中村克

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村 克 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム 中村 克
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形
所属 イトマン東進
生年月日 (1994-02-21) 1994年2月21日(23歳)
生誕地 東京都
身長 183cm
体重 75kg
テンプレートを表示

中村 克(なかむら かつみ、1994年2月21日 - )は、東京都出身の競泳選手。専門は自由形

経歴[編集]

競泳は調布に住んでいた中学1年の時に始めた[1]。中学2年の時に足立第十四中学へ転校すると、東京マリン舎人の所属となった[1]。3年の時には全国中学校水泳競技大会の400mリレーで2位となった[1]武蔵野高校2年の時にはインターハイの50m自由形で優勝した。3年の時には2連覇を達成すると、100m自由形でも2位になった。2012年には早稲田大学スポーツ科学部へ進学した(2016年卒業[2])。3年の時には日本選手権の50mと100m自由形で3位に入った。パンパシフィック選手権の100m自由形では6位だったものの、初の48秒台となる48秒96を記録した。また、400mメドレーリレーではチームの2位に貢献した[1]学生選手権では50mと100m自由形で2冠を達成した。アジア大会の400mフリーリレーでは2位だった。4年の時には日本選手権の50m自由形で2位だったが、100mは48秒78で初優勝を飾った。世界選手権の派遣標準記録に達していなかったので個人戦の代表にはなれなかったが、リレーの代表メンバーに選ばれた[3]ジャパンオープンの100m自由形では、2009年の高速水着時代に藤井拓郎が記録した48秒49を0秒08上回る48秒41の日本新記録を樹立して優勝を成し遂げた[4]。2016年の日本選手権では100m自由形で個人の派遣標準記録は切れなかったものの、自身の日本記録を更新する48秒25で優勝して、400メートルリレーのリオデジャネイロオリンピック代表に選出された[5]。同オリンピック同リレー予選レースにおいて、第一泳者として47秒99の日本記録を樹立。日本人として初めて47秒台を記録した。

人物[編集]

趣味はアロマ集めで、においフェチだという[6]インターネット上ではイケメンだと評判になっているが、本人は「普段、言われないので、名前と顔を覚えていただけるならうれしいな」とコメントしている[1]

主な戦績[編集]

(全て自由形での成績)

自己ベスト[編集]

  • 50m自由形 21秒90
  • 100m自由形 47秒99(日本記録)

脚注[編集]

外部リンク[編集]