荒岐山正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒岐山 正 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 永野 正 → 美濃錦 正 → 美乃錦 正 → 荒岐山 正 → 新岐山 正
本名 永野 正
生年月日 1940年1月5日
没年月日 (1986-09-05) 1986年9月5日(46歳没)
出身 岐阜県岐阜市弥八町
身長 177cm
体重 142kg
BMI 45.33
所属部屋 時津風部屋
得意技 左四つ、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位前頭11枚目
生涯戦歴 229勝205敗43休 (45場所)
幕内戦歴 22勝37敗16休 (5場所)
優勝 十両優勝2回
幕下優勝1回
データ
初土俵 1955年3月場所
入幕 1961年3月場所
引退 1963年5月場所
引退後 ちゃんこ料理屋「新岐山」を経営
備考
2019年7月22日現在

荒岐山 正(あらきやま ただし、本名:永野 正(ながの ただし)、1940年1月5日-1986年9月5日)は、岐阜県岐阜市弥八町出身(出生地は徳島県徳島市)で、かつて時津風部屋に所属した力士である。最高位は東前頭11枚目(1962年5月場所)。現役時代の体格は177cm、142kg。得意手は左四つ、寄り[1]

来歴・人物[編集]

中学校卒業後、時津風部屋へ入門し、1955年3月場所で初土俵を踏んだ[1]

その後、1960年5月場所で十両昇進、1961年3月場所で入幕を果たした[1]

しかし、新入幕時に右足を骨折する等、負傷に悩まされた[1]。幕内では結局、1度も勝ち越す事ができなかった。

現役晩年は幕下まで陥落し、1963年5月場所限り、23歳の若さで廃業[1]

廃業後は故郷・岐阜市で、ちゃんこ料理屋「新岐山」を経営していた[1]

1986年9月5日午前0時半頃、岐阜市内の忠節橋から転落。近くの病院に搬送されたものの、同日午前5時5分、全身打撲により逝去した。46歳没。

主な戦績[編集]

  • 通算成績:229勝205敗43休 勝率.528
  • 幕内成績:22勝37敗16休 勝率.373
  • 現役在位:45場所
  • 幕内在位:5場所
  • 各段優勝
    • 十両優勝:2回(1960年9月場所、1962年1月場所)
    • 幕下優勝:1回(1959年11月場所)

場所別成績[編集]

        
荒岐山 正
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1955年
(昭和30年)
x (前相撲) 西序ノ口18枚目
4–4 
x 西序二段92枚目
3–5 
x
1956年
(昭和31年)
東序二段90枚目
3–5 
西序二段96枚目
3–5 
東序二段93枚目
0–1–7 
x 東序ノ口2枚目
5–3 
x
1957年
(昭和32年)
東序二段72枚目
4–4 
西序二段61枚目
6–2 
東序二段10枚目
6–2 
x 西三段目70枚目
3–5 
東三段目76枚目
5–3 
1958年
(昭和33年)
東三段目62枚目
7–1 
西三段目21枚目
5–3 
東三段目12枚目
4–4 
東三段目9枚目
休場
0–0–8
東三段目30枚目
5–3 
東三段目20枚目
3–5 
1959年
(昭和34年)
東三段目29枚目
5–3 
東三段目16枚目
7–1 
東幕下78枚目
5–3 
西幕下65枚目
6–2 
西幕下55枚目
5–3 
東幕下44枚目
優勝
8–0
1960年
(昭和35年)
西幕下5枚目
4–4 
西幕下筆頭
5–3 
東十両17枚目
8–7 
西十両16枚目
7–8 
西十両16枚目
優勝
12–3
東十両3枚目
8–7 
1961年
(昭和36年)
西十両2枚目
11–4 
東前頭12枚目
6–8–1[2] 
西前頭14枚目
3–12 
西十両5枚目
5–10 
西十両7枚目
5–10 
西十両12枚目
10–5 
1962年
(昭和37年)
西十両3枚目
優勝
12–3
西前頭12枚目
7–8 
東前頭11枚目
6–9 
東前頭14枚目
休場[3]
0–0–15
東十両8枚目
3–12 
西十両18枚目
10–5 
1963年
(昭和38年)
西十両6枚目
1–9–5 
東十両18枚目
4–11 
東幕下5枚目
引退
0–0–7
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 永野 正(ながの ただし、1955年5月場所)
  • 美濃錦 正(みのにしき -、1955年9月場所-1956年5月場所)
  • 美乃錦 正(みのにしき -、1956年9月場所-1958年11月場所)
  • 荒岐山 正(あらきやま -、1959年1月場所-1962年7月場所)
  • 新岐山 正(あらきやま -、1962年9月場所-1963年5月場所)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p26
  2. ^ 右脛骨亀裂骨折により14日目から途中休場
  3. ^ 右膝関節捻挫により全休

関連項目[編集]