田中聡子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル

田中聡子
日本の旗 日本
競泳
オリンピック
1960 女子100m背泳ぎ

田中 聡子(たなか さとこ、現・竹宇治聡子(たけうじ さとこ)、1942年2月3日 - )は、日本の元競泳選手でのちにコーチ。1960年ローマオリンピック女子100m背泳ぎ銅メダリスト。出身地、熊本県上益城郡

人物[編集]

長崎県佐世保市出身。筑紫女学園高等学校を経て八幡製鐵所に入社。

1959年から1963年までおよそ4年間に渡り女子200m背泳ぎの世界記録を更新し続けたが、当時のオリンピックにおける競泳では女子200m背泳ぎは正式種目ではなかった(正式種目となったのは1968年メキシコオリンピックから)。このため、100m背泳ぎでの出場を余儀なくされたが、ローマ五輪で銅メダルを獲得し、日本では前畑秀子以来二人目の女子競泳メダリストとなった。1964年東京オリンピックでは4位で、惜しくも連続メダルはならなかった。

1963年、第13回、日本スポーツ賞を受賞。

引退後に八幡製鐵の同僚と結婚し、竹宇治姓となる。引退後も水泳の指導などに当たっている。

1991年、国際水泳殿堂に表彰された。

テレビ出演[編集]

書籍[編集]

  • 水泳教室―君も名選手になれる(竹宇治聡子著、成美堂出版、1990年)ISBN 9784415012087
  • ぜんそくなんかふっ飛ばせ(竹宇治聡子著、講談社、1990年)ISBN 9784062049856
  • 水泳教室(竹宇治聡子著、成美堂出版、1994年)ISBN 9784415012919
  • メダリスト―水の女王 田中聡子の半生(毎日新聞社、1989年)ISBN 9784620306711

外部リンク[編集]