酒井夏海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
酒井夏海 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム 酒井夏海
国籍 日本の旗 日本
泳法 背泳ぎ
所属 スウィン南越谷
生年月日 (2001-06-19) 2001年6月19日(17歳)
生誕地 埼玉県
身長 174cm
体重 63kg
 
獲得メダル
女子 競泳
日本の旗 日本
パンパシフィック水泳選手権
2018 東京 400mメドレーリレー
アジア競技大会
2018 ジャカルタ 100m背泳ぎ
2018 ジャカルタ 400mフリーリレー
2018 ジャカルタ 400mメドレーリレー
2018 ジャカルタ 200m背泳ぎ
2018 ジャカルタ 50m背泳ぎ
テンプレートを表示

酒井 夏海(さかい なつみ、2001年6月19日 - )は、埼玉県出身の競泳背泳ぎの選手。身長174cm。スウィン南越谷に所属[1]武南高等学校在学中[2]

経歴[編集]

水泳は幼稚園の時に兄の影響で始めた。当時から潜水が大好きだったという[1]。小学校6年の時にジュニアオリンピック夏季大会の100m背泳ぎで2位となった。中学入学直前のジュニアオリンピック春季大会の100m背泳ぎでは優勝した[3]埼玉土合中学1年の時には全国中学校水泳競技大会の100背泳ぎで優勝した。ジュニアオリンピック春季大会の200m背泳ぎでも優勝した[4]。2年の時には日本選手権に出場すると、50m背泳ぎ28秒55の中学新記録で3位になった。200m背泳ぎでも3位に入った。ジャパンオープンでは200m背泳ぎで優勝を飾った。全国中学校水泳競技大会では100m及び200m背泳ぎで2冠を達成した[5]。 コナミオープンの50m背泳ぎでは28秒43の中学新記録で優勝した[6]。 3年の時には日本選手権の100m背泳ぎで1分0秒12の中学新記録で優勝すると、200mでも2分10秒43で優勝を成し遂げるものの、それぞれ派遣標準記録を突破できなかったために個人でのリオデジャネイロオリンピック代表にはなれなかったが、メドレーリレーの代表には選出された。競泳における中学生のオリンピック代表は、アトランタオリンピックに出場したバタフライ青山綾里以来20年ぶりのこととなった[1][7][8]。 ジャパンオープンでは100m及び200背泳ぎで優勝を飾った[9]

人物[編集]

趣味は昼寝。また、お笑いが大好きでNON STYLEのファンだという。陽気な性格で、大舞台でも動じることはないと評されている[1][10]

主な戦績[編集]

  • 2013年 - ジュニアオリンピック 春季大会 50m背泳ぎ 2位 100m背泳ぎ 2位
  • 2013年 - ジュニアオリンピック夏季大会 50m背泳ぎ 優勝29秒95 100m背泳ぎ 優勝1分03秒92
  • 2014年 - ジュニアオリンピック春季大会 50m背泳ぎ 優勝27秒77 100m背泳ぎ 優勝1分0秒38
  • 2014年 - 全国中学校水泳競技大会 100m背泳ぎ 優勝
  • 2014年 - ジュニアパンパシフィック選手権 100m背泳ぎ 6位
  • 2015年 - ジュニアオリンピック春季大会 50m背泳ぎ 優勝 100m背泳ぎ 優勝 200m背泳ぎ 優勝
  • 2015年 - 日本選手権 50m背泳ぎ 3位 200m背泳ぎ 3位
  • 2015年 - ジャパンオープン 100m背泳ぎ 3位 200m背泳ぎ 優勝
  • 2015年 - 全国中学校水泳競技大会 100m背泳ぎ 優勝 200m背泳ぎ 優勝
  • 2016年 - コナミオープン 50m背泳ぎ 優勝 200m背泳ぎ 優勝
  • 2016年 - 日本選手権 100m背泳ぎ 優勝
  • 2016年 - ジャパンオープン 100m背泳ぎ 優勝 200m背泳ぎ 優勝 
  • 2016年 - ヨーロッパグランプリ・バルセロナ大会 100m背泳ぎ 3位

自己ベスト[編集]

長水路

  • 50m背泳ぎ 28秒43(中学記録)
  • 100m背泳ぎ 1分00秒12(中学記録)
  • 200m背泳ぎ 2分10秒00

脚注[編集]

外部リンク[編集]