田口正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田口正治 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム たぐち まさはる
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形
生年月日 (1916-01-09) 1916年1月9日
生誕地 京都府
没年月日 (1982-06-29) 1982年6月29日(66歳没)
テンプレートを表示

田口 正治(たぐち まさはる、1916年1月9日 - 1982年6月29日)は、日本水泳選手。専門は自由形

経歴[編集]

1916年1月9日京都府出身。同志社大学[1]在学時の昭和8年度第7回明治神宮体育大会水上競技大会の新人競技の部・男子100m自由形に出場して1分1秒6のタイムで優勝し、注目を集める[2]

同志社大学から立教大学へ転じて、立教大学在学中の1936年日本選手権水泳競技大会の競泳男子200m自由形で2分14秒8のタイムで優勝。その年のベルリンオリンピック日本代表選手に選出される。

ベルリンオリンピックでは100メートル自由形で4位入賞を果たし、男子800メートルリレーで、遊佐正憲杉浦重雄新井茂雄と共に金メダルを獲得。田口はこの800mリレーの優勝チームの一員として栄光を讃えられ、遊佐、杉浦、新井と共に1936年度の朝日スポーツ賞を受賞した[3]

立教大学卒業後は大丸百貨店)に就職、大丸水泳部コーチとして古川勝後藤忠治を指導した。

1961年日本水泳連盟東京オリンピックを目指す選手育成と強化指導体制の構築を図るべく、立ち上げた強化本部に入り、競泳強化委員長として東京オリンピックへ向けた競泳チームの指導と強化体制の指揮采配を振った。1964年の東京オリンピック本番では競泳チームヘッドコーチを務めた[4]

1982年6月29日、逝去。66歳没。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]