1967年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

< 1967年 | 1967年のスポーツ

1967年の相撲(1967ねんのすもう)は、1967年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月29日 - 1月場所で横綱大鵬幸喜が2度目の6連覇達成。また5度目の全勝優勝も達成[1][2]
  • 1月31日 - 元横綱千代の山の九重親方が出羽海部屋から独立、九重部屋を創設。大関北の富士ら10人が同行する。同時に出羽海一門から破門される[1][2]
  • 2月1日 - 元横綱栃ノ海が年寄名を中立に名跡変更[1][2]
  • 2月4日 - 第1回NHK慈善大相撲(現・NHK福祉大相撲)が蔵前国技館で開催される[3][1]
  • 3月2日 - 3月場所の番付が発表され、高見山が十両に昇進、外国出身外国籍として初の関取になる[4][2]
  • 3月16日 - 3月場所5日目、横綱大鵬は前頭3枚目の淺瀬川に敗れ、34連勝でストップ[4][2]
  • 3月25日 - 1月場所後独立した九重部屋が高砂一門に入る。独立直後の3月場所では幕内で北の冨士、十両で松前山とダブル優勝[4][2]
  • 4月23日 - 片男波部屋で弟子11人が集団脱走事件[4][2]
  • 5月6日 - 5月場所の番付が発表。今場所から幕内が6人減って34人、十両が10人減って26人を定員とする。このため新入幕も新十両もなし。十両で勝ち越しの前田川・安芸の國・嵐山が幕下へ転落[5][2]
  • 5月21日 - 5月場所8日目、昭和天皇、皇后観戦[5][2]
  • 7月2日 - 7月場所初日の麒麟児-豊國戦の勝負判定などに関し、理事長が勝負検査役に注意[2]
  • 7月9日 - 7月場所8日目に青ノ里が連続1000回出場で表彰[6][2]
  • 7月19日 - 元関脇鶴ヶ嶺引退、年寄君ヶ浜襲名[6][2]
  • 9月27日 - 場所後の番付編成会議で琴櫻の大関昇進決定[6][2]
  • 10月8日 - 大阪準本場所(~22日)、横綱柏戸優勝。この場所の収益の一部を万国博に寄付[6][2]
  • 12月13日 - 沖縄巡業(~17日)[6][2]
  • 12月23日 - 相撲協会の機構改革が決定。理事15名を10名に減らし、取締制を廃止。勝負検査役が任命制となり、弟子養成の年寄は除外、審判部を設置。指導普及部を強化。上位力士らに研修会を開催[6][2]

本場所[編集]

  • 一月場所(蔵前国技館・15日~29日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(15戦全勝,24回目)
     殊勲賞-麒麟児、敢闘賞-明武谷、技能賞-豊國
    十両優勝 : 陸奥嵐幸雄(11勝4敗)
  • 三月場所(大阪府立体育館・12日~26日)
    幕内最高優勝 : 北の富士勝昭(14勝1敗,初)
     殊勲賞-藤ノ川、敢闘賞-陸奥嵐、技能賞-藤ノ川
    十両優勝 : 松前山武士(12勝3敗)
  • 五月場所(蔵前国技館・14日~28日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(14勝1敗,25回目)
     殊勲賞-麒麟児、敢闘賞-長谷川、技能賞-麒麟児
    十両優勝 : 天水山正則(12勝3敗)
  • 七月場所(愛知県体育館・2日~16日)
    幕内最高優勝 : 柏戸剛(14勝1敗,5回目)
     殊勲賞-長谷川、敢闘賞-琴櫻、技能賞-若浪
    十両優勝 : 若二瀬唯之(12勝3敗)
  • 九月場所(蔵前国技館・10日~24日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(15戦全勝,26回目)
     殊勲賞-琴櫻、敢闘賞-海乃山
    十両優勝 : 栃東知頼(12勝3敗)
  • 十一月場所(福岡スポーツセンター・12日~26日)
    幕内最高優勝 :佐田の山晋松(12勝3敗,5回目)
     殊勲賞-海乃山、敢闘賞-福の花
    十両優勝 : 若ノ國豪夫(12勝3敗)
  • 年間最優秀力士賞:大鵬幸喜(70勝6敗14休)
  • 年間最多勝:大鵬幸喜(70勝6敗14休)・柏戸剛(70勝20敗)

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 『激動の昭和スポーツ史』, p. 72
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『大相撲戦後70年史』, p. 63
  3. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'67』日本放送出版協会、1967年、178頁。 
  4. ^ a b c d 『激動の昭和スポーツ史』, p. 73
  5. ^ a b 『激動の昭和スポーツ史』, p. 74
  6. ^ a b c d e f 『激動の昭和スポーツ史』, p. 75
  7. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 217頁
  8. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 229頁
  9. ^ a b 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 225頁
  10. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 233頁
  11. ^ 「令和3年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑」『相撲』2021年5月号別冊付録、ベースボール・マガジン社、 38頁。
  12. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 228頁
  13. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 227頁
  14. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 59頁
  15. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 102頁
  16. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 30頁
  17. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 42頁
  18. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 54頁
  19. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 73頁
  20. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 11頁
  21. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 39頁

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『激動の昭和スポーツ史 12 相撲 下』ベースボール・マガジン社、1989年。 
  • 『大相撲「戦後70年史」 : 1945-2015 : 永久保存版』ベースボール・マガジン社、2015年。ISBN 978-4-583-62292-7