全日本レスリング選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全日本レスリング選手権大会
開始年 1934
主催 日本レスリング協会
加盟国 日本の旗 日本
最多優勝 男子フリースタイル:風間栄一高田裕司小幡弘之
グレコローマン:森山泰年
女子:浜口京子
備考 男子は1934年から、女子は1987年から開催。2000年より男女合同。
テンプレートを表示

全日本レスリング選手権大会(ぜんにほんレスリングせんしゅけんたいかい)は、レスリング日本選手権大会である。主催は日本レスリング協会

概要[編集]

歴史[編集]

1934年に第1回大会が行われて以来、毎年開催されている(1943年から1945年までは太平洋戦争のため中止)。各階級優勝者の中から最優秀選手に天皇杯が授与される。2003年には今上天皇皇后天覧した。

1970年代前半までは持ち回り開催で行われていたが、その後は主に東京都内での開催。1993年より代々木第二体育館(1994年は駒沢体育館)での12月開催に落ち着いた。

当初はフリースタイルのみ実施で、グレコローマンは1957年より追加。

女子は1987年に全日本女子プロレスとの合同で単独大会として第1回を開催。当初は10月だったが、1989年から春開催に移行した(移行当初は「国際スポーツフェア」のプログラムであった)。1999年大会は女子レスリングのアテネオリンピックからの採用決定に伴い、女子はこの年から秋開催だった全日本女子オープントーナメント(ジャパンクイーンズカップ→全日本女子選手権に改称、2010年より全日本選抜選手権に吸収)と開催時期を入れ替えて、全日本女子プロレス全面協力の下、「レスリングフェスティバル99」と題した女子プロレスとの2部構成として代々木で開かれ、男子は11月に新座市民総合体育館にて行われた。そして2000年より男女合同開催となった。

なお、2006年度は代々木第二体育館改修工事のため2007年1月に駒沢体育館で行われ、2007年度は12月に代々木で開催された。

階級[編集]

現階級は2014年より実施。

男子フリースタイル
  • 57kg級
  • 61kg級
  • 65kg級
  • 70kg級
  • 74kg級
  • 86kg級
  • 97kg級
  • 125kg級
男子グレコローマン
  • 59kg級
  • 66kg級
  • 71kg級
  • 75kg級
  • 80kg級
  • 85kg級
  • 98kg級
  • 130kg級
女子
  • 48kg級
  • 53kg級
  • 55kg級
  • 58kg級
  • 60kg級
  • 63kg級
  • 69kg級
  • 75kg級

出場選考[編集]

各傘下連盟あるいは強化委員会の推薦を得た選手に出場資格が与えられる。

大会約1か月前までに1次エントリーを実施。その後、全国社会人オープン選手権と東日本学生秋季新人戦で資格を得た選手を対象とする2次エントリーを実施。そして強化委員会で資格審査・選考を経て出場者が決まる。

2014年大会出場資格は以下の通り[1]。全日本選手権以外は当該年とする。

男女共通
  • 前回大会ベスト8
  • 全日本選抜選手権大会ベスト8
  • 全日本学生選手権大会3位以内
  • 全日本社会人選手権大会3位以内
男子(当該年で18歳以上)フリースタイル・グレコローマン共通
  • 国民体育大会(成年)3位以内
  • 東日本学生新人戦(春季・秋季)優勝
  • 全日本ジュニア選手権大会(ジュニアの部)優勝
  • 国民体育大会(少年)優勝
  • 西日本学生選手権大会優勝
  • 西日本学生新人戦優勝
  • 全国社会人オープン選手権大会優勝
  • 所属長推薦かつ男子強化委員会選考を経た者
男子フリースタイル
  • 全日本大学選手権大会3位以内
  • 全国高校選抜大会優勝
  • インターハイ優勝
男子グレコローマン
  • 全日本大学グレコローマンスタイル選手権大会3位以内
  • 全国高校生グレコローマンスタイル選手権大会優勝
女子(高校生以上。カデットの部は38・40・43kgを除く)
  • ジュニアクイーンズカップ(ジュニアの部)3位以内
  • ジュニアクイーンズカップ(カデットの部)優勝
  • インターハイ3位以内
  • 全日本ジュニア選手権大会(ジュニアの部)3位以内
  • 全日本ジュニア選手権大会(カデットの部)優勝
  • 全日本女子オープン選手権大会(シニアの部)3位以内
  • 全日本女子オープン選手権大会(高校生の部)2位以内
  • 女子強化委員会推薦者

大会方式[編集]

本大会は各階級最大20人が参加。UWW(旧FILA)方式のトーナメント戦を採用[2]

なお、2012年まではFILA方式ではなく一般的なノックアウトトーナメント方式を採用し、3位決定戦等は行わなかった[3]。2002年まではグループリーグ方式を採用していた。

放送[編集]

以前はNHK教育で中継されていたが、2006年度から日本テレビで放送されている。2015年現在は日テレジータスで録画放送している他、日本レスリング協会による動画配信も行われている。

単独開催時代の全日本女子選手権は全日本女子プロレスが協力していた関係からフジテレビで放送されていた。

歴代開催記録[編集]

- 1999年(男子単独)[編集]

年度 月日 会場 備考
1934年 6月30-7月1日 神田YMCA体育館
1935年 4月28-29日 神田YMCA体育館
1936年 12月5-6日 神田YMCA体育館
1937年 11月27-28日 大阪キリスト教会体育館
1938年 8月1日 日比谷公会堂
1939年 10月1日 神田国民体育館
1940年 12月1-2日 早大体育館
1941年 11月9・16日 早大体育館
1942年 7月15日 九段軍人会館
1946年 11月19-20日 蔵前国技館
1947年 11月28-29日 明大体育館
1948年 12月5日 明大体育館
1949年 8月6-7日 神奈川・鎌倉市民体育館
1950年 8月16-18日 青山レスリング会館
1951年 6月22-24日 青山レスリング会館
1952年 11月21-23日 青山レスリング会館
1953年 8月21-23日 青山レスリング会館
1954年 11月20・21・23日 東京都体育館
1955年 11月12-13日 青山レスリング会館
1956年 8月6-9日 青山レスリング会館
1957年 11月8-12日 大阪・阿倍野市体育館 今大会よりグレコローマンも実施
1958年 11月14-17日 神田YMCA体育館
1959年 11月21-23日 岡山県体育館
1960年 12月3-4日 青山レスリング会館
1961年 9月1-3日 岐阜・大垣市スポーツセンター
1962年 7月12-15日 茨城県民体育館
1963年 10月14-16日 千葉県営体育館
1964年 8月21-24日 駒沢体育館
1965年 8月12-15日 駒沢体育館
1966年 10月6-9日 埼玉・飯能第一中学校体育館
1967年 1968年3月7-10日 代々木第二体育館
1968年 1969年2月27日-3月2日 大阪・東淀川体育館
1969年 1970年2月27日-3月1日 和歌山・粉河町立体育館
1970年 11月1-3日 九州学院大学体育館
1971年 6月21-23日 日大講堂
1972年 6月28日-7月3日 茨城・笠間市体育館
1973年 8月9-12日 日大講堂
1974年 6月28-30日 三重総合体育館
1975年 6月5-8日 早大記念会堂
1976年 4月28-29日 東京都体育館
1977年 6月3-5日 東京都体育館 今大会より天皇杯が下賜される
1978年 7月7-9日 東京都体育館
1979年 6月22-24日 東京都体育館
1980年 4月27日 東京都体育館
1981年 7月3-5日 駒沢体育館
1982年 7月9-11日 群馬・城沼総合体育館
1983年 7月1-2日 駒沢体育館
1984年 5月12-13日 茨城県スポーツセンター
1985年 6月28-30日 山梨学院大学体育館
1986年 6月27-29日 駒沢体育館
1987年 7月3-5日 駒沢体育館
1988年 5月4-5日 代々木第二体育館
1989年 5月5-7日 代々木第二体育館ほか
1990年 4月27-29日 代々木第二体育館ほか
1991年 6月20-22日 代々木第二体育館
1992年 3月10-12日 東京純心女子高等学校
1993年 12月21-23日 代々木第二体育館
1994年 12月21-23日 駒沢体育館
1995年 12月21-23日 代々木第二体育館
1996年 12月21-23日 代々木第二体育館
1997年 12月21-23日 代々木第二体育館
1998年 12月21-23日 代々木第二体育館
1999年 11月26-28日 埼玉・新座市民総合体育館

1987年 - 1999年(全日本女子選手権)[編集]

年度 月日 会場 備考
1987年 10月4・10日 後楽園ホールほか 女子初開催
1988年 10月5・11日 後楽園ホールほか
1989年 6月11日 城西高等学校
1990年 5月27日 スポーツ会館
1991年 5月4日 代々木第二体育館
1992年 5月31日 青少年総合センター
1993年 5月30日 スポーツ会館
1994年 5月29日 青少年総合センター
1995年 4月23日 スポーツ会館
1996年 5月20日 明治記念館
1997年 3月20日 駒沢体育館
1998年 5月30-31日 明治記念館ほか
1999年 12月22-23日 代々木第二体育館 レスリングフェスティバル99

2000年 - (男女合同)[編集]

年度 月日 会場 備考
2000年 12月21-23日 代々木第二体育館 今大会より男女合同開催
2001年 12月21-23日 代々木第二体育館
2002年 12月21-23日 代々木第二体育館
2003年 12月21-22日 代々木第二体育館
2004年 12月21-23日 代々木第二体育館
2005年 12月21-23日 代々木第二体育館
2006年 2007年1月26-28日 駒沢体育館 代々木第二体育館改修のため
2007年 12月21-23日 代々木第二体育館
2008年 12月21-23日 代々木第二体育館
2009年 12月21-23日 代々木第二体育館
2010年 12月21-23日 代々木第二体育館
2011年 12月21-23日 代々木第二体育館
2012年 12月21-23日 代々木第二体育館
2013年 12月21-23日 代々木第二体育館
2014年 12月21-23日 代々木第二体育館
2015年 12月21-23日 代々木第二体育館
2016年 12月21-23日 代々木第二体育館
2017年 12月20-23日 駒沢体育館 代々木第二体育館改修のため

歴代天皇杯受賞者[編集]

年度 受賞者
1977年 高田裕司
1978年 高田裕司
1979年 富山英明
1980年 高田裕司
1981年 富山英明
1982年 朝倉利夫
1983年 宮原厚次
1984年 江藤正基
1985年 宮原厚次
1986年 佐藤満
1987年 宮原厚次
1988年 宮原厚次
1989年 小林孝至
1990年 高田裕司
1991年 佐藤満
1992年 佐藤満
1993年 赤石光生
1994年 和田貴広
1995年 和田貴広
1996年 太田拓弥
1997年 和田貴広
1998年 片山貴光
1999年 川合達夫
2000年 永田克彦
2001年 山本聖子
2002年 松本慎吾
2003年 池松和彦
2004年 吉田沙保里
2005年 浜口京子
2006年 笹本睦
2007年 笹本睦
2008年 吉田沙保里
2009年 吉田沙保里
2010年 松本隆太郎
2011年 米満達弘
2012年 高谷惣亮
2013年 伊調馨
2014年 高谷惣亮
2015年 登坂絵莉
2016年 土性沙羅

最多優勝記録[編集]

全日本選手権優勝歴のあるプロレスラー・格闘家[編集]

男子
女子

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]