東海稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東海 稔(あずまうみ みのる、1924年3月14日 - 1963年6月10日)は、1950年代に活躍した東京都品川区北品川出身の大相撲力士である。荒磯部屋(入門時は伊勢ヶ濱部屋)に所属していた。本名は近藤 稔(こんどう みのる)。得意手は右四つ、寄り。最高位は東前頭14枚目(1953年3月場所)。現役時代の体格は174cm、166kg。

来歴[編集]

14歳の時、元関脇清瀬川が率いる伊勢ヶ濱部屋(後、荒磯部屋に改称)へ入門し、1939年1月場所で初土俵を踏んだ。当初の四股名は「御殿山」で、これは、出身地の北品川にある山に因んでいる。

その後幕下まで昇進するも、1944年応召され、復員後の1945年6月場所を以って廃業した。

しかし、1950年に再度、伊勢ヶ濱部屋へ入門。同年5月、「東海」の名で幕下から力士としての経歴を再開した。

巨体と寄りを武器に順調に番付を上げ、1952年1月場所で新十両に昇進。そして、1953年3月場所にて入幕を果たした。初土俵から14年2ヶ月かかっての、悲願の新入幕であった。

以降、1957年11月場所まで計8場所幕内を勤めるも、勝ち味の遅さが祟って幕内上位への進出は果たせずに終わっている。

現役晩年は幕下3枚目まで降下し、1959年5月場所後、35歳で再廃業。

その後、東京中央郵便局に勤務していたが、1963年6月に39歳で病没した。

主な戦績[編集]

  • 通算成績:305勝310敗18休(48場所、勝率.496)
  • 幕内成績:44勝76敗(8場所、勝率.367)

場所別成績[編集]

東海 稔
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1939年
(昭和14年)
(前相撲) x (前相撲) x x x
1940年
(昭和15年)
(前相撲) x (前相撲) x x x
1941年
(昭和16年)
西 序ノ口 #17
5–3 
x 西 序二段 #44
7–1 
x x x
1942年
(昭和17年)
西 三段目 #38
7–1 
x 東 幕下 #38
7–1 
x x x
1943年
(昭和18年)
西 幕下 #11
3–5 
x 西 幕下 #20
4–3–0
(1分)
 
x x x
1944年
(昭和19年)
東 幕下 #14
4–4 
x 西 幕下 #9
3–2 
x x 西 幕下 #4
2–3 
1945年
(昭和20年)
x x 西 幕下 #8
休場
0–0–5
x x x
1946年
(昭和21年)
x x x x x x
1947年
(昭和22年)
x x x x x x
1948年
(昭和23年)
x x x x x x
1949年
(昭和24年)
x x x x x x
1950年
(昭和25年)
x x 西 幕下 #6
5–10 
x 西 幕下 #15
8–7 
x
1951年
(昭和26年)
東 幕下 #12
8–7 
x 西 幕下 #10
8–7 
x 東 幕下 #6
10–5 
x
1952年
(昭和27年)
東 十両 #15
9–6 
x 東 十両 #9
10–5 
x 西 十両 #3
8–7 
x
1953年
(昭和28年)
西 十両 #2
11–4 
東 前頭 #14
7–8 
西 前頭 #15
6–9 
x 西 前頭 #17
5–10 
x
1954年
(昭和29年)
西 十両 #1
11–4 
東 前頭 #17
3–12 
東 十両 #5
1–9–5 
x 西 十両 #16
12–3 
x
1955年
(昭和30年)
東 十両 #7
7–8 
西 十両 #8
5–10 
東 十両 #13
8–7 
x 西 十両 #9
5–10 
x
1956年
(昭和31年)
東 十両 #14
9–6 
西 十両 #9
8–7 
東 十両 #8
9–6 
x 西 十両 #4
9–6 
x
1957年
(昭和32年)
東 十両 #1
9–6 
東 前頭 #22
8–7 
東 前頭 #16
5–10 
x 東 前頭 #22
7–8 
西 前頭 #22
3–12 
1958年
(昭和33年)
西 十両 #4
8–7 
東 十両 #3
5–10 
西 十両 #7
6–9 
西 十両 #9
5–10 
西 十両 #14
8–7 
西 十両 #12
7–8 
1959年
(昭和34年)
東 十両 #14
6–9 
西 十両 #19
4–11 
東 幕下 #3
引退
0–0–8
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 御殿山(ごてんやま、1941年1月場所-1945年6月場所)
  • 東海(あずまうみ、1950年5月場所-1959年5月場所)

関連項目[編集]