鶴ヶ嶺昭男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鶴ヶ嶺 昭男 Sumo pictogram.svg
Tsurugamine Akio 1958 Scan10006.JPG
基礎情報
四股名 福薗 昭男→鶴嶺山 昭男→鶴ヶ嶺 昭男→鶴ヶ嶺 哲生→鶴ヶ嶺 昭男
本名 福薗 昭男
愛称 もろ差し名人[1]
生年月日 1929年4月26日
没年月日 (2006-05-29) 2006年5月29日(77歳没)
出身 鹿児島県姶良市(旧:姶良郡加治木町)
身長 177cm
体重 114kg
BMI 36.39
所属部屋 井筒部屋
得意技 もろ差し、右四つ、寄り、上手出し投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 西関脇
生涯戦歴 685勝678敗22休(95場所)
幕内戦歴 550勝583敗22休(77場所)
優勝 十両優勝1回
序ノ口優勝1回
敢闘賞2回
殊勲賞2回
技能賞10回
データ
初土俵 1947年6月場所[1]
入幕 1953年3月場所[1]
引退 1967年7月場所[1]
引退後 年寄君ヶ濱(君ヶ濱部屋を創設、後に名跡変更により井筒部屋)
備考
金星10個 (栃錦4個、若乃花3個、朝潮3個)
2014年3月22日現在

鶴ヶ嶺 昭男(つるがみね あきお、1929年4月26日 - 2006年5月29日)は、鹿児島県姶良市(旧:姶良郡加治木町)出身で井筒部屋に所属した大相撲力士。最高位は西関脇1956年5月場所・1962年9月場所)。得意技はもろ差し、右四つ、寄り、上手出し投げ。現役時代の体格は177cm、114kg。本名は福薗 昭男(ふくぞの あきお)[1]

来歴[編集]

戦時中は海軍年少兵として海軍相撲で鳴らし、やがて大相撲への興味を抱く[2]。戦後、元前頭2枚目・鶴ヶ嶺道芳こと井筒親方の元に入門、1947年(昭和22年)6月場所で初土俵を踏む。この時はまだ師匠が現役最後の場所であったので、書類上の所属は時津風部屋になっていた。翌場所から、独立した井筒部屋に所属した[1]。独立したばかりの井筒部屋は例外なく弱小で、井筒と同じ鹿児島出身の政治家で当時公職追放中であった迫水久常が部屋の後援会会長に就任して、部屋のための金品や食料の調達に奔走する有様であった[3]。ある時、迫水は部屋のあまりの貧乏さに人員整理を考え、見込みの薄い力士は次々と故郷へ帰して再就職させることとし、やがて鶴嶺山の処遇を考えることとなった[2][4]。ここで、部屋付き親方の甲山が「必ず栃錦でも負かす男になりますから、もう少し面倒みてやって下さい」と頭を下げ、迫水自身は「そうかねえ」と多少半信半疑のところがあったようだが現役続行は決まり、「お前、勝とうと思って相撲とるな。負けまいと思って相撲とれ」と激励[4][2]。迫水の激励に対して「わかるかわからないかわからんけれど、とにかく先生のおっしゃったように、私は負けまいと思って相撲をとります。勝とう勝とうと思わないで、これから負けまいと思って相撲をとります」と、精進を誓った[2][5][注釈 1]

その後、1953年(昭和28年)3月場所で新入幕。本来右四つだったが、相手に合わせてまず左四つになり、右を巻き替えもろ差しになる取り口が開眼した。[6]「もろ差し名人」[2][7]と呼ばれ、「栃若時代」から「柏鵬時代」にかけて活躍。技能賞を10回(現在でも最高記録)受賞、栃錦・若乃花朝潮の3横綱を相手によく健闘し、計10個の金星(当時の最高記録)を挙げている。「必ず栃錦でも負かす」と見込んだ甲山の見立ては、間違っていなかった。

前捌きや巻き替え、得意のもろ差しを生かして好成績を挙げることが多く、1956年昭和31年)1月場所では14勝1敗の好成績を挙げ、優勝同点も記録した[1]優勝決定戦の相手、横綱・鏡里は同門であり、鶴ヶ嶺が関取になる前は自身の付き人として従えていたことも考えてか、「優勝は半分ずつだ」と優勝パレードで旗手を依頼し、当日1晩だけ優勝旗を鶴ヶ嶺の部屋に貸し出したという。[6]

1967年(昭和42年)7月場所を最後に、38歳で現役を引退。幕内在位77場所と通算550勝[1]は、本場所が現在のような6場所制に移行する過渡期であったためもあるが、当時の最多記録だった(通算勝ち星は翌9月場所で横綱・大鵬に更新され、場所数は1980年(昭和55年)11月に、前頭6枚目・高見山によって更新された)。

引退後は年寄君ヶ濱を襲名し、1972年(昭和47年)に井筒部屋から独立して君ヶ濱部屋を創設。その後、同部屋は1977年(昭和52年)12月より名称を変更して井筒部屋となった。また自身の息子3人(鶴嶺山逆鉾寺尾)をすべて関取に、霧島大関に育てるなど名伯楽ぶりを発揮し[2][1]、その功績が認められて役員待遇に抜擢された[8]。特に郷里である鹿児島県出身の力士が非常に多く、「薩摩部屋」と称される程であった。判りやすい丁寧な語り口で解説者とを務めた他、勝負審判長としても物言いの際の場内説明で、「行司軍配は○○にあがりましたが、××ではないかと物言いがつき、協議の結果~」と明快に解説、この口上は現在ではほぼ定型のものとなっている[2]。また、「ただいまの協議についてご説明申し上げます」と最初につけるようになったのも、彼からだとされる。

弟子育成に関しては、寺尾の突っ張りや逆鉾のもろ差しは自分が特別教えたものではなくたまたま関取になるべき人間がその時代に集まったのだとしており、技術指導も新弟子にはまず前に出ることしか教えなかったという。1人関取に挙がると他の若い衆が「オレたちも上がれるんじゃないか」と活気づいた面があると振り返っている[9]

年寄を停年退職後は鎌倉陶磁器店を経営していたが、晩年の面倒を見ていた内縁の妻の乱脈振り等が原因で、息子との不和も伝えられ寂しい晩年を送った[2]。2002年から一時期、妙見温泉で小料理屋を経営していた。

2006年(平成18年)5月29日午後6時6分、敗血症のため大分県別府市の病院で死去。享年77。

エピソード[編集]

  • 映画「007は二度死ぬ」で、ボンドをマス席まで案内する英語のセリフのある役で出演した。
  • 現役時、プロ野球選手であった中西太とは親友の間柄であった。
  • 新関脇だった昭和31年(1956年)5月場所、横綱栃錦をもろ差しからの速攻で寄り倒したが、勇み足で負けとなった。怒りと悔しさに、土俵下に落ちた横綱に手を貸すのも忘れてしばらく仁王立ちとなり、栃錦からはのちのちまでこの時のことを冷やかされたという。
  • やくみつる4コマ漫画では、その容貌が誇張されて、ジャンルを問うことなくスポーツコメンテーターや、また占い師役としても登場した。
  • 三兄弟の母親にも当たる節子夫人は、蔵前小町と呼ばれるほどの美人であった。夫人の父は相撲茶屋の元締役を務めていた経験があり、自身と夫人の仲人を務めたのは師匠の時津風であった。夫人は時津風を「おじちゃま」と呼ぶなど親しい仲であった。[10]夫人は生前三兄弟からも大変に慕われており[11]、それだけに三兄弟は自身と後妻との内縁関係を受け入れられず、結局晩年は「お袋を裏切った」と三兄弟から責められ続けたという。
  • 大相撲ダイジェスト』での解説時、息子の相撲を見ていた際に息苦しくなり、薬を飲んだことがあるという。
  • 鶴ヶ嶺の相撲の技術は次男である逆鉾、さらに逆鉾の弟子(鶴ヶ嶺から見れば孫弟子)にあたる横綱鶴竜にも伝承されている。[12]

家系図[編集]

西ノ海(25代横綱)の孫(養女の養女の夫)、薩摩錦(元幕下)の従兄の子供、鶴ノ富士智万(元十両)の伯父。長男は鶴嶺山(元十両)、次男は逆鉾(元関脇)、三男は寺尾(元関脇)。

─:血縁 ━:養子縁組

 ┌──┐     ┌───┐
 ○   ○  女┰西ノ海 高千穂
 │   │    ┃
薩摩錦 ○    女┰加賀錦
  ┌─┴─┐  ┃
  ○  鶴ヶ嶺┬女
  │  ┌──┼──┐
鶴ノ富士 寺尾 逆鉾 鶴嶺山

主な成績[編集]

  • 通算成績:685勝678敗22休 勝率.503
  • 幕内成績:550勝583敗22休 勝率.485
  • 現役在位:95場所
  • 幕内在位:77場所
  • 三役在位:11場所(関脇2場所、小結9場所)
  • 三賞:14回
    • 殊勲賞:2回(1958年5月場所、1959年9月場所)
    • 敢闘賞:2回(1966年7月場所、1966年11月場所)
    • 技能賞:10回(1956年1月場所、1956年3月場所、1959年7月場所、1961年1月場所、1962年7月場所、1963年3月場所、1963年5月場所、1964年3月場所、1965年11月場所、1966年7月場所)(最多受賞記録)
  • 金星:10個(栃錦4個、若乃花3個、朝潮3個)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回 (1952年9月場所)
    • 序ノ口優勝:1回 (1947年10月場所)

場所別成績[編集]

                                                  

鶴ヶ嶺 昭男
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1947年
(昭和22年)
x x 新序
3–2 
x 西 序ノ口 #5
優勝
5–1
x
1948年
(昭和23年)
x x 東 序二段 #6
4–2 
x 西 三段目 #8
4–2 
x
1949年
(昭和24年)
西 三段目 #5
7–5 
x 東 幕下 #19
9–6 
x 西 幕下 #9
7–8 
x
1950年
(昭和25年)
東 幕下 #11
7–8 
x 西 幕下 #11
7–8 
x 東 幕下 #15
7–8 
x
1951年
(昭和26年)
西 幕下 #16
6–9 
x 西 幕下 #19
11–4 
x 西 幕下 #5
9–6 
x
1952年
(昭和27年)
東 幕下 #1
11–4 
x 東 十両 #11
8–7 
x 東 十両 #10
優勝
11–4
x
1953年
(昭和28年)
西 十両 #1
9–6 
東 前頭 #17
8–7 
東 前頭 #16
3–12 
x 西 十両 #1
10–5 
x
1954年
(昭和29年)
東 前頭 #17
7–8 
東 前頭 #19
8–7 
東 前頭 #18
8–7 
x 東 前頭 #13
8–7 
x
1955年
(昭和30年)
西 前頭 #12
9–6 
東 前頭 #7
10–5 
東 前頭 #2
6–9 
x 東 前頭 #5
5–10
x
1956年
(昭和31年)
東 前頭 #10
14–1[13]
東 張出小結
9–6
西 関脇
7–8 
x 西 小結
8–7 
x
1957年
(昭和32年)
東 小結
5–10 
西 前頭 #3
9–6
東 小結
5–10 
x 東 前頭 #4
6–9 
東 前頭 #6
9–6 
1958年
(昭和33年)
東 前頭 #2
3–12 
東 前頭 #10
9–6 
西 前頭 #5
9–6
西 前頭 #1
1–6–8[14] 
西 前頭 #12
11–4 
東 前頭 #3
5–10 
1959年
(昭和34年)
西 前頭 #8
10–5 
東 前頭 #4
8–7 
西 前頭 #2
7–8 
西 前頭 #3
9–6
東 前頭 #1
9–6
東 張出小結
2–13 
1960年
(昭和35年)
西 前頭 #5
10–5
東 前頭 #2
8–7
東 前頭 #2
7–8 
東 前頭 #3
6–9 
西 前頭 #3
6–9 
東 前頭 #7
10–5 
1961年
(昭和36年)
東 前頭 #3
10–5
東 張出小結
4–11 
東 前頭 #3
7–8
西 前頭 #3
8–7
東 前頭 #1
7–8 
西 前頭 #2
5–10 
1962年
(昭和37年)
西 前頭 #8
11–4 
西 前頭 #3
1–5–9[15] 
西 前頭 #12
10–5 
西 前頭 #7
11–4
西 関脇
7–8 
西 小結
4–11 
1963年
(昭和38年)
西 前頭 #3
5–10 
西 前頭 #6
10–5
西 前頭 #1
9–6
東 小結
8–7 
東 小結
4–11 
西 前頭 #4
5–10 
1964年
(昭和39年)
西 前頭 #8
7–8 
西 前頭 #9
11–4
東 前頭 #3
6–9 
西 前頭 #4
3–12 
東 前頭 #10
11–4 
西 前頭 #2
3–12 
1965年
(昭和40年)
西 前頭 #9
9–6 
東 前頭 #4
3–12 
西 前頭 #8
9–6 
東 前頭 #6
7–8 
東 前頭 #7
7–8 
西 前頭 #7
11–4
1966年
(昭和41年)
西 前頭 #2
5–10 
西 前頭 #6
5–10 
東 前頭 #13
8–7 
東 前頭 #11
11–4
東 前頭 #3
2–8–5[16] 
西 前頭 #10
11–4
1967年
(昭和42年)
東 前頭 #2
5–10 
西 前頭 #6
6–9 
東 前頭 #12
8–7 
東 前頭 #8
引退
2–13[17]–0
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 福薗 昭男(ふくぞの あきお)1947年6月場所
  • 鶴嶺山 昭男(かくれいざん あきお)1947年11月場所-1953年1月場所
  • 鶴ヶ嶺 昭男(つるがみね あきお)1953年3月場所-1956年9月場所
  • 鶴ヶ嶺 哲生(つるがみね てつお)1957年1月場所-1957年5月場所
  • 鶴ヶ嶺 昭男 (つるがみね あきお)1957年9月場所-1967年7月場所


年寄変遷[編集]

  • 君ヶ濱(きみがはま)1967年7月-1977年12月
  • 井筒(いづつ)1977年12月-1994年4月

著書[編集]

  • 『双差しの子育て 逆鉾、寺尾ら3兄弟子育ての秘話』(1988年5月、同友館 )

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ こののち迫水は、1961年夏場所のさなかに雑誌『相撲』1961年6月号のための企画で当時大関の柏戸と対談しているが、かつて迫水にはっぱをかけられた鶴ヶ嶺は、6日目にその柏戸を下手投げで負かして柏戸に「完敗」と言わしめた(『相撲』1961年6月号、p.89,193,212)。同じ場所の4日目には若乃花を吊り出しで破っている(『相撲』1961年6月号、p.189,212)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p28
  2. ^ a b c d e f g h 北辰堂出版『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(塩澤実信、2015年)66ページから67ページ
  3. ^ #相撲 (1961/6) p.88,90
  4. ^ a b #相撲 (1961/6) p.88
  5. ^ #相撲 (1961/6) p.89
  6. ^ a b ベースボールマガジン社『大相撲戦後70年史』24ページ
  7. ^ このもろ差しを得意とする取り口は後に次男の逆鉾が引き継ぐこととなった。
  8. ^ ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p36-39
  9. ^ ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p71
  10. ^ 69連勝に挑む白鵬、止めるのは…錣山親方に聞く 日本経済新聞 2010/11/12 7:00
  11. ^ それを示す例として、夫人の旧姓である「寺尾」は三男が四股名とし(当初は「節」の字ももらって「寺尾節男」と名乗った)、長男の鶴嶺山が引退後に開いた店の名となった。また、寺尾の角界入りは夫人が死の間際に「相撲取りになって」と願ったことがきっかけとなった。
  12. ^ 新大関鶴竜が先代井筒親方の墓参り‐大相撲ニュース:nikkansports.com
  13. ^ 鏡里と優勝決定戦
  14. ^ 左肩関節捻挫により3日目から途中休場、12日目から再出場
  15. ^ 右肩関節及び左股関節捻挫により3日目から途中休場、9日目から再出場、11日目から再度途中休場
  16. ^ 右股関節挫傷により6日目から途中休場、12日目から再出場
  17. ^ 急性心不全症により千秋楽不戦敗

参考文献[編集]

  • 「座談会 大横綱になれ!」、『相撲』1961年第6号、ベースボール・マガジン社、1961年、 86-91頁。

関連項目[編集]

脚注[編集]