荒岐山正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒岐山 正(あらきやま ただし、本名:永野 正(ながの ただし)、1940年1月5日-1986年9月5日)は、岐阜県岐阜市弥八町出身(出生地は徳島県徳島市)で、かつて時津風部屋に所属した力士である。最高位は東前頭11枚目(1962年5月場所)。現役時代の体格は177cm、142kg。得意手は左四つ、寄り[1]

来歴・人物[編集]

中学校卒業後、時津風部屋へ入門し、1955年3月場所で初土俵を踏んだ[1]

その後、1960年5月場所で十両昇進、1961年3月場所で入幕を果たした[1]

しかし、新入幕時に右足を骨折する等、負傷に悩まされた[1]。幕内では結局、1度も勝ち越す事ができなかった。

現役晩年は幕下まで陥落し、1963年5月場所限り、23歳の若さで廃業[1]

廃業後は故郷・岐阜市で、ちゃんこ料理屋「新岐山」を経営していた[1]

1986年9月5日午前0時半頃、岐阜市内の忠節橋から転落。近くの病院に搬送されたものの、同日午前5時5分、全身打撲により逝去した。46歳没。

主な戦績[編集]

  • 幕内成績:22勝37敗16休 勝率.373
  • 幕内在位:5場所
  • 通算成績:229勝205敗43休 勝率.528
  • 現役在位:45場所
  • 各段優勝
    • 十両優勝:2回(1960年9月場所、1962年1月場所)
    • 幕下優勝:1回(1959年11月場所)

改名歴[編集]

  • 永野(ながの、1955年5月場所)
  • 美濃錦(みのにしき、1955年9月場所-1956年5月場所)
  • 美乃錦(みのにしき、1956年9月場所-1958年11月場所)
  • 荒岐山(あらきやま、1959年1月場所-1962年7月場所)
  • 新岐山(あらきやま、1962年9月場所-1963年5月場所)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p26

関連項目[編集]