広島市総合屋内プール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひろしんビッグウェーブ
(広島ビッグウェーブ)
Hiroshima Big Wave
広島ビッグウェーブ01.JPG
施設情報
正式名称 広島市総合屋内プール
用途 夏季:水泳、冬季:アイススケート
旧用途 1994年アジア競技大会水泳会場
収容人数 3,078席(固定)
事業主体 広島市
管理運営 広島市スポーツ協会
構造形式 鉄筋コンクリート造
(一部鉄筋コンクリート造一部鉄骨造)
敷地面積 13,960.68m²
延床面積 15,458.18m²
階数 地上2階地下1階
竣工 1991年
所在地 732-0068
広島市東区牛田新町一丁目8番3号
位置 北緯34度25分2秒 東経132度27分59.2秒 / 北緯34.41722度 東経132.466444度 / 34.41722; 132.466444座標: 北緯34度25分2秒 東経132度27分59.2秒 / 北緯34.41722度 東経132.466444度 / 34.41722; 132.466444

広島市総合屋内プール(ひろしまし・そうごうおくない-)は、広島県広島市東区牛田にある屋内スポーツ施設。正式名称より愛称の広島ビッグウェーブの名で知られている。

2016年7月より命名権(ネーミングライツ)が導入され、広島信用金庫が獲得しひろしんビッグウェーブとなった[1]

概要[編集]

夏季(6月~9月)はプール、冬季(11月~4月)はアイススケート場として利用されている。

施設は広島市が所有し、財団法人広島市スポーツ協会が指定管理者として運営管理にあたっている。東区スポーツセンターに隣接している。

広島アジア大会の水泳メイン会場として1991年に開場。1996年のひろしま国体では水泳とシンクロナイズドスイミングの会場として、2001年の全国健康福祉祭(ねんりんピック)では水泳会場として使用された。

なお、広島アジア大会における陸上競技メイン会場は、「広島ビッグアーチ」(正式名称:広島広域公園陸上競技場)の愛称で呼ばれているため混同されることがある。

2009年、ヒロシマ・オリンピック構想において、ここや広島県立総合体育館など広島平和記念公園を中心とする半径10kmを「平和祈念ゾーン」として競技場を整備する計画が挙がった。

主な大会・イベント[編集]

施設概要[編集]

  • プール(夏季)
    • 50mプール : 50m X 10コース
    • 飛込プール : 25m X 20m 水深5.0m
  • アイススケート(冬季)
    • メインリンク : 60m X 30m
    • サブリンク : 18m X 30m
  • 諸施設
    • 役員控室・会議室・保健室・放送室・更衣シャワー室・選手控室・貴賓室・貸靴コーナー等

交通アクセス[編集]

  • アストラムライン
    • 牛田駅(ビッグウェーブ前)下車、徒歩3分
  • 広島駅からバスで
    • 八丁堀・広島バスセンター経由、高陽・白木方面行き、「東区スポーツセンター前」バス停下車、徒歩3分
  • 広島バスセンターからバスで
    • 牛田・へさか方面行き、「東区スポーツセンター前」バス停下車、徒歩3分

脚注[編集]

外部リンク[編集]