中尾美樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オリンピック
女子 競泳
2000 シドニー 200m背泳ぎ

中尾 美樹(なかお みき、1978年6月25日 - )は、長崎県長崎市出身の元水泳選手。2000年シドニー五輪の女子200メートル背泳ぎで銅メダリストになった。戸籍名は佐々木(旧姓:中尾)美樹

履歴[編集]

兄弟は姉と弟で、弟は2005年近畿大学水上競技部の主将を務めた。

幼少時から長崎市のジョーヤスイミングクラブ(後にスパジョーヤ)に通っていた。背丈は水泳選手としてはそれほど高くはないものの、実力をつけ、聖マリア学院中学2年の夏、全国ジュニアオリンピック、女子200m個人メドレーで優勝し頭角を現した。1993年には全国中学大会で200m個人メドレー、200m背泳ぎの2冠に輝く。

1994年、イトマン本校にスカウトされたこともあり大阪へ引っ越し、近畿大学附属高等学校へ進学。3年次の1996年にはアトランタ五輪に出場、メダル候補に挙げられながら5位に終わる。1997年近畿大学に進学。4年次となった2000年には200メートル背泳ぎの日本記録(当時)2分10秒32をマークし、シドニー五輪に出場。200メートル背泳ぎでは、決勝レースで同じ日本代表の萩原智子らと競り合い、2分11秒05の記録で3位となり念願の銅メダルを獲得した。

五輪後は本人の意志で引退。現在は近畿大学東大阪キャンパス勤務。寺川綾(現:ミズノ社員)ら後輩のサポートにあたった。

2001年、近畿大学水上競技部コーチに就任。

2007年7月31日放送の日本テレビNNN Newsリアルタイム』のスポーツコーナーで新たな挑戦に海を選び、館山サーフクラブのメンバーの活動のドキュメントを紹介した[1]

2013年11月、近畿大学水上競技部ヘッドコーチに就任[2]2014年9月、中京大学水泳部ヘッドコーチ佐々木祐一郎との婚姻を発表した[3]

2015年3月、近畿大学水上競技部ヘッドコーチを退任するとともに、近畿大学を退職[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]