芳野嶺元志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
芳野嶺(1958年ごろ)

芳野嶺 元志(よしのみね もとし、1931年7月7日-2012年2月17日)は、青森県東津軽郡後潟村(現・同県青森市小橋)出身で、友綱部屋(入門から1961年5月場所前までは、高嶋部屋)に所属した大相撲力士である。本名は山口 政志(やまぐち まさし)。得意手は左四つ、ハズ押し、寄り。身長173cm、体重96kg。自己最高位は、東前頭8枚目(1958年9月場所)。

来歴・人物[編集]

同郷であった当時の高嶋親方(元前頭4・八甲山)と、彼の弟子で同じく同郷の眺望山(後の神錦)を頼って、16歳の時に角界入り。

その切っ掛けとなったのは、1947年6月に岩手県和賀郡黒沢尻町(現在の同県北上市)で行われた巡業であった。

同年11月場所にて初土俵を踏み、1948年5月、「八潟錦」の四股名で序ノ口に付いた。

巧くハズ押しで出る取り口で、腕力は無かったが、土俵際で残すのが巧かった。

1954年1月場所で十両昇進、1955年5月場所で新入幕を果たした。

小兵であった事も災いして幕内上位には上がれなかったものの、中位から十両の地位に於いて、長い間活躍した。

十両との往復を幾度も繰り返し、入幕は、引退までに計8度を数えた。

そのため、三賞受賞も、金星・銀星獲得も無い(横綱・大関に当たる地位への進出も、果たせなかった)。

1964年1月場所限りで引退すると、暫くの間は友綱部屋付きの年寄熊ヶ谷として後進の指導に当たった。

しかし、長男・芳則(よしのり)の友綱部屋への入門を契機に、1978年5月場所後に熊ヶ谷部屋を興した。

1982年9月には、健康を害して部屋経営を断念した元大関・三根山隆司の高嶋部屋(熊ヶ谷部屋から見れば、本家筋に当たる)の力士(後の関脇・高望山など)を引き受けた。

なお、高望山は1990年11月場所限りで現役引退後、年寄・高嶋を襲名。数年後には独立して、同部屋を再興している。

停年を2ヵ月後に控えた1996年5月場所を以て部屋を閉鎖し、所属力士らは同じ立浪・伊勢ヶ濱連合の立浪部屋に移籍した。

長男は「芳玉山(ほうぎょくやま)」の四股名で幕下まで昇進したものの、親子2代にわたっての関取昇進は成らなかった。

日本相撲協会を退職後は、糖尿病から腎臓病を発症し、2010年夏頃からは人工透析を受けていた。

2011年以降は入院して治療を続けていたが、2012年2月17日16時51分、脳梗塞のため入院先の千葉市若葉区内の病院にて亡くなった。80歳没。[1]

主な戦績[編集]

  • 通算成績:503勝509敗27休(72場所、勝率.497)
  • 幕内成績:157勝215敗18休(26場所、勝率.422)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1961年1月場所)
    • 幕下優勝:1回(1953年1月場所)

場所別成績[編集]

                                                        

芳野嶺 元志
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1947年
(昭和22年)
x x x x x 東 新序
1–4 
1948年
(昭和23年)
x x 西 序ノ口 #7
2–4 
x x 西 序二段 #27
3–3 
1949年
(昭和24年)
東 序二段 #14
7–5 
x 西 三段目 #26
5–10 
x 西 三段目 #30
8–7 
x
1950年
(昭和25年)
西 三段目 #22
10–5 
x 西 三段目 #5
9–6 
x 東 幕下 #28
6–9 
x
1951年
(昭和26年)
西 三段目 #2
9–6 
x 東 幕下 #24
7–8 
x 東 幕下 #25
8–7 
x
1952年
(昭和27年)
東 幕下 #19
8–7 
x 東 幕下 #18
5–10 
x 東 幕下 #27
7–8 
x
1953年
(昭和28年)
西 幕下 #27
優勝
13–2
東 幕下 #3
3–5 
東 幕下 #6
6–2 
x 東 幕下 #2
5–3 
x
1954年
(昭和29年)
西 十両 #22
9–6 
西 十両 #14
6–9 
西 十両 #19
10–5 
x 西 十両 #13
8–7 
x
1955年
(昭和30年)
東 十両 #9
9–6 
西 十両 #4
11–4 
西 前頭 #16
6–9 
x 東 前頭 #19
8–7 
x
1956年
(昭和31年)
東 前頭 #17
8–7 
東 前頭 #14
9–6 
西 前頭 #10
8–7 
x 東 前頭 #10
8–7 
x
1957年
(昭和32年)
西 前頭 #8
4–11 
東 前頭 #13
4–11 
東 前頭 #17
2–10–3 
x 東 十両 #4
8–7 
東 十両 #1
9–6 
1958年
(昭和33年)
東 前頭 #18
9–6 
西 前頭 #15
7–8 
西 前頭 #15
9–6 
西 前頭 #9
8–7 
東 前頭 #8
7–8 
東 前頭 #10
4–11 
1959年
(昭和34年)
西 前頭 #15
7–8 
東 前頭 #16
5–10 
西 十両 #2
9–6 
東 十両 #1
10–5 
西 前頭 #17
5–10 
西 十両 #5
9–6 
1960年
(昭和35年)
東 十両 #2
9–6 
西 前頭 #13
4–11 
東 十両 #3
11–4 
西 前頭 #13
7–8 
東 前頭 #13
4–11 
西 十両 #3
4–11 
1961年
(昭和36年)
西 十両 #9
優勝
11–4
東 十両 #3
9–6 
東 前頭 #13
8–7 
東 前頭 #12
休場
0–0–15
西 十両 #6
4–11 
西 十両 #17
8–7 
1962年
(昭和37年)
東 十両 #12
10–5 
西 十両 #3
10–5 
東 前頭 #14
5–10 
西 十両 #3
10–5 
西 前頭 #14
8–7 
西 前頭 #12
3–12 
1963年
(昭和38年)
西 十両 #3
7–8 
西 十両 #4
6–9 
西 十両 #6
7–8 
西 十両 #7
5–10 
西 十両 #15
8–7 
西 十両 #15
7–5–3 
1964年
(昭和39年)
西 十両 #16
引退
1–9–5
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 八潟錦 政志(やがたにしき まさし)1948年5月場所-1951年9月場所
  • 芳野山 政志(よしのやま -)1952年1月場所
  • 芳野山 政司(- まさし)1952年5月場所
  • 芳野嶺 元志(よしのみね もとし)1952年9月場所-1964年1月場所

年寄変遷[編集]

  • 熊ヶ谷 元志(くまがたに もとし)1964年1月-1981年7月
  • 熊ヶ谷 泰輔(- やすすけ)1981年7月-1996年7月(停年退職)

脚注[編集]

  1. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年6月号(夏場所総決算号) 135頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]