日本学生選手権水泳競技大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本学生選手権水泳競技大会(にほんがくせいせんしゅけんすいえいきょうぎたいかい)は、水泳大学対抗の大会で、俗に「インカレ」と呼ばれる。

大会の概要[編集]

男女別学校対抗。総合得点男女各1位の大学が選手権を獲得する。競泳競技では男子選手権獲得校には天皇杯が、女子選手権獲得校には奥野杯が渡される。予選はタイムレースとし、上位8名が決勝へ、9~16位の選手がB決勝に進出する。決勝・B決勝は各8名で行い、3名の補欠を採る。決勝・B決勝の結果により下記の得点が与えられる。ただし800m・1500m種目においてB決勝は実施せず、予選の順位に応じて9~16位の選手にB決勝と同等の得点が与えられる。また、リレー種目に関しては決勝進出8校に対して、決勝競技の結果により個人種目の倍の得点が与えられる。決勝・B決勝進出において、同記録で定員より増加した場合はスイムオフを行う。ただし、800m・1500m種目は抽選となる。また、補欠が同記録の場合は、抽選によって優先順位を決定する。その他は(公財)日本水泳連盟競技規則に則り競技が行われる。

順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位
決勝 20 17 16 15 14 13 12 11
B決勝 8 7 6 5 4 3 2 1

シード校の決定[編集]

総合得点により来年度大会のシード校が決定される。男女各1~8位の学校にシード権が与えられ翌年の本大会への予選会出場が免除される。同得点の学校が2校以上になった場合は、リレーによる得点の多い学校が上位となる。それでも順位が確定しない場合は入賞者数の多い学校が上位となり、それでも確定しない場合は同順位となる。ただし、8位の学校が2校以上になった場合は抽選により来年度のシード校を決定する。

大会の歴史[編集]

1921年に、萬朝報の催しとして、9月10日、11日に、生麦の三笠園池にて大学対抗の水上競技大会として開催された。初代優勝は16点を挙げた明大であった。当時の万朝報の記者の発案に、驚きを見せた。その後、各大学が練習を強化し、やがて全国学生水上競技連盟が結成され、後の日本水泳連盟の創立に発展した。

大会日程及び会場[編集]

競技 期日 会場 備考
1 1921年 競泳 9月10日-11日
2 1922年
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22 1946年
23 1947年
24 1948年 競泳 関西での初開催。[1]
25 1949年
26 1950年
27 1951年
28 1952年
29 1953年
30 1954年
31 1955年
32 1956年
33 1957年
34 1958年
35 1959年
36 1960年
37 1961年
38 1962年
39 1963年
40 1964年
41 1965年
42 1966年
43 1967年
44 1968年
45 1969年
46 1970年
47 1971年
48 1972年
49 1973年
50 1974年
51 1975年
52 1976年
53 1977年
54 1978年
55 1979年
56 1980年
57 1981年
58 1982年
59 1983年
60 1984年 競泳 ポートピア
61 1985年
62 1986年
63 1987年
64 1988年
65 1989年
66 1990年
67 1991年
68 1992年
69 1993年
70 1994年 競泳 福岡
71 1995年
72 1996年
73 1997年 競泳 9月5-7日 広島市総合屋内プール
74 1998年
75 1999年
76 2000年 競泳 10月6日- 横浜国際プール
77 2001年 競泳 東京辰巳国際水泳場 50年ぶりの天覧試合となった。[1]
78 2002年 競泳 9月6日-8日 名古屋レインボープール [2]
79 2003年 競泳 9月5日-7日 東京辰巳国際水泳場
飛込 9月5日-7日 東京辰巳国際水泳場
水球 10月23日-26日 相模原市立総合水泳場
80 2004年 競泳 9月3日-5日 相模原市立総合水泳場 相模原市制50周年記念事業
飛込 9月3日-4日 東京辰巳国際水泳場
水球 10月28日-31日 東京体育館屋内プール
早稲田大学所沢プール
81 2005年 競泳 9月2日-4日 大阪・なみはやドーム
飛込 9月2日-4日 なみはやドーム
水球 9月22日-25日 東京体育館屋内プール
82 2006年 競泳 9月1日-3日 東京辰巳国際水泳場
飛込 9月2日-3日 青木町公園総合運動場
水球 9月21日-24日 相模原市立総合水泳場
83 2007年 競泳 9月7日-9日 東京辰巳国際水泳場
飛込 9月8日-9日 郡山カルチャーパークプール
水球 9月21日-24日 相模原市立総合水泳場他
84 2008年 競泳 9月5日-7日 東京辰巳国際水泳場
飛込 9月6日7日 群馬県立敷島公園水泳場
水球 9月18日-21日 相模原市立総合水泳場他
85 2009年 競泳 9月4日-6日 アクアドームくまもと
飛込 9月5日-6日 小松末広屋外プール
水球 9月3日-6日 相模原市立総合水泳場他
86 2010年 競泳 9月3日-5日 東京辰巳国際水泳場
飛込 9月4日-5日 大阪プール
水球 9月2日-5日 相模原市立総合水泳場
87 2011年 競泳 9月2日-4日 横浜国際プール
飛込 9月3日-4日 ダイエープロビスフェニックスプール
水球 9月1日-4日 相模原市立総合水泳場
88 2012年 競泳 9月7日-9日 東京辰巳国際水泳場
飛込 9月8日-9日 静岡県立富士水泳場
水球 9月7日-9日 相模原市立総合水泳場
89 2013年 競泳 9月6日-8日 広島市屋内総合プール
飛込 9月6日-8日 栃木県総合運動公園
水球 9月6日-8日 相模原市立総合水泳場
90 2014年 競泳 9月5日-7日 横浜国際プール
飛込 9月6日-7日 大阪プール
水球 9月5日-7日 相模原市立総合水泳場
シンクロ 9月28日 横浜国際プール
91 2015年 競泳 9月4日-6日 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場
飛込 9月5日-6日 宮城県総合運動公園
水球 9月4日-6日 相模原市立総合水泳場
シンクロ 8月30日 日本ガイシアリーナ
92 2016年 競泳 9月2日-4日 東京辰巳国際水泳場
飛込 9月3日-4日 福山市緑町公園屋内競技場
水球 9月2日-4日 相模原市立総合水泳場
シンクロ 9月17日 横浜国際プール
93 2017年 競泳
飛込
水球
シンクロ

歴代選手権獲得校[編集]

男女各総合得点1位の大学が選手権獲得校となる。

歴代選手権獲得校
開催地 男子 女子
1 明治大学 未開催
2 早稲田大学 未開催
3 早稲田大学 未開催
4 早稲田大学 未開催
5 早稲田大学 未開催
6 早稲田大学 未開催
7 早稲田大学 未開催
8 明治大学 未開催
9 早稲田大学 未開催
10 早稲田大学 未開催
11 早稲田大学 未開催
12 早稲田大学 未開催
13 早稲田大学 未開催
14 早稲田大学 未開催
15 日本大学 未開催
16 早稲田大学 未開催
17 慶應義塾大学 未開催
18 日本大学 未開催
19 早稲田大学 未開催
20 早稲田大学 未開催
21 早稲田大学 未開催
22 早稲田大学 未開催
23 日本大学 未開催
24 日本大学 未開催
25 日本大学 未開催
26 日本大学 未開催
27 早稲田大学 未開催
28 早稲田大学 未開催
29 早稲田大学 未開催
30 早稲田大学 未開催
31 早稲田大学 未開催
32 日本大学 未開催
33 日本大学 未開催
34 日本大学 未開催
35 日本大学 未開催
36 日本大学 未開催
37 早稲田大学 未開催
38 早稲田大学 未開催
39 早稲田大学 未開催
40 早稲田大学 未開催
41 早稲田大学 未開催
42 早稲田大学 日本大学
43 東京・オリンピックプール 日本大学 日本大学
44 日本大学 日本体育大学
45 日本大学 未開催
46 日本大学 日本体育大学
47 日本大学 学習院大学
78 日本大学 日本体育大学
49 日本大学 東京女子体育大学
50 日本大学 天理大学
51 日本大学 日本体育大学
52 日本大学 天理大学
53 法政大学 日本体育大学
54 日本大学 日本体育大学
55 法政大学 日本体育大学
56 日本大学 天理大学
57 日本大学 筑波大学
58 日本大学 筑波大学
59 日本大学 天理大学
第60回(1984) 神戸・ポートピア 日本大学 天理大学
第61回(1985) 東京・神宮 日本大学 天理大学
第62回(1986) 東京・神宮 日本大学 日本体育大学
第63回(1987) 東京・神宮 日本大学 専修大学
第64回(1988) 埼玉・大宮公園 日本大学 日本体育大学
第65回(1989) 福岡・福岡県立 早稲田大学 日本体育大学
第66回(1990) ・野毛山 早稲田大学 専修大学
第67回(1991) 東京・神宮 日本大学 青山学院大学
第68回(1992) 茨城・水戸 早稲田大学 青山学院大学
第69回(1993) 愛知・名古屋 日本大学 青山学院大学
第70回(1994) 福岡・ 中央大学 筑波大学
第71回(1995) 東京・東京辰巳国際水泳場 中央大学 専修大学
第72回(1996) 千葉・千葉県国際総合水泳場 中央大学 筑波大学
第73回(1997) 広島・広島ビッグウェーブ 中央大学 筑波大学
第74回(1998) 東京・東京辰巳国際水泳場 中央大学 日本体育大学
第75回(1999) 大阪・ 中央大学 日本体育大学
第76回(2000) 神奈川・横浜国際プール 中央大学 日本体育大学
第77回(2001) 東京・東京辰巳国際水泳場 中央大学 日本体育大学
第78回(2002) 愛知・名古屋レインボープール 中央大学 日本体育大学
第79回(2003) 東京・東京辰巳国際水泳場 中央大学 日本体育大学
第80回(2004) 神奈川・相模原市立総合水泳場 中央大学 日本体育大学
第81回(2005) 大阪・なみはやドーム 日本大学 鹿屋体育大学
第82回(2006) 東京・東京辰巳国際水泳場 日本大学 鹿屋体育大学
第83回(2007) 東京・東京辰巳国際水泳場 日本大学 鹿屋体育大学
第84回(2008) 東京・東京辰巳国際水泳場 中央大学 鹿屋体育大学
第85回(2009) 熊本・アクアドームくまもと 法政大学 山梨学院大学
第86回(2010) 東京・東京辰巳国際水泳場 中京大学 山梨学院大学
第87回(2011) 神奈川・横浜国際プール 中央大学 中京大学
第88回(2012) 東京・東京辰巳国際水泳場 中央大学 鹿屋体育大学
第89回(2013) 広島・広島ビッグウェーブ 中京大学 日本体育大学
第90回(2014) 神奈川・横浜国際プール 中央大学 日本体育大学
第91回(2015) 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場 明治大学 日本体育大学
第92回(2016) 東京・東京辰巳国際水泳場 明治大学 東洋大学

大会記録[編集]

男子自由形
男子背泳ぎ
  • 100m 52.24 入江陵介(2009)(日本記録
  • 200m 1:54.36 入江陵介(2009)
男子バタフライ
男子平泳ぎ
男子個人メドレー
  • 200m 1:55.33 萩野公介(2014)
  • 400m 4:09.62 萩野公介(2014)
男子フリーリレー
男子メドレーリレー
女子自由形
女子背泳ぎ
  • 100m 59.90 酒井志穂(2011)
  • 200m 2:09.10 酒井志穂(2011)
女子平泳ぎ
女子バタフライ
女子個人メドレー
女子フリーリレー
女子メドレーリレー

脚注[編集]

  1. ^ a b 水泳部の沿革 - 中央大学水泳部
  2. ^ 【水泳】日本学生選手権 - スポーツ記録集

関連項目[編集]

外部リンク[編集]