古賀淳也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古賀淳也 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム 古賀淳也
国籍 日本の旗 日本
泳法 背泳ぎ 自由形
所属 第一三共
生年月日 (1987-07-19) 1987年7月19日(29歳)
生誕地 埼玉県熊谷市
身長 181cm
体重 80kg
テンプレートを表示

古賀 淳也(こが じゅんや 1987年7月19日 - )は、日本競泳選手。泳法は背泳ぎ自由形第一三共所属。血液型はB型。世界水泳選手権ローマイタリアの旗 イタリア)男子100m背泳ぎの金メダリスト。

人物[編集]

  • 4人兄弟の次男。父は競走、兄はラグビー、弟は陸上、妹はソフトボールとスポーツ一家。5歳から埼玉イトマンスイミングスクール熊谷(現:埼玉スウィンスイミングスクール熊谷)で水泳を始める。小学生の時は地域のソフトボールチームにも所属し6年生の時には熊谷選抜チームに選ばれたこともあった。
  • 2008年 北京五輪の出場を逃したことでモチベーションが低下し茶髪にピアスなど横道にそれた。しかし白石宏トレーナーから「明日から、もう来なくていい」と言われたことがきっかけで改心。12月より空手を習い始め精神集中に取り組んだ。「礼に始まり礼に終わる」という精神を競泳の練習でも取り入れ、これまで以上に競泳を取り組む気持ちが変わった。[1]
  • 2009年 7月世界水泳選手権100m背泳ぎ優勝し50m背泳ぎでも2位。スタートの反応の速さは世界トップレベルでこの大会で50m・100mともに0.50の最速のリアクションタイムを記録した。
  • 得意の100m背泳ぎではオリンピック代表選考会で、北京では4位、ロンドンでは2位ながら派遣標準記録を突破できず、リオでは3位に終わり、一度もオリンピック出場を果たせなかったが、リオの代表選考会では専門外の100m自由形にも出場して4位に入り、400mリレーのメンバーとして悲願のオリンピック出場を果たした。[2]

経歴[編集]

主な活動[編集]

放送[編集]

出版[編集]

ウェブ[編集]

主な戦績[編集]

国内大会[編集]

  • 2003年8月18日 全国高等学校総合体育大会 100m背泳ぎ4位
  • 2004年8月18日 全国高等学校総合体育大会 100m背泳ぎ優勝
  • 2005年8月18日 全国高等学校総合体育大会 100m背泳ぎ優勝
  • 2006年4月21日 日本選手権水泳競技大会 50m背泳ぎ2位
  • 2006年9月3日 日本学生選手権水泳競技大会 100m背泳ぎ5位
  • 2007年3月3日-4日 日本短水路選手権水泳競技大会 50m背泳ぎ2位・100m背泳ぎ5位
  • 2007年4月6日-7日 日本選手権水泳競技大会 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎB決勝1位
  • 2007年9月9日 日本学生選手権水泳競技大会 100m背泳ぎ優勝
  • 2008年2月23日-24日 日本短水路選手権水泳競技大会 50m背泳ぎ2位・100m背泳ぎ4位
  • 2008年4月16日 日本選手権水泳競技大会 100m背泳ぎ4位
  • 2008年9月7日 日本学生選手権水泳競技大会 100m背泳ぎ2位
  • 2009年2月21日-22日 日本短水路選手権水泳競技大会 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ4位
  • 2009年4月17日-18日 日本選手権水泳競技大会 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ優勝
  • 2009年9月6日 日本学生選手権水泳競技大会 100m背泳ぎ2位
  • 2010年2月27日-28日 日本短水路選手権水泳競技大会 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ優勝
  • 2010年4月15日-18日 日本選手権水泳競技大会 100m背泳ぎ優勝・50m背泳ぎ優勝(早稲田大学水泳部OB会「稲泳会」所属として出場)
  • 2010年6月4日-6日 ジャパンオープン (50m) 100m背泳ぎ優勝・50m背泳ぎ優勝
  • 2011年2月26日-27日 日本選手権水泳競技大会競泳競技(25m) 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ優勝
  • 2011年4月9日-11日 競泳国際大会代表選手選考会 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ2位
  • 2012年2月11日-12日 日本選手権(25m)水泳競技大会 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎB決勝1位
  • 2012年4月4日 ロンドン五輪代表選考会兼日本選手権水泳競技大会 100m背泳ぎ2位(派遣標準記録に0秒05届かず五輪出場を逃す)
  • 2013年2月23日-24日 日本選手権(25m)水泳競技大会 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ2位
  • 2013年4月12日-13日 日本選手権水泳競技大会 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ4位
  • 2014年4月11日-13日 日本選手権水泳競技大会 100m背泳ぎ7位・50m背泳ぎ優勝
  • 2014年6月19日-22日 ジャパンオープン 100m背泳ぎ3位・50m背泳ぎ優勝
  • 2015年4月7日-12日 日本選手権水泳競技大会 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ4位
  • 2015年5月22日-24日 ジャパンオープン 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ2位
  • 2015年9月12日-13日 2015紀の国わかやま国体競泳競技 成年男子100m背泳ぎ優勝
  • 2016年2月20日・21日 KONAMI OPEN 2016 100m背泳ぎ優勝・50m背泳ぎ優勝(大会新)
  • 2016年4月4日-10日 リオデジャネイロ五輪代表選考会兼日本選手権水泳競技大会 100m背泳ぎ3位・100m自由形4位(100m背泳ぎで五輪出場を逃すも、400mフリーリレーで五輪初出場を決める)
  • 2016年5月20日-22日 ジャパンオープン 100m背泳ぎ3位・100m自由形2位・50m自由形3位

国際大会[編集]

  • 2005年11月4日-6日 東アジア競技大会(マカオ/中国) 50m背泳ぎ2位・50m自由形2位
  • 2006年12月7日 アジア競技大会(ドーハ/カタール) 50m背泳ぎ優勝
  • 2007年4月1日 世界水泳選手権(メルボルン/オーストラリア) 50m背泳ぎ7位
  • 2009年7月8日 ユニバーシアード(ベオグラード/セルビア) 50m背泳ぎ優勝
  • 2009年7月28日 世界水泳選手権(ローマ/ イタリア) 100m背泳ぎ優勝(52秒26/大会新
  • 2009年8月2日 世界水泳選手権(ローマ/ イタリア) 50m背泳ぎ2位(24秒24/アジア新
  • 2009年11月7日-15日 FINA競泳ワールドカップ スウェーディッシュスイムゲーム 100m個人メドレー優勝
  • 2009年11月14日 FINA競泳ワールドカップベルリン 100m背泳ぎ5位(50秒07/短水路アジア新
  • 2009年11月15日 FINA競泳ワールドカップベルリン 50m背泳ぎ3位(22秒88/短水路元アジア新
  • 2010年8月18日-19日-21日 パンパシフィック水泳選手権(アーバイン/アメリカ) 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ2位・400mメドレーリレー2位
  • 2010年10月20日-21日 FINA競泳ワールドカップ東京 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ2位
  • 2010年11月16日-18日 アジア競技大会(広州/中国) 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ2位
  • 2011年6月4日-5日 欧州グランプリ第1戦(バルセロナ/スペイン) 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ2位
  • 2011年6月9日-10日 欧州グランプリ第2戦(カネ/フランス) 50m背泳ぎ3位・100m背泳ぎ3位
  • 2011年6月12日-13日 欧州グランプリ第3戦(モナコ/モナコ) 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ2位
  • 2011年11月12日-13日 FINA競泳ワールドカップ東京 50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ優勝
  • 2012年11月6日-7日 FINA競泳ワールドカップ東京 50m背泳ぎ2位・100m背泳ぎ4位
  • 2013年6月28日-30日 カナダカップ 100m背泳ぎ優勝・50m背泳ぎ優勝
  • 2013年11月9日-10日 FINA競泳ワールドカップ東京 100m背泳ぎ8位・50m背泳ぎ5位
  • 2014年6月7日-8日 欧州グランプリ第1戦(モンテカルロ/モナコ)50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ2位
  • 2014年6月11日-12日 欧州グランプリ第2戦(カネ/フランス)50m背泳ぎ2位・100m 背泳ぎ2位
  • 2014年6月14日-15日 欧州グランプリ第3戦(バルセロナ/スペイン)50m背泳ぎ優勝・100m背泳ぎ2位
  • 2014年09月22日 アジア競技大会(仙川/韓国) 50m背泳ぎ優勝(24秒28/大会新
  • 2015年8月6日-9日 全米選手権 100m背泳ぎ優勝
  • 2016年8月5日-21日 リオデジャネイロオリンピック(リオデジャネイロ/ブラジル)400mフリーリレー8位(予選3分14秒17/日本新
  • 2016年12月6日-11日 世界短水路選手権(ウィンザー/カナダ)50m背泳ぎ優勝(準決勝22秒81/短水路アジア新
  • 2016年12月6日-11日 世界短水路選手権(ウィンザー/カナダ)混合4×50mメドレーリレー3位(1分38秒45/短水路日本新 第一泳者(古賀)22秒74/短水路日本新
  • 2016年12月6日-11日 世界短水路選手権(ウィンザー/カナダ)4×50mメドレーリレー3位(1分32秒62/短水路日本新 第一泳者(古賀))
  • 2016年12月6日-11日 世界短水路選手権(ウィンザー/カナダ)4×50mフリーリレー3位(1分24秒51/短水路日本新 第四泳者(古賀))

自己ベスト[編集]

種目 距離 水路 記録 樹立日 大会 場所 備考
背泳ぎ 50m 長水路 24秒24 2009/08/02 第13回世界水泳選手権ローマ大会 フォロ・イタリコ水泳場(イタリア) アジア記録
背泳ぎ 100m 長水路 52秒26 2009/07/28 第13回世界水泳選手権ローマ大会 フォロ・イタリコ水泳場(イタリア) 元日本記録
背泳ぎ 50m 短水路 22秒81 2016/12/08 第13回世界短水路選手権ウィンザー大会 ファミリークレジットユニオンセンター(カナダ) アジア記録
背泳ぎ 100m 短水路 50秒07 2009/11/14 ワールドカップベルリン大会 ヨーロッパ・スポーツパーク(ドイツ) アジア記録

受賞歴[編集]

  • 2009年9月7日 上月スポーツ賞受賞 [32]
  • 2009年11月21日 日本水泳連盟最優秀選手に選出 [33]
  • 2009年12月7日 第44回テレビ朝日ビッグスポーツ賞受賞 [34]
  • 2010年1月21日 第59回日本スポーツ賞競技別最優秀賞受賞 [35]
  • 2010年6月19日 2009年度JOCスポーツ賞優秀賞受賞 [36]

脚注[編集]

  1. ^ 関口宏の東京フレンドパークII」2010年12月20日より
  2. ^ 矢内由美子「【競泳】古賀淳也に奇跡を起こさせた米国コーチの言葉」Yahoo!ニュース(2016年4月11日) 2016年8月19日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]