石本隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
日本の旗 日本
競泳
オリンピック
1956 メルボルン 男子200mバタフライ

石本 隆(いしもと たかし、1935年4月6日 - )は高知県安芸市出身の競泳選手[1]

人物[編集]

1935年4月6日高知県安芸市出身。高知県立安芸高等学校を経て日本大学卒業[2]

中学校の時に野球をしていたが、水泳部の大会に出場したことがきっかけで水泳を始めた。大学1年の時に100mバタフライで日本記録を出した[1]

1956年メルボルンオリンピック男子200mバタフライ銀メダリストで、1957年9月7日に神宮プールで、富田一雄古川勝石原勝記との400mメドレーリレーの世界記録、9月14日に100mバタフライの世界記録を保持した[3]

日本選手権水泳競技大会では、100mバタフライで1956年から1958年まで3連覇[2]、200mバタフライでも1955年から1957年まで3連覇した[4]

現在は神奈川県鎌倉市で暮らし、1985年、横須賀市久里浜KSS横須賀スイミングスクールのオーナーとして後進の指導に当たっている[1]

2007年に故郷安芸市に縁の品を寄贈した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「明日を迎える喜びは、水泳があってこそ」”. 湘南よみうり (2008年9月1日). 2012年6月3日閲覧。
  2. ^ a b 歴代日本選手権獲得者 男子 100mバタフライ”. 第88回日本選手権水泳競技大会公式HP. 2012年6月3日閲覧。
  3. ^ 朝日スポーツ賞(1974~1929年度)”. 朝日新聞社. 2012年6月3日閲覧。
  4. ^ 歴代日本選手権獲得者 男子 200mバタフライ”. 第88回日本選手権水泳競技大会公式HP. 2012年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]