笹原正三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
笹原 正三 Wrestling pictogram.svg
Sasahara Shozo and Nikolai Muzashvili.JPG
1954年レスリング世界選手権での対ニコライ・ムザシヴィリ (ru) 戦にて(上が笹原)
個人情報
フルネーム ささはら しょうぞう
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1929-07-28) 1929年7月28日(88歳)
日本の旗 日本
山形県山形市
スポーツ
競技 レスリング
種目 フリースタイル 62kg級

笹原 正三(ささはら しょうぞう、1929年7月28日 - )は、山形県山形市出身の元アマチュアレスリング選手。

概要[編集]

中央大学でレスリングを始め、1956年のメルボルンオリンピック日本選手団の旗手を務め、レスリング競技(フリースタイル・フェザー級)で金メダルを獲得、得意技は「またさき」であった。東京オリンピックではフリースタイルのコーチを務めた。

国際レスリング連盟副会長、JOC副会長、シドニーオリンピック日本選手団副団長などを歴任し、1989年から2003年まで日本レスリング協会会長に就いた。

日本オリンピアンズ協会の副会長も務めている。

主な経歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 過去の成績(夏季)”. 日本オリンピック委員会. 2010年3月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]