大崎剛彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大崎 剛彦 Swimming pictogram white.svg
Yoshihiko Osaki 1960.jpg
選手情報
フルネーム おおさき よしひこ
国籍 日本の旗 日本
泳法 平泳ぎ
生年月日 (1939-02-27) 1939年2月27日
生誕地 石川県輪島市
没年月日 (2015-04-28) 2015年4月28日(満76歳没)
死没地 大阪府吹田市
テンプレートを表示

大崎 剛彦(おおさき よしひこ、1939年2月27日 - 2015年4月28日)は、日本の元競泳選手。

人物[編集]

石川県輪島市出身。石川県立金沢泉丘高等学校早稲田大学商学部卒業。

同大在学時の1960年ローマオリンピック代表に選出され男子200m平泳ぎで銀メダル、男子4×100mメドレーリレーで銅メダルを獲得した[1][2]。1959年と1960年に日本選手権水泳競技大会男子200m平泳ぎを連覇した[3]

同大卒業後は倉敷レイヨン(現・クラレ)で活躍[1]。1973年に社会体育開発研究所を設立[1]

現役引退後もマスターズ選手として泳ぎ続け、国際水泳殿堂英語版(マスターズ部門)入りを果たしたほか[4]、日本マスターズ水泳協会会長(1992年 - 2014年)[1]や日本水泳連盟理事も務めた。

剛彦の父は平泳ぎ選手で戦前の第10回極東選手権競技大会(1934年)の日本代表に選出され、石川県水泳協会副会長を務めた大崎卯藤久[5][6]、妹は飛込選手で1966年アジア競技大会3m飛板飛込で優勝し、オリンピック3大会連続出場を果たした大崎恵子[6]、夫人はメルボルンオリンピック及びローマオリンピックの日本代表選手:佐藤喜子[1]、娘は幻のモスクワオリンピック代表であった大崎芳栄[7]と、大崎家は水泳一家でもあった。

2015年4月28日、大阪府吹田市大阪大学附属病院にて間質性肺炎のため死去[8][9]。76歳没。没後、日本政府より従六位に追叙された[10]

賞詞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “訃報:大崎剛彦さん76歳=ローマ平泳ぎ銀”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年4月30日). http://mainichi.jp/select/news/20150430k0000m060126000c.html 2015年5月14日閲覧。 
  2. ^ “大崎剛彦氏が死去 ローマ五輪競泳銀メダリスト”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年4月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29H32_Z20C15A4CZ8000/ 2015年5月14日閲覧。 
  3. ^ 日本選手権水泳競技大会選手権獲得者:男子200m平泳ぎ
  4. ^ 公益財団法人国際水泳殿堂・アジア紹介 公益財団法人 国際水泳殿堂・アジア公式サイト
  5. ^ 第十回極東選手権競技大会水上競技予選会 (PDF) 『水泳』第24号 7頁 日本水上競技連盟
  6. ^ a b 競泳の大崎剛彦さん死去 ローマ五輪「銀」、輪島出身 北国新聞(Yahoo)2015年4月30日付
  7. ^ 大崎ファミリー 元五輪選手パティシエのちょっぴりお菓子いブログ
  8. ^ ローマ五輪平泳ぎで銀 大崎剛彦氏が死去 76歳 日刊スポーツ 2015年4月29日閲覧
  9. ^ 【競泳】60年ローマ五輪「銀」大崎剛彦氏死去、76歳 日刊スポーツ 2015年4月29日閲覧
  10. ^ a b 官報』第6545号8頁 平成27年6月3日付
  11. ^ アドバイザリースタッフ 株式会社 ケー・エス・シー

外部リンク[編集]