1995年2月21日(23歳)
生誕地 群馬県明和町
身長 173cm
体重 63kg[1]
 
獲得メダル
女子 競泳
日本の旗 日本
世界短水路選手権
2014 女子400mメドレーリレー
パンパシフィック水泳選手権
2014 女子4×100mフリーリレー
アジア競技大会
2014 女子400mメドレーリレー
2014 女子50m自由形
2014 女子400mフリーリレー
2014 女子100m自由形
テンプレートを表示

内田 美希(うちだ みき、1995年2月21日 - )は、日本の元競泳選手群馬県明和町出身。

自由形を専門とする女子競泳選手であった。[2]

経歴

水泳は姉の影響で4歳の時にスウィン館林で始めた。明和中学1年の時にそれまでのバタフライから自由形に転進した[3][4]。3年の時には全国中学校水泳競技大会自由形50mで優勝を飾った。関東学園大附属高校に進むと、1年の時にインターハイ短水路選手権の50mで優勝した。2年のインターハイでは50mで2連覇した。3年の時には日本選手権の50mと100mで3位に入り、ロンドンオリンピックのフリーリレー代表メンバーに選ばれた[3]ジャパンオープンでは50mは25秒33で優勝、100mは55秒07で2位とそれぞれ高校新記録を樹立した。ロンドンオリンピックの4×100mフリーリレーでは7位入賞を果たした。インターハイでは50mで3連覇を達成すると、100mでも優勝を遂げた。2013年にはロンドンオリンピック400m個人メドレー3位の萩野公介200m平泳ぎ世界記録保持者の山口観弘らとともに東洋大学に進んで、平井伯昌の指導を受けることになった[5]。日本選手権では50mと100mで優勝して世界選手権代表に選ばれた。世界選手権では4×100mフリーリレーで7位となった。学生選手権と短水路選手権では50mと100mで優勝した。2年の時には日本選手権の50mと100mでそれぞれ2連覇を達成すると、ジャパンオープンの50mと100mでも優勝した。またこの大会では50mバタフライでも優勝を飾った。学生選手権でも50mと100mを連覇した。特に50mでは2001年に源純夏が記録した25秒14を実に13年ぶりに更新する25秒02の日本記録を樹立した[6]アジア大会の50mは2位、100mは3位だったものの、4×100mメドレーリレーでは優勝を飾った[7]世界短水路選手権では4×100mメドレーリレーで3位に入った[8]。2015年の日本選手権50m自由形では準決勝で24秒97の日本記録を樹立するなどして優勝を飾った。また、100mでも3連覇を達成した。世界選手権にはリレー代表で選出された[9]。世界選手権では100m自由形で12位にとどまった。学生選手権では3年連続で50mと100m自由形を制した。50mでは24秒96と日本記録を0.01ながら更新した[10]。10月のワールドカップ東京大会では、50m自由形で日本記録を再び0.01ながら更新する24秒95で2位になった[11]

2016年4月の日本選手権では100m自由形で個人の派遣標準記録は切れなかったものの、日本新記録となる53秒88で優勝して400メートルリレーのリオデジャネイロオリンピック代表に選出された。この際に、「個人のタイムを切れず悔しい気持ちの方が強い。でも今日は勝ちにこだわってきたのでうれしいです」と語った[12]。8月のリオデジャネイロオリンピックでは100m自由形で14位、4×100mメドレーリレーでは予選で敗れたが、4×100mフリーリレーでは8位に入った[13]。9月の学生選手権では4年連続で50mと100mの2冠を達成した[14]。続いて国体の50mで優勝すると、現役引退を表明した。2017年からは一般企業に就職して第2の人生を歩むという[15]

主な戦績

(全て自由形での成績)

  • 2009年 - 日本選手権 50m 5位
  • 2009年 - 日豪対抗選手権 ユースの部 50m 2位 100m 4位 200m 6位
  • 2009年 - 全国中学校水泳競技大会 50m 優勝 100m 2位
  • 2010年 - 短水路選手権 50m 5位
  • 2010年 - 日本選手権 50m 4位 100m 8位
  • 2010年 - インターハイ 50m 優勝
  • 2011年 - 短水路選手権 50m 優勝
  • 2011年 - 競泳国際大会代表選手選考会 50m 3位
  • 2011年 - ジャパンオープン 50m 2位 100m 3位
  • 2011年 - インターハイ 50m 優勝 100m 2位
  • 2012年 - 日本選手権 50m 3位 100m 3位
  • 2012年 - ジャパンオープン 50m 優勝 100m 2位
  • 2012年 - インターハイ 50m 優勝 100m 優勝
  • 2012年 - ロンドンオリンピック 4×100mフリーリレー 7位
  • 2012年 - 世界短水路選手権 50m 9位
  • 2013年 - 日本選手権 50m 優勝 100m 優勝 200m 3位
  • 2013年 - ジャパンオープン 50m 優勝 100m 2位
  • 2013年 - 世界選手権 4×100mフリーリレー 7位
  • 2013年 - 学生選手権 50m 優勝 100m 優勝
  • 2014年 - 短水路選手権 50m 優勝 100m 優勝 50m(バタフライ) 2位
  • 2014年 - 日本選手権 50m 優勝 100m 優勝
  • 2014年 - ジャパンオープン 50m 優勝 100m 優勝 50m(バタフライ) 優勝
  • 2014年 - パンパシフィック水泳選手権 100m 7位 4×100mフリーリレー 3位 4×100mメドレーリレー 4位
  • 2014年 - 学生選手権 50m 優勝 100m 優勝
  • 2014年 - アジア大会 50m 2位 100m 3位 4×100mフリーリレー 2位 4×100mメドレーリレー 優勝
  • 2014年 - 世界短水路選手権 4×100mメドレーリレー 3位
  • 2015年 - 日本選手権 50m 優勝 100m 優勝
  • 2015年 - 世界選手権 100m 12位
  • 2015年 - 学生選手権 50m 優勝 100m 優勝
  • 2015年 - ワールドカップ東京大会 50m自由形 2位 100m自由形 2位 50mバタフライ 2位
  • 2016年 - 日本選手権 100m 優勝
  • 2016年 - ジャパンオープン 50m 優勝 100m 2位
  • 2016年 - リオデジャネイロオリンピック 4×100mフリーリレー 8位
  • 2016年 - 学生選手権 50m 優勝 100m 優勝
  • 2016年 - 国体 50m 優勝

自己ベスト

長水路

  • 50m自由形 24秒95
  • 100m自由形 53秒88
  • 200m自由形 2分01秒36
  • 50mバタフライ 26秒20

短水路

脚注

外部リンク