冨田尚弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
冨田 尚弥 Swimming pictogram.svg
選手情報
フルネーム とみた なおや
国籍 日本の旗 日本
泳法 平泳ぎ
生年月日 1989年4月22日(27歳)
生誕地 愛知県東海市
身長 174cm
体重 74kg
テンプレートを表示

冨田 尚弥(とみた なおや、1989年4月22日 - )は、愛知県東海市出身の日本競泳選手。専門は平泳ぎ。東海市立横須賀中学校、豊川高等学校中京大学卒業。身長174cm、体重74kg。血液型A型

経歴[編集]

  • 100mより200mが得意。
  • 2009年世界水泳選手権の200m平泳ぎで2分10秒85で予選17位で敗退。
  • 2010年パンパシフィック水泳選手権の200m平泳ぎで2分10秒99の4位。
  • 2010年アジア競技大会の200m平泳ぎで2分10秒36で優勝[1]
  • 東北地方太平洋沖地震の影響で中止された日本選手権水泳競技大会の代替として開催された2011年度競泳国際大会代表選手選考会の50m平泳ぎは28秒40で5位、100m平泳ぎは1分00秒93で3位、200m平泳ぎは2分08秒25で北島康介を抑えて優勝[2]2011年世界水泳選手権の代表に選ばれる[3]。この記録は2011年の世界ランキング1位となったが、代表選手選考会以降はスランプに陥った。
  • 2011年世界選手権の200m平泳ぎでは優勝が期待されたが、スランプから脱出できず、2分11秒98で準決勝12位敗退に終わった。
  • 2012年日本選手権でもスランプから脱出できず、100m平泳ぎは1分01秒17、200m平泳ぎは2分11秒76でいずれも6位に終わり、初めてのオリンピック出場となるロンドン行きを逃した。冨田曰く「スランプを意識しないようにしましたが、(スランプは)続いていました。(北島)康介さんと違って自分は本番に弱いので、康介さんがうらやましいです」。
  • 2014年、仁川アジア競技大会では50m平泳ぎ、100m平泳ぎで出場。100m平泳ぎは4位で50m平泳ぎは予選敗退であった。10月、後述の窃盗事件により、所属先のデサントから解雇される[4][5]日本水泳連盟は10月9日、2016年3月末までの選手登録停止処分とし、異議申し立て期間内に異議が提出されなかったことにより、10月30日に処分が確定した[6][7]

2014年アジア競技大会での窃盗容疑[編集]

2014年アジア競技大会期間中の9月25日、出場のない同日他選手の応援で行った仁川文鶴競技場で、聯合ニュース記者の機材・キヤノン EOS-1D X(約800万ウォン相当、日本円で70万円程度)を、記者が離席中にレンズを取り外し、本体のみを盗んだ、と報じられた。翌9月26日、50m平泳ぎに出場し予選敗退後、仁川南部警察署から事情聴取され犯行を認める。動機について「見た瞬間、欲しくなった」と供述した。被害品は選手村の冨田の部屋の鞄より見つかった。これにより、日本選手団から追放される処分を受け出国停止処分を受けた[8][9][10]

9月29日、仁川地方検察庁は冨田を窃盗罪罰金100万ウォン(約10万円)の略式手続処分とした。理由について「アジア大会期間中、且つ、被害者が処罰を望んでいないこともあり、起訴猶予処分とする選択肢もあったが、被害品が高額であることに鑑み、韓国市民と同等に処罰した」と説明している[11]10月1日ソウル金浦国際空港から帰国の途に就いた。同空港で集まった報道陣を前に、「このたびは大変お騒がせして誠に申し訳ございませんでした」と頭を下げた[12]

11月6日、仁川地検は、略式命令の謄本を冨田に送達するよう求める意見書を仁川地裁に提出(冨田は異議がある場合、受け取って7日以内に正式な裁判を求めることができる)。検察当局は、監視カメラの映像を日本選手団関係者が確認していることなどから、容疑の立証には全く問題ないと判断しているとされる[13]。ただし、後述のように冨田はカメラは第三者に鞄にねじ込まれたものであるとし、出国を禁止されないよう韓国にて一時的に罪を認めたものであるとして、日本帰国後に無実を主張した。なお、仁川地裁は窃盗罪を認定し有罪判決を下した。

無罪の訴え[編集]

2014年11月6日冨田は名古屋市内で会見を開きカメラを盗んだ事実はないと訴えた[14]。冨田は韓国警察の取り調べについても、最初から冨田を犯人扱いで、通訳に「認めないなら、韓国に残されるかも知れない」と言われ、きちんと話す機会を与えられなかったと主張している[15]

これに対しJOCの説明では、JOCの2名のスタッフが、韓国の警察より監視カメラの映像を見せられ、鞄にカメラを入れる同選手の姿を確認している。また現地での取り調べにも常に日本側のスタッフが立ち会い、同席した通訳の能力にも問題はなかったとしており、冨田側の説明とは異なった見解を示している[16]。一方、冨田の弁護士である国田は「(選手団団長である)青木さんの自宅に電話をしたら『隠しカメラの映像はいっさい見ていない。報告だけ受けた。』と言っている。JOCにかけてみても(犯罪の決定的シーンを見たという)裏が取れてない。日本人のどなたが確認したのか疑問。」と主張している。[17]

アジア系の男について[編集]

冨田は11月6日の会見において、緑色のズボンをはいた東アジア系の男が、かばんの中にカメラを入れたと主張した[18]。その際、『(メインプールの横にある)高さが約70センチ、縦幅と横幅がそれぞれ数メートル程度の、細長い長方形の台座』で起きたアジア系の男とのトラブルを、冨田本人が実演した数十枚の写真を使って、弁護士の国田が詳しい説明を行っている[19]。その後、第3回の公判で防犯カメラの原本が公開され、テレビ朝日の記者は、「映像の人物が周りに誰もいないことを確認して右手で自分のポーチを引き寄せ、左後ろにある黒いものを自分のポーチの中に入れてすぐに持ち去っていく様子が映っていた。アジア系の男は確認されていない。」と報告した[20]映像の人物については裁判官が「冨田選手と同一かまでは、確認できない」と指摘し、冨田は「その(裁判長の)立場は本当にうれしかったです」とした[21]

なお、冨田は会見で台座でのトラブルによって見知らぬ男性からゴミの様なものを押しつけられたとしている[19]。また、2015年2月に東海テレビで防犯カメラの一部が公開されたが、白っぽい半ズボン姿の人物がバッグを記者席においていた。検察側が用意した映像は、一部が編集されていたほか、モニターに映し出した映像を別のカメラで撮り直した不鮮明なもので[22]、捉えられた映像の時刻は「11:50」を指していた[23]

事件の反響[編集]

その北島は窃盗容疑に関する一連の騒動については「ノーコメント」と判断を明らかにせず、「後輩として、選手として頑張ってくれている選手。いろんな意味で応援している」と話している[24]。中国のスポーツサイトの網易体育は、冨田が目前で第三者に無理やり鞄にカメラを入れられと言いながら、なぜその鞄を自らの意思で持ち帰ったのか、という発言の矛盾点を指摘した。そして韓国側に対しては反論するよりはカメラ映像を公開すれば万人が納得できる形で事実が明らかになると論評した[25]

裁判の経過[編集]

2015年2月2日、仁川地裁で開かれた第2回公判ではトラブルが続出した。検察側は第1回公判で窃盗の場面が映っているとされる防犯カメラ映像を証拠として申請したが、被告側は映像が不鮮明だったと主張しており、完全な映像は次回公判に先送りとなった[26]。冨田の弁護士である国田武二郎は、「本人がカメラを盗んだという最初から最後までの一連の動作がない限り、証拠にはならない」と主張している[27]。また、法廷通訳が日程を間違えて欠席してしまい、冨田は「よくわからない」まま公判を終えてしまい、権利保護のあり方に疑問符がついた。審理内容をほとんど日本語で説明されなかった[28][29]

4月9日の3回目の公判で、より鮮明な防犯カメラ映像が上映された。裁判官は「第3者が周辺にはいなかったと確認できた」「何者かがかばんを開いて黒い物体を入れる様子が確認できた」と認定。映っている人物が冨田と特定できるかについては今後の審理に委ねられ、検察側は「映像解析をもとに冨田以外にこのような行為ができる人物がいなかった」と立証する方針とされる[30]。映っている人物について、裁判官は「冨田選手と同一かまでは、確認できない」と指摘している[21]。冨田の弁護士側は当初、防犯カメラの映像について「本人からはカメラの方向に歩く姿は写っていたが、直接カバンに入れるなど、盗んだ映像はないと聞いています」と語っていた[31]が、公判では映像の男が黒い物体をカバンに入れた所は確認された[30]。その一方で、韓国警察側が当初主張していた「カメラを入れようとして入りきらず、レンズを外して本体だけを入れ、さらに袋を洋服の中に隠して立ち去る20から30分間の映像」[15]とは違い、映像の黒い物体がカメラであるかどうかは不明であるため、韓国メディアの多くは検察側が証拠に乏しいと伝えた[32]。冨田側は被害者のカメラレンズの指紋に関する捜査結果の提出を求めた。[33]

有罪判決[編集]

2015年5月28日、仁川地裁は窃盗罪を認定し検察の求刑通り冨田に罰金100万ウォン(日本円で約11万)の支払いを命じる有罪判決を言い渡した[34][35]。第三者の存在を訴えた冨田の主張は、「第三者は防犯カメラに映っていないと認められる」「盗品入手の経緯や入手後の行動は奇妙で信じがたい」として退けられた。判決後、富田は記者に対して「悔しいです。私は絶対に盗んでいません」と主張したが[36]、6月4日に冨田が名古屋市内で会見し、「これ以上やっても意味はないです」と控訴しないことを発表した。この会見で冨田は、「これだけ映像が出て裁判官も僕ではないと言ってくれたのに、有罪判決が出て悲しかった。これ以上やっても意味はないです。控訴はせず有罪のまま終わろうと思いました」と話した。これにより5月28日に出た罰金刑が確定する[37]

有罪の判決について、日本国内では、複数の弁護士がコメントを発した。「裁判所の判断には合理性がある」(落合洋司弁護士、5/29自らのブログにて)、「客観的事実と弁解内容の不可解さが大きなポイントになった」(若狭勝弁護士、5/29夕刊フジにて)と、いずれも仁川地裁の判断を妥当とした。

自己ベスト[編集]

  • 50m平泳ぎ - 28秒05
  • 100m平泳ぎ - 1分00秒60
  • 200m平泳ぎ - 2分08秒25

脚注[編集]

  1. ^ 冨田が金、古賀は2連覇 ア大会競泳18日”. 47NEWS (2010年11月18日). 2012年9月11日閲覧。
  2. ^ 冨田、200平泳ぎで北島破る 世界選手権代表選考会”. 47NEWS (2011年4月11日). 2012年9月11日閲覧。
  3. ^ 世界競泳代表に北島ら22人 冨田、入江も”. 47NEWS (2011年4月12日). 2012年9月11日閲覧。
  4. ^ 窃盗の冨田、デサントが解雇発表 デイリースポーツ2014年10月7日
  5. ^ 当社従業員の不祥事に対する最終処分について デサント2014年10月7日
  6. ^ <競泳>冨田選手、窃盗否定へ…11月6日に記者会見 毎日新聞2014年10月30日.
  7. ^ 日本水連 冨田の選手登録停止処分を正式決定、弁明会見には困惑 スポーツニッポン2014年10月30日.
  8. ^ 競泳の冨田 カメラ盗んだ容疑で韓国警察聴取”. NHKNEWS (2014年9月27日). 2014年9月27日閲覧。
  9. ^ 仁川アジア大会:競泳・冨田選手を追放 カメラ盗んだ容疑”. 毎日新聞 (2014年9月27日). 2014年9月27日閲覧。
  10. ^ 冨田尚弥 アジア大会選手団から窃盗追放「見た瞬間、欲しくなった」 スポーツニッポン2014年9月28日
  11. ^ 韓国検察 冨田選手をカメラ窃盗で略式起訴=ア大会 聯合ニュース2014年9月29日(日本語)
  12. ^ “カメラ窃盗の冨田が帰国、「やってない」発言の真意には無言”. サンケイスポーツ. (2014年10月1日). http://www.sanspo.com/sports/news/20141001/swi14100120150006-n1.html 2014年10月1日閲覧。 
  13. ^ 異議あるなら裁判を=略式命令書類を冨田選手に送達へ―韓国時事通信 2014年11月7日
  14. ^ 「競泳・冨田選手、会見で無実主張 「カメラ盗んでない」」『朝日新聞』(2014.11.6)
  15. ^ a b アジア大会水泳・冨田尚哉カメラ盗難否定「認めないと帰国させないといわれた」j-cast 2014年10月31日
  16. ^ 「冨田選手会見にJOC困惑 「映像で確認している」『朝日新聞』2014.11.06
  17. ^ 「冨田はハメられた」担当弁護士が韓国の陰謀説を唱える東京スポーツ 2014年11月5日
  18. ^ JOC関係者があきれ果てた冨田の疑問点だらけ「冤罪主張」会見東京スポーツ 2014年11月8日
  19. ^ a b 【全文】競泳・冨田尚弥の釈明記者会見 「カメラをねじ込まれた」シーンを弁護士が再現 ログミー2014年11月8日
  20. ^ 公開された映像は3つ…特定は? 冨田選手の裁判テレビ朝日 2015年4月9日
  21. ^ a b カメラ窃盗事件 犯行現場捉えたとされる映像を初めて上映fnn 2015年4月9日
  22. ^ 水泳・冨田選手の「防犯カメラ映像」が「流出」 決定的な場面ないが疑い晴れたわけではなく ジェイ・キャスト2015年2月6日
  23. ^ 窃盗容疑の水泳・冨田、「犯行シーン」とされる映像を報道番組が独自入手WoW!Korea 2015年2月4日
  24. ^ 北島康介、冨田尚弥選手の質問に困惑「後輩、選手として応援」沖縄タイムス 2014年11月6日
  25. ^ 冤罪主張の冨田選手には脚本家の素質がある―中国メディア Record China2014年11月7日
  26. ^ 韓国:防犯カメラ映像、不鮮明で次回へ 冨田選手窃盗公判毎日新聞 2015年2月2日
  27. ^ 競泳冨田の窃盗裁判は次が一つの山に東京スポーツ 2015年2月3日
  28. ^ 通訳が欠席…冨田選手、審理「わからなかった」読売新聞 2015年2月2日
  29. ^ 「韓国:防犯カメラ映像、不鮮明で次回へ 冨田選手窃盗公判」『毎日新聞』2015年02月02日
  30. ^ a b カメラ窃盗事件で3回目の公判 より鮮明な防犯カメラ映像を上映fnn 2015年4月9日
  31. ^ 冨田「無実」に韓国警察「あきれた」日刊スポーツ 2014年11月1日
  32. ^ 冨田尚弥選手の公判、監視カメラの映像を初めて上映=韓国メディアは「検察側は証拠に乏しい」との見方レコードチャイナ 2015年4月10日
  33. ^ 防犯カメラ映像「冨田選手でない」…弁護側主張読売新聞 2015年4月9日
  34. ^ 競泳・冨田選手に有罪判決 カメラ盗んだ罪でNHKニュース2015年5月28日
  35. ^ カメラ窃盗事件 競泳・冨田選手に罰金刑日本テレビ 2015年5月28日
  36. ^ 競泳・冨田に有罪判決 罰金11万円「悔しい 絶対に盗んでいません」スポーツニッポン 2015年5月28日
  37. ^ 競泳・冨田が控訴断念 有罪判決確定へ「これ以上やっても意味ない」 産経新聞2015年6月4日

外部リンク[編集]