八染茂雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

八染 茂雄(やそめ しげお、1929年7月1日-1983年8月17日)は、栃木県足利市朝倉町出身で、春日野部屋に所属した大相撲力士である。本名は、四股名と同じく八染 茂雄(やそめ しげお)。現役時代の体格は172cm、93kg。得意手は左四つ、寄り、上手捻り。最高位は東前頭16枚目(1957年3月場所)。

来歴・人物[編集]

栃木県立足利工業学校(現・栃木県立足利工業高校)を卒業後、食糧公団勤務を経て春日野部屋に入門し、1949年10月場所で初土俵を踏んだ。

同場所では番付外と新序でそれぞれ好成績を残したため、翌年1月場所の番付では序ノ口を飛び越し、序二段四股名が載った。

なお、当初より、本名でもある「八染」を名乗った(以後は「栃木岩」に改名した時期もあったが、2年足らずで元の「八染」に再改名している)。

因みに、当時の同部屋の師匠は、同郷でもある元横綱・栃木山守也であった。

この頃、春日野部屋には栃錦鳴門海らの先輩がおり、彼らの優れた指導もあってか出世は早かった。

だが、幕下にいた頃に両膝を負傷し、その後は一時低迷した。

軽量(最高で93kg)の小兵であったためか、上位には進出できなかった。しかし、春日野部屋伝統の技能派力士として活躍した。

1954年5月場所にて十両昇進、1956年5月場所で入幕を果たし、後に師匠となる横綱・栃錦清隆の露払いを務めた時期もあった。

1955年3月場所中、悪い相撲を取って帰った際に、真っ暗い部屋に電気もつけないで座っているところを栃錦が飲みに連れて行き、それから8連勝した事がある[1]

左四つ相撲の取り手であったが、ツラ相撲の傾向が見られた。

十両時代には、後の横綱・大鵬に連勝した事がある(1959年7月場所、同年9月場所)。

現役晩年は長く十両で相撲を取り、1962年5月場所後、幕下に落ちた事を契機に廃業

その後は帰郷し、衣料品店を営んだ。

1983年8月17日、逝去。享年54。

主な成績・記録[編集]

  • 幕内在位:12場所
  • 幕内成績:77勝103敗(勝率.428)
  • 現役在位:57場所
  • 通算成績:398勝403敗11休(勝率.497)
  • 各段優勝

四股名の変遷[編集]

  • 八染 茂雄(やそめ しげお)1950年1月場所-1951年1月場所
  • 栃木岩 茂雄(とちぎいわ -)1951年5月場所-1952年5月場所
  • 八染 茂雄(やそめ -)1952年9月場所-1962年5月場所

参考文献[編集]

  • 『戦後新入幕力士物語 第2巻』(著者:佐竹義惇、発行元:ベースボール・マガジン社、p105-p108)
  • 『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋』(発行元:ベースボール・マガジン社、2017年、B・B・MOOK)

脚注[編集]

  1. ^ 『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』p60


関連項目[編集]