星奈津美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
星奈津美 Swimming pictogram white.svg
Kazan 2015 - Natsumi Hoshi semi 200m butterfly.JPG
2015年世界選手権での星奈津美
選手情報
フルネーム 星奈津美
国籍 日本の旗 日本
泳法 バタフライ
所属 ミズノ
生年月日 1990年8月21日(26歳)
生誕地 埼玉県越谷市
身長 164cm[1]
体重 54kg[1]
 
獲得メダル
女子 競泳
日本の旗 日本
オリンピック
2012 ロンドン 200mバタフライ
2016 リオデジャネイロ 200mバタフライ
世界水泳選手権
2015 カザン 200mバタフライ
テンプレートを表示

星 奈津美(ほし なつみ、1990年8月21日 - )は、埼玉県越谷市出身の日本の元競泳選手

経歴[編集]

競泳を始めたのは1歳半の時にベビースイミング教室に通い出したのがきっかけだった[2]

鷺後小学校栄進中学校を経て、春日部共栄高校に進学すると、1,2年の時にはインターハイの200mバタフライで2連覇を達成した。3年の時には日本選手権200mバタフライ決勝で高校新記録の2分07秒38を出して2位となり、北京オリンピック代表に選ばれた。北京オリンピックでは準決勝まで進んだものの10位に終わった。

2009年に早稲田大学スポーツ科学部に進学すると、学生選手権の200mバタフライでは3連覇、100mバタフライでは1年と3年の時に優勝を果たした。2009年のローマ世界選手権代表にはなれなかったが、2010年のアジア大会では200mバタフライで2位となった。

2011年は東北地方太平洋沖地震の影響で中止された日本水泳選手権の代替として開催された2011年度競泳国際大会代表選手選考会の200mバタフライ決勝で2分06秒05の日本新記録を出して優勝し、上海で開催された世界選手権同種目の決勝では2分05秒91の日本新記録を出しながら、3位の劉子歌中華人民共和国の旗 中国)と僅か0.01秒差でメダルを逃した。

2012年4月の日本水泳選手権200mバタフライ決勝では、自身の日本記録を1秒22も更新する2分4秒69で優勝してロンドンオリンピック代表に選ばれた。この記録は去年の世界選手権の優勝タイムを0秒86も上回るものであった[3]。同年5月のジャパンオープン200mバタフライでは2分7秒45で優勝した[4]。同年8月1日、ロンドンオリンピックの女子200mバタフライ決勝において、2分05秒48で3位に入り銅メダルを獲得した[5]彩の国功労賞を受賞。

2014年4月、陸上選手ディーン元気らと共にミズノに入社[6]

2015年8月、世界水泳の200mバタフライ決勝で競泳女子の日本選手として大会史上初の金メダルを獲得[7]し、この種目でのリオデジャネイロオリンピック出場を内定させた[8]

2016年の日本選手権では100mバタフライは2位にとどまったものの、200mバタフライでは2分06秒32で優勝してリオデジャネイロオリンピック代表に選出された[9]。同年8月10日、リオデジャネイロオリンピックの女子200mバタフライ決勝において、2分5秒20で2大会連続の銅メダルを獲得した[10]

2016年10月4日、現役引退を表明した[11]

人物[編集]

16歳の時にバセドウ病に罹患して、一時は泳げない時期もあった。甲状腺ホルモンの数値は安定していたものの、3ヶ月に1度の定期検診と薬の服用が必要な体であった[12][13]。2014年10月のアジア大会後、全身の倦怠感や疲れがひどくなり手術を決断。同年11月21日に甲状腺を全摘出した[14][15]

平井伯昌コーチからは、「芯が強い。世の中、狼の皮を被った羊が多いが、彼女は羊の皮を被った狼だ」と評されている[16]

2016年8月21日、星の闘病生活を支えた8歳年上の会社員の男性と結婚した[17][18]

主な戦績[編集]

(全てバタフライでの成績)

自己ベスト[編集]

  • 50mバタフライ 27秒45
  • 100mバタフライ 58秒03
  • 200mバタフライ 2分04秒69(日本記録)

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 星奈津美
  2. ^ 星さん、ロンドン五輪へ・競泳200㍍バタフライで 2012年4月16日
  3. ^ 金メダルより速い好記録に「信じられない」…競泳・星奈津美 読売新聞 2012年4月6日
  4. ^ 女子200バタの星「五輪本番にピークを」 MSN産経ニュース 2012年5月25日
  5. ^ “五輪競泳:星奈津美が「銅」 女子200バタ”. 毎日新聞. (2012年8月2日). http://mainichi.jp/sports/news/20120802k0000m050177000c.html 2012年8月2日閲覧。 
  6. ^ “やり投げ・ディーン元気がミズノ入社”. 神戸新聞. (2014年4月1日). http://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201404/0006828308.shtml 
  7. ^ “星奈津美 涙の頂点!世界水泳で日本女子初の金メダル獲得”. スポニチ. (2015年8月7日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/08/06/kiji/K20150806010887340.html 
  8. ^ “星 病乗り越え「感謝の気持ち」で女子初の金!リオ切符も獲得”. スポニチ. (2015年8月7日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/08/06/kiji/K20150806010889030.html 
  9. ^ 女子200mバタフライ 星と長谷川が五輪代表に NHK 2016年4月7日
  10. ^ “星奈津美が銅、2大会連続 競泳女子200バタ”. 朝日新聞. (2016年8月11日). http://www.asahi.com/articles/ASJ8C2666J8CPTQP008.html 2015年6月21日閲覧。 
  11. ^ “星奈津美が引退表明「出し切れたと感じた」”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/sports/news/1719713.html 2016年10月4日閲覧。 
  12. ^ “金”タイム!星奈津美200バタ日本新/競泳 サンケイスポーツ 2012年4月6日
  13. ^ 星、金狙える!世界水泳Vタイム超えでロンドン切符…競泳 報知新聞 2012年4月6日
  14. ^ “ロンドン銅の星奈津美、バセドー病手術し、リオへ向けて再出発”. 産経ニュース. (2015年2月5日). http://www.sankei.com/sports/news/150205/spo1502050038-n1.html 2015年6月10日閲覧。 
  15. ^ “競泳女子バタフライ 病乗り越え、殻を破った星奈津美「結果でチームを引っ張りたい」”. 産経ニュース. (2015年5月10日). http://www.sankei.com/premium/news/150510/prm1505100013-n1.html 2015年6月10日閲覧。 
  16. ^ “【世界水泳】「来年良い結果を出す責任がある」 星、堂々と輝く金 平井コーチは「羊の皮を被った狼」”. 産経新聞. (2015年8月7日). http://www.sankei.com/sports/news/150807/spo1508070023-n1.html 
  17. ^ “銅メダル星奈津美が結婚へ 闘病支えた年上男性”. 日刊スポーツ. (2016年8月12日). http://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/swimming/news/1693318.html 2016年8月21日閲覧。 
  18. ^ “競泳女子「銅」の星奈津美選手が結婚 お相手は一般男性「感謝の気持ち忘れず」”. 産経ニュース. (2016年8月21日). http://www.sankei.com/rio2016/news/160821/rio1608210036-n1.html 2016年8月21日閲覧。 

外部リンク[編集]