星甲良夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
星甲 良夫 Sumo pictogram.svg
Hoshikabuto Yoshio 1958 Scan10007.JPG
基礎情報
四股名 小川 → 東都山 → 梅ヶ枝 良治 → 小川 伸治 → 星甲 昌男 → 星兜 昌男 → 星甲 良夫
本名 小川 良夫
生年月日 1926年2月5日
没年月日 (2000-12-05) 2000年12月5日(74歳没)
出身 千葉県東葛飾郡浦安町当代島
身長 171cm
体重 107kg
BMI 36.59
所属部屋 井筒部屋(一時期、双葉山道場預かり)
得意技 右四つ、突っ張り、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 西前頭4枚目
生涯戦歴 553勝584敗15休 (84場所)
幕内戦歴 173勝217敗 (26場所)
優勝 十両優勝2回
データ
初土俵 1942年5月場所[1]
入幕 1955年5月場所[1]
引退 1964年5月場所[1]
引退後 年寄君ヶ濱→同・陸奥→同・井筒→同・陸奥
備考
2014年3月3日現在

星甲 良夫(ほしかぶと よしお、1926年2月5日 - 2000年12月5日)は、千葉県東葛飾郡浦安町(現・浦安市)当代島出身で、井筒部屋(一時期、双葉山道場預かり)に所属した大相撲力士である。最高位は西前頭4枚目(1957年5月場所)。得意手は右四つ、突っ張り、寄り、叩き、蹴手繰り。現役時代の体格は171cm、107kg。本名は、小川 良夫(おがわ よしお)[1]

来歴・人物[編集]

体が小さく、身長も体重も足らずなかなか新弟子検査に合格できなかったが、1942年(昭和17年)5月場所で初土俵を踏んだ[2]。そのため出世もゆっくりで、1955年(昭和30年)5月場所に於いて新入幕を果たした時には、既に29歳となっていた[3]

幕内では地味ではあったが、当時の幕内力士では随一の稽古で鍛えたためか、「努力の人」と讃えられた[1]

自己最高位の西前頭4枚目で迎えた1957年(昭和32年)5月場所では、大関松登蹴手繰りで破っている(これが、自身唯一の銀星となった。なお、金星は、1個も挙げられずに終わっている)。

以後も長く土俵を務め、1963年(昭和38年)1月場所では36歳11ヵ月での再入幕を果たした。これは、当時では戦後2位の年長再入幕記録であった[3]1964年(昭和39年)5月場所限りで引退を決意した時には、38歳となっていた。

引退後は、年寄君ヶ濱から陸奥を襲名して井筒部屋付きの親方として後進の指導に当たっていた。井筒部屋付き時代は江戸川区平井の自宅から墨田区亀沢の井筒部屋に通っていた。しかし、1972年(昭和47年)3月に10代井筒(元前頭2・鶴ヶ嶺(道芳))が亡くなると、翌月に11代井筒を襲名して井筒部屋を継承した。これを機に、11代井筒の弟弟子で同じ部屋付き親方であった君ヶ濱親方(元関脇・鶴ヶ嶺(昭男))は独立して、同月末に君ヶ濱部屋を興した。自身は自宅のある平井に新たな井筒部屋の施設を構えた[1][4]

その後10代井筒の遺族と仲違いしたため、1974年(昭和49年)4月、井筒の名跡を返上して陸奥に戻り、部屋の名称も陸奥部屋とした。10代井筒から引き継いだ弟子の星岩涛を幕内まで昇進させ、自らの停年退職の際には、彼に部屋を継承させた[4][3]

2000年(平成12年)12月5日午後1時20分、呼吸不全のため逝去。74歳没。

幕下時代に結婚したが家計が苦しく、手拭で隠しながらアサリシジミを売り歩いて生活費を稼いでいた話が知られている[1]

主な戦績[編集]

  • 通算成績:553勝584敗15休 勝率.483
  • 幕内成績:173勝217敗 勝率.444
  • 現役在位:84場所
  • 幕内在位:26場所
  • 各段優勝
    • 十両優勝:2回(1955年1月場所、1959年7月場所)

場所別成績[編集]

星甲 良夫
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1942年
(昭和17年)
x x (前相撲) x x x
1943年
(昭和18年)
東 序ノ口 #28
4–4 
x 東 序二段 #76
4–4 
x x x
1944年
(昭和19年)
西 序二段 #57
6–2 
x 東 序二段 #14
3–1–1 
x x 西 三段目 #25
4–1 
1945年
(昭和20年)
x x 西 幕下 #22
1–4 
x x 西 三段目 #3
3–2 
1946年
(昭和21年)
x x x x x 東 幕下 #17
2–5 
1947年
(昭和22年)
x x 東 三段目 #1
5–0 
x x 東 幕下 #6
2–4 
1948年
(昭和23年)
x x 東 幕下 #11
2–4 
x 西 幕下 #22
4–2 
x
1949年
(昭和24年)
東 幕下 #11
0–1–11 
x 西 幕下 #25
5–10 
x 東 三段目 #2
9–6 
x
1950年
(昭和25年)
東 幕下 #19
7–8 
x 西 幕下 #20
10–5 
x 東 幕下 #11
5–10 
x
1951年
(昭和26年)
東 幕下 #17
5–10 
x 東 幕下 #22
9–6 
x 西 幕下 #13
10–5 
x
1952年
(昭和27年)
東 幕下 #6
8–7 
x 東 幕下 #5
12–3 
x 西 十両 #12
8–7 
x
1953年
(昭和28年)
西 十両 #10
4–11 
西 十両 #17
6–9 
西 十両 #20
10–5 
x 西 十両 #10
12–3 
x
1954年
(昭和29年)
東 十両 #2
2–13 
東 十両 #12
6–9 
東 十両 #16
6–9 
x 西 十両 #21
8–7 
x
1955年
(昭和30年)
西 十両 #14
優勝
11–4
東 十両 #5
11–4 
東 前頭 #17
6–9 
x 西 前頭 #19
8–7 
x
1956年
(昭和31年)
西 前頭 #17
5–10 
西 張出前頭 #21
9–6 
東 前頭 #16
10–5 
x 東 前頭 #13
7–8 
x
1957年
(昭和32年)
東 前頭 #15
8–7 
西 前頭 #11
10–5 
西 前頭 #4
5–10 
x 東 前頭 #9
7–8 
西 前頭 #10
8–7 
1958年
(昭和33年)
東 前頭 #7
5–10 
東 前頭 #13
5–10 
東 前頭 #17
11–4 
東 前頭 #7
6–9 
西 前頭 #11
4–11 
東 前頭 #19
8–7 
1959年
(昭和34年)
西 前頭 #18
7–8 
東 前頭 #19
5–10 
西 十両 #5
9–6 
西 十両 #2
優勝
12–3
西 前頭 #16
7–8 
西 前頭 #15
5–10 
1960年
(昭和35年)
東 十両 #4
8–7 
東 十両 #3
10–5 
東 前頭 #15
5–10 
東 十両 #2
8–7 
西 十両 #2
3–12 
東 十両 #12
6–9 
1961年
(昭和36年)
東 十両 #15
9–6 
東 十両 #8
10–5 
東 十両 #4
7–8 
西 十両 #4
6–9 
東 十両 #6
3–12 
東 十両 #18
10–5 
1962年
(昭和37年)
東 十両 #9
8–7 
東 十両 #6
8–7 
東 十両 #3
9–6 
東 前頭 #15
8–7 
西 前頭 #11
2–13 
西 十両 #4
10–5 
1963年
(昭和38年)
東 前頭 #16
9–6 
東 前頭 #10
3–12 
西 十両 #4
7–8 
西 十両 #5
4–11 
東 十両 #15
9–6 
東 十両 #9
7–8 
1964年
(昭和39年)
東 十両 #10
7–8 
西 十両 #11
5–10 
東 十両 #17
引退
2–13–0
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 小川 良夫(おがわ よしお)1943年1月場所
  • 東都山 良夫(とうとやま -)1943年5月場所 - 1946年11月場所
  • 梅ヶ枝 良治(うめがえ よしはる) 1947年6月場所 - 1949年5月場所
  • 小川 伸治(おがわ のぶはる) 1949年10月場所 - 1954年5月場所
  • 星甲 昌男(ほしかぶと まさお) 1954年9月場所 - 1959年1月場所
  • 星兜 昌男(ほしかぶと -)1959年3月場所 - 1959年5月場所
  • 星甲 良夫(ほしかぶと よしお)1959年7月場所 - 1964年5月場所(引退)

年寄変遷[編集]

  • 君ヶ濱(きみがはま)1964年5月 - 1965年11月
  • 陸奥(みちのく)1965年11月 - 1972年4月
  • 井筒(いづつ)1972年4月 - 1974年4月
  • 陸奥(みちのく)1974年4月 - 1991年2月(停年退職)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p26
  2. ^ ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p56
  3. ^ a b c ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p69-70
  4. ^ a b ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p36-39

関連項目[編集]