新井茂雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新井 茂雄 Swimming pictogram white.svg
Shigeo Arai.jpg
新井茂雄
選手情報
フルネーム あらい しげお
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1916-08-08) 1916年8月8日
生誕地 静岡県
没年月日 (1944-07-19) 1944年7月19日(27歳没)
死没地 ビルマ国の旗(1943-1945) ビルマ国
テンプレートを表示

新井 茂雄(あらい しげお 1916年8月8日 - 1944年7月19日)は、静岡県出身の日本の男子競泳選手。戦前の日本競泳界を引っ張ってきた選手のひとり。

略歴[編集]

静岡県立浜松農蚕学校から立教大学へと進学し[1]1936年ベルリンオリンピック800メートルリレーで金メダルを、100メートル自由形で銅メダルを獲得した[2]。特に800メートルリレーでは遊佐正憲田口正治杉浦重雄とチームを組み、新井はアンカーで泳ぎ2位のアメリカを大きく引き離して8分51秒5の世界新記録をマークするなどの圧勝ぶりでもあった[3]

このベルリンオリンピックリレーの優勝を讃えられ、新井も遊佐、田口、杉浦と共に1936年度の朝日スポーツ賞を受賞した[4]

新井はのちに第二次世界大戦日本陸軍へ入隊し、1944年7月19日に従軍先のビルマ(現ミャンマー)で戦死した[1]享年27歳。新井の没後の1997年に国際水泳殿堂表彰者となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]