伊藤三郎 (競泳選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊藤 三郎(いとう さぶろう、1915年7月18日 - 1978年1月19日)は、日本の競泳選手。現役時代の種目は平泳ぎで、明治大学在学中に1936年ベルリンオリンピック日本代表のひとりとなり[1]、男子200m平泳ぎ決勝で2分47秒6のタイムを出し[2]、5位に入賞した[3]

経歴[編集]

静岡県磐田郡豊浜村(後の磐田市の南東部)出身[1]。中泉農学校(後の静岡県立磐田農業高等学校の前身)から、明治大学に進んだ[4]

1938年に明治大学を卒業し、昭和製鋼所に入社と報じられた[5]

1941年、陸軍少尉となっていた伊藤は、第23軍第38師団の一員として香港島の戦いに参加した[6]。そして、12月22日、戦闘中に銃創を負ったと報道された[7]

明治大学水泳部監督、日本水泳連盟常務理事、埼玉県水泳連盟副会長を歴任。

1978年1月19日、膀胱がんのため62歳で死去した。

脚注[編集]

  1. ^ a b (PDF) 『NPO法人磐田市体育協会 体育史 創立60周年記念誌~合併からの飛躍~』NPO法人磐田市体育協会、34頁http://www.iwata-taikyo.com/pdf/ani60/gaiyo/gappeimade34-40.pdf2014年11月27日閲覧。"昭和11年の五輪大会 第11回ベルリン大会に水泳の部1500m自由形で伊藤 登選手(旧姓寺田)が金メダル優勝し、豊浜村の伊藤三郎選手は平泳200m(2分47秒6)で第5着、..."。 
  2. ^ 水泳名鑑 人物編 平泳ぎ”. SWIM-TV. 2014年11月27日閲覧。
  3. ^ 大会別日本代表選手 入賞者一覧 1936年ベルリン大会”. 日本オリンピック委員会. 2014年11月27日閲覧。
  4. ^ 磐田のお宝見聞帳 オリンピック選手を輩出”. 磐田市市民活動センター. 2014年11月27日閲覧。
  5. ^ “学窓を出る名選手 D 水泳”. 朝日新聞・東京朝刊: p. 8. (1938年2月4日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ [倭酋] 伊藤三郎 第38师团少尉”. 抗日战争论坛 (2013年9月2日). 2014年11月27日閲覧。
  7. ^ “平泳の伊藤少尉戦傷”. 朝日新聞・東京朝刊: p. 3. (1941年12月26日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧

外部リンク[編集]