若秩父高明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「若秩父髙明」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
若秩父 高明 Sumo pictogram.svg
Wakachichibu 1959 Scan10012.JPG
基礎情報
四股名 若秩父 高明
本名 加藤 高明
愛称 秩父の怪童・七人の侍・あんちゃん
ハイティーントリオ・ハイティーン三役
花籠七若・おひつ
生年月日 1939年3月16日
没年月日 (2014-09-16) 2014年9月16日(75歳没)
出身 埼玉県秩父郡高篠村(現:秩父市
出生地は朝鮮民主主義人民共和国咸鏡北道(日本統治下時代)
身長 175cm
体重 150kg
BMI 48.98
所属部屋 花籠部屋
得意技 左四つ、吊り、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 西関脇
生涯戦歴 570勝527敗5休(80場所)
幕内戦歴 367勝398敗(51場所)
優勝 十両優勝2回
幕下優勝1回
序二段優勝1回
敢闘賞2回
データ
初土俵 1954年5月場所[1]
入幕 1958年9月場所[1]
引退 1968年11月場所[1]
備考
金星3個(千代の山1個、栃ノ海2個)
2014年9月17日現在

若秩父 高明(わかちちぶ こうめい、1939年3月16日 - 2014年9月16日)は、埼玉県秩父郡高篠村(現:埼玉県秩父市)出身で、花籠部屋に所属した大相撲力士である。本名は加藤 高明(かとう こうめい)。最高位は西関脇1963年7月場所・同年9月場所)。現役時代の体格は175cm、150kg。得意手は左四つ、吊り、寄り[1]

本名は周囲から「たかあき」と読まれることが多いそうだが、本名・四股名共に読みは「こうめい」である。

来歴[編集]

1939年3月16日埼玉県秩父郡高篠村(現:埼玉県秩父市)の大日本帝国陸軍軍人の家に長男として生まれる。小学生の頃から大食いで体格が大きくなり、高篠中学校では相撲部に所属して毎日一升の飯を食い、秩父郡の相撲大会で活躍した。1954年埼玉県立秩父農工高等学校へ進学したが、ある休日に花籠部屋が2代花籠(住ノ江平五郎)の追善興行を行っていると聞いて見学に行くと、小部屋であるがゆえに間が持てないとして飛び入り参加を許された。何番が相撲を取った後に花籠から見い出されて勧誘され、相撲が好きだったので入門しようとするが母に反対された。しかし、2代花籠のを発見した張本人である地元の外科病院長と花籠がすぐに母を直接説得して入門を了承したため、中途退学して花籠部屋へ入門した。

1954年5月場所に於いて、15歳で初土俵を踏んだ。四股名は、故郷・埼玉県秩父と兄弟子の若乃花幹士(第45代横綱)から「若秩父」と命名され、序ノ口に付いてから引退するまでこの名で通した。

入門してからえびすこぶりは相変わらずであり、幕下時代は毎食どんぶり飯10杯を食べたという。若乃花幹士からの直々の指導は特に効果があり、また若秩父自身も稽古熱心であることから出世も順調で、1958年1月場所で新十両昇進。因みに、幕下通過までの間に45kgの増量を果たしたという。同年5月場所では富樫剛北葉山英俊明歩谷力伸玉響克己富士錦猛光若三杉彰晃と自身を加えた7人による十両優勝決定戦を制し、十両優勝を果たした。この時の7人は全員が若い有望力士だった[2]ことから、黒澤明監督の映画を捩って「7人の侍」と呼ばれた。

7人による十両優勝決定戦を制して十両優勝し、2場所後に新入幕を果たした若秩父は、新入幕の場所となった同年9月場所にていきなり12勝3敗と好成績を残す。この場所では、敢闘賞を受賞して注目された。当時19歳の若武者だったことから、同時に新入幕した富樫や豊ノ海義美と共に、「ハイティーン・トリオ」と呼ばれた[1]

1959年1月場所では横綱・千代の山雅信に引導を渡す金星を奪ったが、この取組は後に若秩父本人が停年退職前最後のテレビ出演となったNHK大相撲中継で向正面に座った際、「生涯最高の思い出の取組」として選択した。なお、この時の正面解説は、偶然にも千代の山(年寄・九重)の弟子であった北の富士勝昭だった。

この場所では10勝5敗と大きく勝ち越して2度目の敢闘賞を受賞し、翌場所に於いて19歳11ヶ月という若さで新小結に昇進し、史上初の10代の三役力士となった[1]

1960年5月場所では、優勝次点となる13勝2敗という好成績を残しながらも西前頭14枚目という低地位から、三賞を見送られた。[3]

巨腹を使っての吊り・寄り[1]と、どんな古参力士にも物怖じしない性格で素質にも恵まれ、さらに若乃花幹士からの熱心な指導とそれを受けて熱心に稽古に打ち込む姿勢から大関昇進を期待された。しかし、当時「力士の職業病」とも呼ばれていた糖尿病を患ったことで大関昇進どころか三役定着すら果たすことができず、その後は幕内の座を明け渡すこともあった。それでも禁酒・禁煙を実行し、食事もパン豆腐蜂蜜を食べる節制に努めて決して休場せずに再入幕を果たし、その姿は他の力士から模範とされた。さらに、ある年の11月場所で負け越し、ゲン直しとして中洲で飲酒している時に絡んできた泥酔客を軽く振り払おうとして吹っ飛ばしたことが「暴力」と報じられた鬱憤を晴らそうと、制限時間一杯の際に大量のを高々と撒き始めた。[4]この塩撒きは若秩父の入幕時点で既に幕内在位10年以上のベテランであり、指先で少量の塩を取って撒いていた出羽錦忠雄のそれと比較され、「塩などは 安いもんだと 若秩父」、「出羽錦 塩の値段を 知っており」と川柳にも詠まれたことがある。

1968年11月場所を最後に現役を引退し、年寄・関ノ戸を経て同・常盤山を襲名した。引退以来、花籠部屋付きの親方として後輩の指導に全力を尽くしたが、1985年12月の花籠部屋閉鎖によって部屋継承を辞退、放駒部屋へ移籍した。1998年には日本相撲協会監事(現:副理事)へ就任し、巡業部副部長も歴任した。

2004年3月場所中に65歳の誕生日を迎えた。本来は65歳の誕生日前日に停年退職するが、本場所開催期間中に誕生日を迎える場合はその場所の千秋楽まで親方として職務を続け、「千秋楽で停年に達した」という扱いとなるため、同場所の千秋楽を最後に停年退職した。

2014年9月16日午後6時45分、肝不全のため東京都三鷹市内の病院で死去。75歳没。[5]

主な戦績[編集]

  • 通算成績:570勝527敗5休 勝率.520
  • 幕内成績:367勝398敗 勝率.480
  • 現役在位:80場所
  • 幕内在位:51場所
  • 三役在位:6場所(関脇2場所、小結4場所)
  • 連続出場:1097回(1954年9月場所 - 1968年11月場所(10日目、引退))
  • 三賞:2回
    • 敢闘賞:2回(1958年9月場所、1959年1月場所)
  • 金星:3個(千代の山1個、栃ノ海2個)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:2回(1958年5月場所、1961年7月場所)
    • 幕下優勝:1回(1957年9月場所)
    • 序二段優勝:1回(1955年9月場所)

場所別成績[編集]

若秩父 高明
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1954年
(昭和29年)
x x 西番付外
2–4 
x 東序ノ口10枚目
5–3 
x
1955年
(昭和30年)
東序二段48枚目
4–4 
西序二段31枚目
4–4 
西序二段24枚目
5–3 
x 東序二段3枚目
優勝
8–0
x
1956年
(昭和31年)
東三段目59枚目
8–0 
西三段目8枚目
5–3 
東幕下68枚目
5–3 
x 東幕下62枚目
6–2 
x
1957年
(昭和32年)
東幕下46枚目
6–2 
東幕下30枚目
5–3 
西幕下24枚目
6–2 
x 東幕下13枚目
優勝
7–1
東幕下筆頭
5–3 
1958年
(昭和33年)
東十両24枚目
11–4 
西十両14枚目
11–4 
西十両6枚目
優勝
11–4
東十両筆頭
11–4 
西前頭18枚目
12–3
西前頭4枚目
7–8 
1959年
(昭和34年)
西前頭4枚目
10–5
西小結
2–13 
西前頭11枚目
8–7 
東前頭10枚目
9–6 
東前頭4枚目
7–8 
西前頭4枚目
6–9 
1960年
(昭和35年)
西前頭7枚目
7–8 
東前頭9枚目
5–10 
西前頭14枚目
13–2 
東前頭4枚目
8–7
西前頭筆頭
4–11 
西前頭8枚目
6–9 
1961年
(昭和36年)
西前頭12枚目
7–8 
西前頭12枚目
4–11 
西十両筆頭
8–7 
東十両筆頭
優勝
13–2
西前頭9枚目
7–8 
東前頭10枚目
10–5 
1962年
(昭和37年)
東前頭5枚目
11–4 
東前頭筆頭
11–4 
東小結
5–10 
東前頭4枚目
9–6 
東小結
5–10 
西前頭3枚目
6–9 
1963年
(昭和38年)
東前頭6枚目
8–7 
西前頭2枚目
9–6 
東小結
11–4 
西関脇
8–7 
西関脇
5–10 
東前頭2枚目
7–8 
1964年
(昭和39年)
東前頭3枚目
7–8 
東前頭3枚目
2–13 
東前頭12枚目
10–5 
東前頭5枚目
2–13
西前頭13枚目
10–5 
東前頭7枚目
11–4 
1965年
(昭和40年)
東前頭3枚目
5–10 
東前頭7枚目
10–5 
西前頭筆頭
6–9 
西前頭3枚目
8–7 
西前頭2枚目
4–11 
西前頭8枚目
6–9 
1966年
(昭和41年)
西前頭13枚目
9–6 
東前頭10枚目
9–6 
東前頭6枚目
6–9 
西前頭8枚目
8–7 
西前頭5枚目
5–10 
西前頭8枚目
5–10 
1967年
(昭和42年)
東十両筆頭
10–5 
東前頭13枚目
8–7 
西前頭12枚目
5–10 
東十両4枚目
9–6 
西十両筆頭
8–7 
西前頭11枚目
4–11 
1968年
(昭和43年)
西十両3枚目
5–10 
東十両9枚目
8–7 
東十両7枚目
7–8 
西十両8枚目
8–7 
東十両5枚目
3–12 
西十両12枚目
引退
1–9–5
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 若秩父 高明(わかちちぶ こうめい)1954年9月場所 - 1959年3月場所、1960年5月場所 - 1963年11月場所、1966年11月場所 - 1968年11月場所
  • 若秩父 清邦(- きよくに)1959年5月場所 - 1960年3月場所
  • 若秩父 浩之(- ひろゆき)1964年1月場所 - 1966年9月場所

年寄変遷[編集]

  • 関ノ戸 高明(せきのと こうめい)1968年11月 - 1969年1月
  • 常盤山 高明(ときわやま - )1969年1月 - 2004年3月(停年退職)

著書[編集]

  • 『若秩父ーッ。○●の世界を生きて50年』(2004年、上毛新聞社、ISBN4880588873)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p24
  2. ^ 平幕止まりの玉響以外は全員が後に名力士と呼ばれ、富樫(柏戸)・北葉山・若三杉(大豪)・冨士錦(富士錦)の4人が幕内優勝を果たしたほか、明歩谷(明武谷)も優勝こそ無いものの決定戦には2度出場した。その後、富樫は横綱、北葉山は大関昇進を果たし、若秩父・若三杉・明歩谷の3人は関脇、冨士錦も小結まで出世している。
  3. ^ この場所の三賞受賞者は、殊勲賞が若三杉、敢闘賞が大鵬、技能賞が柏戸であった。同部屋の後輩でもある若三杉は、西前頭4枚目の地位で14勝を挙げて優勝を果たした上、金星も1つ獲得していた。大鵬は東前頭6枚目の地位で11勝4敗と大勝ちし、金星を1つ獲得していた(当時は系統別総当たり制度を採用しており、ニ所ノ関一門の場合は幕内力士が多く在籍していた関係上この地位で横綱戦が組まれることも十分に有り得た)。柏戸は、西関脇の地位で10勝5敗という成績を残していた。
  4. ^ 若秩父は新入幕の1958年から、九州場所には三場所連続で負け越している(九州場所開催は1957年11月からで、この年は東幕下筆頭で勝ち越し)が、同59年5月公開の小津安二郎監督作品「お早よう」で、同年初場所千秋楽の北の洋戦のテレビ画面(実は相撲協会映画部撮影のフィルム)が映し出され、アナウンサーが「塩を高々と撒き上げ」云々と実況している。したがって、このエピソードが事実とすれば、暴力報道事件は1958年九州場所後で、塩を多量に撒きだしたのは翌場所のこの1959年初場所からということになる。
  5. ^ 元関脇若秩父 加藤 高明氏 東京新聞 2014年9月17日(2014年9月17日閲覧)

参考文献[編集]

  • 『土俵の修羅』(著者:石井代蔵新潮文庫刊、1985年)p160-p167 「ライバル列伝:負けたくないあまり、食いすぎた男 若三杉と若秩父」(花籠部屋)
  • 『大関にかなう』(著者:石井代蔵、文春文庫刊、1988年)p225-p286 「腹がいっぱい 若秩父」
  • 『戦後新入幕力士物語 第二巻』(著者:佐竹義惇、ベースボール・マガジン社刊、1990年)p216-p227
  • 『大相撲杉並場所展 : 阿佐ケ谷勢その活躍と栄光の歴史』(杉並区立郷土博物館編、1991年
  • 『若秩父ーッ。 : 〇●の世界を生きて50年』(著者:常盤山・加藤高明、上毛新聞社出版局 編、2004年
  • 『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』 ベースボールマガジン社、2017

関連項目[編集]