鈴木弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木弘 Swimming pictogram white.svg
Hiroshi Suzuki (swimmer) 01.jpg
1956年頃撮影
選手情報
フルネーム 鈴木弘
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形
生年月日 (1933-09-18) 1933年9月18日(87歳)
生誕地 愛知県岡崎市元能見町
テンプレートを表示

鈴木 弘(すずき ひろし、1933年9月18日 - )は、日本の元競泳選手。1952年ヘルシンキオリンピック競泳男子100m自由形、男子800m自由形リレー銀メダリスト。

経歴[編集]

愛知県岡崎市元能見町に生まれる[1][2]。原点は友人と泳いだ大平川(乙川の別称)という。遊びであっても夢中で泳ぎを磨いた[3]。高校時代は、1936年(昭和11年)に岡崎市立連尺小学校に新設された市内最初のプール(長さ25メートル、幅9メートル)で練習を行った[4][5]

愛知県立岡崎北高等学校在学中の1950年(昭和25年)8月、東西対抗高校水泳大会で100メートル自由形で3位を記録。同年9月、第5回国民体育大会の100メートル自由形で3位を記録(1分2秒2)[6]

日本大学第三高等学校水泳部の熱烈な勧誘を受け、1951年(昭和26年)3月、同校に転校[7]

1952年(昭和26年)、ヘルシンキオリンピックで銀メダルを2種目で獲得。

1954年(昭和29年)、競泳アジア競技大会で金メダルを獲得。

1956年(昭和31年)、日本大学経済学部卒業。1956年メルボルンオリンピックにも選手として出場した[8]

引退後、日通商事専務を務めた。出身地の岡崎市から「三州岡崎葵市民」に認定されている[9]。2008年の時点では「50年ぶりに故郷の岡崎市に戻った」と記している[8]

脚注[編集]

  1. ^ 『月報 岡崎の教育』1988年9月号 (PDF)”. 岡崎教育ネットワーク. p. 4. 2020年3月5日閲覧。
  2. ^ 『新編 岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、616頁。
  3. ^ 市政だより おかざき No.1363 (PDF)”. 岡崎市役所. p. 5 (2019年7月1日). 2020年3月5日閲覧。
  4. ^ 『月報 岡崎の教育』2000年12月号 (PDF)”. 岡崎教育ネットワーク. p. 2. 2020年3月5日閲覧。
  5. ^ 『月報 岡崎の教育』1998年2月号 (PDF)”. 岡崎教育ネットワーク. p. 8. 2020年3月5日閲覧。
  6. ^ 東海新聞社編纂『岡崎市戦災復興誌』岡崎市役所、1954年11月10日、577頁。
  7. ^ 『愛知県立岡崎北高等学校写真六十年史』愛知県立岡崎北高等学校長天野義静、1967年、143頁。
  8. ^ a b 【近況報告】競泳オリンピアン 鈴木 弘さん | NPO法人 日本オリンピアンズ協会
  9. ^ 三州岡崎葵市民 | 岡崎市ホームページ

外部リンク[編集]