第57回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第57回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 2006年12月31日NHK紅白歌合戦第57回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
音声 ステレオ放送
(デジタル放送は5.1chサラウンドステレオ)
字幕 リアルタイム字幕放送(デジタル総合を除く)
データ放送 双方向サービス
外部リンク NHK紅白歌合戦 公式サイト
テンプレートを表示
第57回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 2006年12月31日
放送時間 2006年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第57回NHK紅白歌合戦』(だいごじゅうななかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2006年(平成18年)12月31日JST、以下同じ)にNHKホールで行われた、通算57回目のNHK紅白歌合戦。19時20分-23時45分に生放送された(21時25分-21時30分はニュースのため中断。BShiは別番組)。双方向対応番組。二部制はとられていない。

放送メディア[編集]

放送まで[編集]

  • 9月20日にテーマ「愛・家族〜世代をこえる歌がある〜」が発表され、「あたたかい紅白」を目指すとコメントされた。
    • 視聴者から応援メッセージをはがきFAX電子メールおよび携帯電話のメールサービスで受け付けることが決まった。一般視聴者と番組制作者との距離を縮め、より一体感のある番組を作ることが意図された。
    • 新たに「ワンセグ審査員」が募集された。これは4月1日からワンセグが放送開始されたことに伴うものだった。
  • 11月17日には司会者が発表される。
  • 11月29日には出場歌手が発表された。このうち初出場は12組だった。主な出場者は以下の通り。
  • 出場が有力視されながら本人が辞退または落選した歌手は次の通り。
    • 倉木麻衣:前回まで初出場以来3年連続で出場していたが、今回は早い時期に辞退した。
    • 後藤真希:前回まで初出場以来(ただしこの以前モーニング娘。としての出場歴あり)3年連続で出場(ただし3年連続別名義[2])していたが、今回は落選(週刊誌報道)。
    • 吉田拓郎:吉田にとって21年ぶりとなる大型野外ライブ「吉田拓郎 & かぐや姫 Concert in つま恋 2006」がNHKで放送されたため、出場が有力視されたが「つま恋はNHKさんの協力なしに成功はなかったが、つま恋は自分の中で通過点に過ぎないと思っているので」として辞退した。辞退に際してコメント発表は異例。
    • 井上陽水:「今は出る気力がない、今後の紅白の出演を検討する」として辞退した。
    • Gackt:翌年の大河ドラマ風林火山』に上杉謙信役で出演するため、出場が有力視されるも不出場(翌年の第58回には出場)。
    • 桜塚やっくん:「(本人の強い意向により)紅組での出場が決定」とメディアに報じられた[3]が、落選。応援ゲストとしての登場に留まった。ただし、ゲストとしての登場時に持ち歌「1000%SOざくね?」の一部を歌唱している。
    • 上杉香緒里荒川静香のそっくりさんとして注目され、「おんな酒」がヒットしたが、落選した。
    • 岩崎宏美:紅白復帰待望論が根強く、一部スポーツ紙に「出場検討中」と報じられたが、「ヒット曲がない」と辞退した。
    • 前回初出場したAI一青窈伊藤由奈Def Techは不出場(落選・辞退)。また、Cocco山本譲二所ジョージによるテレビ東京系列『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』の企画で紅白出場を狙ったユニット・譲二さんと所さんや、木村カエラがゲストボーカルとして復活したサディスティック・ミカ・バンド、脚光を浴びた上木彩矢OLIVIA inspi' REIRA (TRAPNEST)らの出場も実現しなかった。Coccoは一部スポーツ紙で出場内定が報道されたが、辞退したとされる。
    • 前回「松任谷由実 with Friends Of Love The Earth」として初出場した松任谷由実にもソロ歌手として出演打診が行われていたが、辞退したと出場歌手発表翌日に報道された。
    • 9年ぶりに再結成した米米CLUB(翌年出場)、同じく再結成しこの年の『思い出のメロディー』への出演も果たしたゴダイゴ、6年ぶりに活動を再開したシャ乱Qも再出場には至らなかった。
    • 出場歌手発表前に『ZAKZAK』(2006年11月10日付)が「(先述した)松任谷や吉田、井上に加え中島みゆきかぐや姫松山千春小田和正長渕剛が出演を辞退した」とのNHK関係者の話を掲載した[4]
    • 出場歌手発表後に『週刊文春』(2006年12月14日号)は「谷村新司(前回はアリスとして出場。なお前回アリスとして出場した堀内孝雄は2年ぶりにソロで出場)や忌野清志郎泉谷しげるらが出演を辞退した」と報じた。
    • 紅組司会の仲間由紀恵はこの年仲間由紀恵withダウンローズとして音楽活動を展開しており、司会発表の際に番組側が「CDも出してるようだし」と歌手としての出演も示唆していた[5]が、実現しなかった。
    • この年デビュー15周年を迎えたZARDにも出演交渉がされ、出場に前向きだったが、坂井泉水との闘病中であったため、辞退したという[6](坂井は翌年5月に入院先の慶應義塾大学病院で非常階段スロープから転落し不慮の死を遂げた)。
    • デビュー年の第26回1975年)で初出場してから今回まで32年連続出場を果たした細川たかしは翌2007年、出資法違反の疑いがかけられたエル・アンド・ジーの広告塔として同社が開催したコンサートに出演していたことから第58回への出演を辞退することとなり、今回で連続出場が一旦ストップした。さらに2008年は暴力団組長のゴルフコンペに参加したためNHKへの出演自体を差し止められ、第59回へも出場できず、再出場はその次年の第60回2009年)まで待つこととなった。
    • 同じくいずれも初出場以来連続出場した藤あや子(15年連続出場)、ゴスペラーズ(6年連続出場)、夏川りみ(5年連続出場)も翌年落選し、今回で連続出場がストップ。また、第39回1988年)の初出場以来アリスとして出場した第51回2000年)と前回も含めて今回まで連続出場した堀内孝雄も今回で出場が途絶えている(堀内はソロでは今回が最後の出場である)。ゴスペラーズは今回を最後に出場していないが、藤は第59回および第62回2011年) - 第66回2015年)、夏川は第62回、堀内もアリスとして第60回で再出場を果たしている。

死亡事故[編集]

放送当日の最終リハーサル中に、仲間由紀恵の横にプラカードを下げ出演者の代役で立っていたNHK制作局エンターテインメント番組担当の56歳の男性職員が舞台上で意識を失い倒れるという事故があった。この職員は、翌年1月1日に搬送先の病院でくも膜下出血により死亡した。

当日のステージ[編集]

DJ OZMAのパフォーマンス[編集]

DJ OZMAが歌唱した「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」は、ショーを売り物にする酒場「ショーパブ」(大人の遊び場)での演舞が元ネタとなっている楽曲のため“脱ぎパフォーマンス”で有名であり、事前のスポーツ新聞の取材に対して紅白用の特別な脱ぎパフォーマンスを行う事を公言していた。

実際のステージでは、最初は通常の衣装で登場したものの、曲の中盤でDJ OZMAが簡易脱衣場[8]に入って衣装を脱ぎ、曲の後半はボクサーパンツ1枚の半裸になって登場した。またサンバ・カーニバル風の衣装を着用していた女性バックダンサーも、DJ OZMAの脱衣を契機に次々と衣装を外し、一見トップレスの姿となった。これは実際には裸体風のボディスーツを着用していたものであったが、精巧に作られており、テレビの画面を通じた視聴者には裸体と誤認したものも少なくなかった[9]

その後、紅白に関する話題はこのボディスーツの件に集中し、年初のスポーツ紙や民放各局の情報番組ワイドショーで大きく取り上げられ、人々の間からも賛否両論が起こった。NHKはこの件に関し、公式サイトで経緯を説明、1月4日には当時NHK会長の橋本元一が新年の職員挨拶の中で改めて謝罪した。

1月10日、所属事務所とレコード会社がNHKを訪れ、一連の経過について謝罪。DJ OZMAからのコメントはないものの、同一人物である氣志團の綾小路翔のブログに「モラルは大事」とコメントがあった。

1月11日には橋本が定例会見でOZMAのパフォーマンスについて釈明を行った。その要旨は次の通り。

  • 1月10日までに1,796件の苦情が寄せられた。
  • DJ OZMAに対しては「現場で使いにくい状況だと思う」とコメントした。
  • 今後はNHKの音楽番組に出演する際にアーティストらに「放送倫理にふさわしくない行為は行わない」と文書で同意させて出演させるなどの措置を行う。

1月14日DJ OZMAが自分のブログで謝罪を表明。同時に紅白のプロデューサーの実名を挙げて対応を批判。NHK側が責任逃れをしていると指摘した。

結果的にNHKに対する苦情は、2000件近くに上った。放送倫理・番組向上機構(BPO)にも100件を超える苦情が寄せられ、回答を求められた。また、 OZMA本人もこのパフォーマンス問題のため、翌年の第58回に関しては早くから「辞退」を宣言していた。

結果[編集]

優勝は白組だった。白組の優勝は2年連続で、同じ組が優勝するのは9年ぶりである。対戦成績は紅組28勝・白組29勝となり、第18回1967年(昭和42年))以来38年ぶりに白組の勝ち越しとなった。

審査方法は、前回の方法を踏襲しつつ、それ以前のボールによる最終判定を復活させた。特別審査員が各人1点、前半戦(2部制をとっていない)終了時点での視聴者投票の結果に基づき、デジタルテレビ審査、ケータイ・ワンセグ審査に各1点、最終審査でデジタルテレビ審査、ケータイ・ワンセグ審査、会場審査に各2点が割り当てられた(合計18個)。

途中審査のトラブル(BShiデジタルのみ)があったが、紅白の票差は拮抗した。しかし、中間のデジタルテレビ審査以外はすべて白が勝ったため、白にボールが大量に入った。それが白勝利の要因となった。

また、今回の優勝司会者への優勝旗授与は渡辺謙が行った。会場の特別審査員が務めるのは第29回1978年(昭和53年))以来で、以降はこれが通例となった。

  • 紅組:5点-白組:13点
  • 中間審査
    • ワンセグ・デジタルテレビ審査の投票数(1点) 紅組:8,188票-白組:7,430票
    • ケータイ審査の投票数(1点) 紅組:4,446票-白組:6,196票
  • 最終審査
    • 客席審査の投票数(2点) 紅組:1,178票-白組:1,437票
    • ケータイ審査の投票数(2点) 紅組:3,768票-白組:8,528票
    • デジタルテレビ・ワンセグ審査の投票数(2点) 紅組:23,440票-白組:27,677票
    • 特別審査員の投票(10点) 紅組:4点-白組:6点

司会者[編集]

前回は司会の区別を設けない体制であったため、第55回以来2年ぶりに司会ポストを分ける形に戻った。仲間は2年連続2回目、中居は第49回1998年)以来8年ぶり3回目、三宅は第53回2002年)以来4年ぶり3回目、黒崎は初司会。

仲間・中居の両軍司会起用は司会発表前日に『スポーツ報知』が独占スクープしていた。中居の司会起用並びに仲間・中居の共同司会は前回でも各メディアで取り沙汰された[10]

前回司会を務めたみのもんたは2年連続司会に意欲を見せ、またシングル夜の虫」も発売して「歌手と司会での出場」を公言していた[11][12][13]が、叶わなかった。今回司会に落選したみのは司会発表直後、「司会は隔年でやるのがいい。来年は是非やりたい」と翌年の第58回の司会就任に意欲を見せる発言を行った[14]。しかし、以後もみのの紅白司会再登板は実現していない。また、本紅白の司会発表後、『週刊文春』が「みのの司会続投案はあったが、前回の本番終了後、みのが番組側を批判する発言を行った[15]ため、見送りになった」と報じた。

同じく司会発表前には『ZAKZAK』(2006年11月10日付)がこの年プロ野球選手を引退した新庄剛志の白組司会起用が急浮上していると報じていた[16][17](新庄本人がNHKに自身を紅白の司会に起用するようアプローチをかけていた[18]。また、ゲスト審査員になるとの報道もあった)。その他、SMAPが全員で司会をするとの報道もされていた[19]

今回以降、組司会(第58回のみ紅組司会、それ以外は白組司会)にジャニーズ事務所所属タレントが起用される体制となっている。

仲間は今回で一旦紅組司会を退いたが、第59回2008年)、第60回2009年)でこの座に復帰している(第58回も応援ゲストとして出演し、一青窈秋川雅史の曲紹介を担当[20])。

SMAPは前回白組トリおよび大トリを務めたが、同リーダーの中居が今回から第60回まで組司会に起用された都合でこの4年間SMAPは白組トリを務めることがなかった[21]。なお、中居が組司会を退いた第61回2010年) - 第64回2013年)において、SMAPは再び白組トリおよび大トリを務めた。

メイン演奏[編集]

審査員[編集]

  • 特別審査員(別記
  • デジタルTV審査員(デジタル総合・BShiデジタルの視聴者)
  • ケータイ審査員(携帯電話で審査、15,000名)
  • ワンセグ審査員(ワンセグ搭載型の携帯電話で審査、同上)
  • ふるさと審査員(デジタルTV審査員・ケータイ審査員・ワンセグ審査員の応募者から抽選で会場に招待された30名)
  • 会場審査員(ふるさと審査員を含めたNHKホールの観客全員)
※ なお、BShiデジタルの審査システムにエラーが発生し、中間審査ができなかった。
※ ワンセグ審査員は放送中まで飛び入り参加が可能であった。

出場歌手[編集]

紅組 白組
曲順 歌手 曲順  歌手
前半戦
1 mihimaru GT(初) 気分上々↑↑ 2 w-inds.(5) ブギウギ66
3 BoA(5) 七色の明日 〜brand new beat〜 4 鳥羽一郎(19) 兄弟船
5 長山洋子(・影山時則)(13) 6 SEAMO(初) マタアイマショウ紅白ミックス[22]
7 坂本冬美(18) 祝い酒 8 北山たけし(2) 男の拳
9 GAM(初)&モーニング娘。(9) Thanks! 歩いてる 2006 Ambitious バージョン 10 Aqua Timez(初) 決意の朝に
11 藤あや子(15) 雪 深深 12 細川たかし(32) 浪花節だよ人生は
みんなのうた45年!キッズショー
14 伍代夏子(13) 金木犀 13 スガシカオ(初) Progress
16 平原綾香(3) 誓い 15 堀内孝雄(17) 愛しき日々
18 大塚愛(3) 恋愛写真 17 美川憲一(23) さそり座の女 2006
19 香西かおり(14) 最北航路 20 ORANGE RANGE(2) チャンピオーネ
21 夏川りみ(5) 花〜すべての人の心に花を〜 22 布施明(22) イマジン
23 森昌子(15) バラ色の未来 24 前川清(&クール・ファイブ)(16) 長崎は今日も雨だった
25 BONNIE PINK(初) A Perfect Sky 26 ゴスペラーズ(6) ふるさと
27 石川さゆり(29) 夫婦善哉 28 森進一(39) おふくろさん
後半戦
29 絢香(初) 三日月 30 WaT(2) 5センチ。
31 浜崎あゆみ(8) JEWEL 32 スキマスイッチ(2) ボクノート
33 中島美嘉(5) 一色 34 TOKIO(13) 宙船(そらふね)
2006スーパーレビュー
35 aiko(5) 36 ポルノグラフィティ(5) ハネウマライダー
37 小林幸子(28) 大江戸喧嘩花 38 DJ OZMA(初) アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士
39 アンジェラ・アキ(初) HOME 40 さだまさし(18) 案山子
41 水森かおり(4) 熊野古道 42 氷川きよし(7) 一剣
43 今井美樹(初) PRIDE 44 徳永英明(初) 壊れかけのRadio
45 和田アキ子(30) Mother 46 秋川雅史(初) 千の風になって
47 天童よしみ(11) いのちの限り 48 コブクロ(2)
49 倖田來未(2) 夢のうた 50 五木ひろし(36) 高瀬舟
51 DREAMS COME TRUE(11) 何度でも LOVE LOVE LOVE 2006 52 SMAP(14) ありがとう
53 川中美幸(19) ふたり酒 54 北島三郎(43) まつり

※ カッコ内は出場回数。2006年(平成18年)12月27日に出演順が発表された。

「みんなのうた45年!キッズショー」の曲目・歌手は次の通り。

ゲスト出演者[編集]

特別審査員[編集]

スペシャルゲスト[編集]

演奏ゲスト[編集]

応援ゲストなど[編集]

めちゃ×2イケてるッ!』「日本一周、10周年 健康の旅スペシャル」(フジテレビ2007年1月6日3月10日放送)の一部として出場。2001年-2005年に放送されていた『ナイナイの夢と笑いが丸い地球を救うのだ!!』(日本テレビ)が放送されないことから実現した。

主要スタッフ[編集]

所属部署と担当番組は放送当時のもの

視聴率・裏番組[編集]

地上波アナログ・デジタル総合テレビでの視聴率は、関東地区で第1部が30.6%(前回35.4%)、第2部が39.8%(前回42.9%)となり、第1部はワースト記録タイとなり、第2部も第55回2004年(平成16年))に次ぐワースト2位となった。また、関西地区でも第1部が28.5%で過去最低タイ、第2部が37.6%とワースト記録を更新している。

ただし、上記の数字にはBShiBS2の視聴率はカウントされず、全体でどれだけの人々が紅白を視聴したかは正確に把握されていないのが実情である。報道に対して番組責任者は「相当数の方にお楽しみ頂けたと考えている」とコメントした。

歌手別視聴率は昨年に続いてSMAPが最も高く、登場時にすでに47.1%、1分後には1.2%上回る48.3%を記録し、そのまま歌い終わるまで48%台をマークした。過去10年では歌手別最高視聴率をマークした回数はSMAPが最多である。第2位は倖田來未の47.3%だった。また、ハプニングを起こしたDJ OZMAは43.8%を記録した。

なお、番組の著作権や出場歌手の肖像権などの事情もあり、前回同様、総合テレビの再放送は行われなかった。

裏番組としては、TBSの『K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!』は第2部が関東地区では19.9%(前回14.8%)の高視聴率を記録した。

脚注[編集]

  1. ^ 夕刊フジ』より
  2. ^ 後藤真希→後藤真希&松浦亜弥→DEF.DIVA
  3. ^ 日刊スポーツ』2006年11月26日付
  4. ^ http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_11/g2006111009.html
  5. ^ 『日刊スポーツ』2006年11月18日付
  6. ^ 東京スポーツ』2007年5月29日付
  7. ^ 北島の大トリ起用はかねてより有力視されていた。
  8. ^ フラフープ状の輪に紅白幕柄のカーテンを垂らしたもの。
  9. ^ 「裸」演出、番組内で謝罪 NHK紅白歌合戦(朝日新聞、2007年01月01日)
  10. ^ 詳細は「第56回NHK紅白歌合戦」の項を参照。
  11. ^ http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_10/g2006102001.html ZAKZAK 2006年10月20日
  12. ^ スポーツニッポン』2006年10月20日付
  13. ^ その後、『ゲンダイネット』がみのの司会続投が濃厚であると報じていた。
  14. ^ サンケイスポーツ』2006年12月2日付
  15. ^ 詳細は「第56回NHK紅白歌合戦」の項を参照。
  16. ^ http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_11/g2006111009.html
  17. ^ 紅組司会は仲間、総合司会は三宅の起用が濃厚というNHK関係者の談話も掲載した。
  18. ^ 『スポーツ報知』2006年11月18日付
  19. ^ http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_11/g2006111010.html ZAKZAK 2006年11月10日
  20. ^ 翌年の紅組司会は中居に交代(白組司会は笑福亭鶴瓶に交代)。なお、第58回においても当初は仲間に紅組司会の打診が行われていたが、仲間が辞退したとの報道もある。ちなみに、仲間・中居の両組司会も第59回、第60回で復活している。
  21. ^ 『スポーツ報知』2010年12月25日付には「第57回(今回) - 第60回は中居が(組)司会だったためSMAPの白組トリ(大トリ)がなかった」と書かれている。並びに中居が組司会兼任の回ではSMAPが白組トリを務めることができないとも取れる内容の見解も示されている。
  22. ^ ルパン・ザ・ファイヤー」「マタアイマショウ」のメドレー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]