若ノ海周治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
若ノ海 周治 Sumo pictogram.svg
Wakanoumi 1958 Scan10006.JPG
基礎情報
四股名 南秋山 → 若ノ海 周治 → 荒岩 周治 → 荒岩 亀之助 → 若ノ海 正照 → 若ノ海 照正 → 若ノ海 正照
本名 鎌田 周治
生年月日 1931年2月2日[1]
没年月日 (1999-05-03) 1999年5月3日(68歳没)
出身 秋田県南秋田郡井川町
身長 169cm
体重 114kg
BMI 39.91
所属部屋 芝田山部屋(のちに花籠部屋
得意技 左四つ、掛け投げ、内掛け、出し投げ、渡し込み
成績
現在の番付 引退
最高位 小結
生涯戦歴 482勝451敗1分21休(67場所)
幕内戦歴 335勝368敗1分16休(48場所)
優勝 十両優勝1回
幕下優勝1回
敢闘賞2回
技能賞1回
データ
初土俵 1949年10月場所[1]
入幕 1955年3月場所[1]
引退 1963年11月場所[1]
引退後 年寄音羽山
備考
金星6個(鏡里2個、栃錦2個、吉葉山1個、朝潮1個)
2013年9月9日現在

若ノ海 周治(わかのうみ しゅうじ、1931年2月2日 - 1999年5月3日)は、秋田県南秋田郡井川町出身で花籠部屋に(入門時は二所ノ関部屋、その後師匠の独立により転籍)所属していた大相撲力士。最高位は東小結(1960年3月場所)。本名は鎌田 周治(かまた しゅうじ)。現役時代の体格は169cm、114kg。得意手は左四つ、掛け投げ、内掛け、出し投げ、渡し込み。引退後は年寄として、後進の指導に尽力した[1]

来歴[編集]

1949年10月場所、二所ノ関部屋から初土俵をふむ。大ノ海久光の内弟子であったので、大ノ海が引退して芝田山部屋(のちに花籠部屋に名称変更する)を興すと、兄弟子の若乃花とともに移籍した[1]。移籍したばかりの1952年9月場所には13勝2敗の好成績で幕下優勝をかざり、部屋の出発に花を添えた。

若乃花の猛稽古の相手をして実力を増し、1955年3月場所に新入幕、11勝4敗の好成績でいきなり敢闘賞を受賞すると、翌場所も11勝4敗の好成績で2場所連続で敢闘賞を受賞し、初めて上位に進出した1955年9月場所では4勝11敗と大きく負け越したが、横綱吉葉山を初顔で破って初金星を挙げている。その後も幕内上位に定着し、1959年11月場所では12勝を挙げて技能賞を獲得している[1]。特に大関松登には圧倒的に強く、通算で9勝3敗と大きく勝ち越しており、松登が大関にいた頃は1957年11月場所の一度の対戦のみだが下手捻りで勝利しており、松登が大関を陥落した後は顔が合う度にカモにしていた。また横綱朝潮にも4勝8敗、横綱・鏡里には2勝3敗と健闘している。170cmにも満たない小兵力士であったが、懐に深く入っての掛け投げを得意とした[1]。幕内上位で12勝3敗の好成績を挙げたり、小結で勝ち越していながら最高位は小結にとどまったが、長く幕内で活躍し、花籠部屋のその後の興隆に貢献した。

1963年11月場所限りで引退し、その後は年寄・音羽山として後進の指導に努め、停年まで日本相撲協会に在籍した。なお、1957年1月場所から1958年3月場所まで荒岩を名乗っていた。

1999年5月3日、逝去。68歳没。

主な成績[編集]

  • 通算成績:482勝451敗1分21休 勝率.517
  • 幕内成績:335勝368敗1分16休 勝率.477
  • 現役在位:67場所
  • 幕内在位:48場所[1]
  • 三役在位:3場所(小結3場所)
  • 三賞:3回
    • 敢闘賞:2回 (1955年3月場所、1955年5月場所)
    • 技能賞:1回 (1959年11月場所)
  • 金星:6個(鏡里2個、栃錦2個、吉葉山1個、朝潮1個)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回 (1954年5月場所)
    • 幕下優勝:1回 (1952年9月場所)

場所別成績[編集]

若ノ海周治
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1949年
(昭和24年)
x x x x x 東 番付外
3–3 
1950年
(昭和25年)
西 序ノ口 #5
12–3 
x 西 序二段 #4
7–8 
x 東 序二段 #5
9–6 
x
1951年
(昭和26年)
東 三段目 #34
7–8 
x 西 三段目 #34
11–4 
x 東 三段目 #6
3–7–5 
x
1952年
(昭和27年)
東 三段目 #25
5–3 
x 東 三段目 #11
6–2 
x 東 幕下 #33
優勝
13–2
x
1953年
(昭和28年)
東 幕下 #13
10–5 
東 幕下 #4
5–3 
西 幕下 #2
4–4 
x 西 幕下 #1
5–3 
x
1954年
(昭和29年)
西 十両 #21
9–6 
西 十両 #13
10–5 
東 十両 #7
優勝
13–2
x 西 十両 #2
7–8 
x
1955年
(昭和30年)
東 十両 #3
11–4 
西 前頭 #17
11–4
東 前頭 #11
11–4
x 西 前頭 #3
4–11
x
1956年
(昭和31年)
西 前頭 #8
9–6 
東 前頭 #3
5–10 
西 前頭 #7
4–11 
x 西 前頭 #15
10–5 
x
1957年
(昭和32年)
西 前頭 #4
6–9
西 前頭 #7
5–7–3[2] 
西 前頭 #10
8–7 
x 西 前頭 #7
11–4 
西 小結
5–10 
1958年
(昭和33年)
西 前頭 #3
5–8–2[3]
西 前頭 #6
6–9 
西 前頭 #9
6–9 
西 前頭 #14
10–5 
西 前頭 #9
9–6 
西 前頭 #5
7–8 
1959年
(昭和34年)
西 前頭 #6
9–6
東 前頭 #3
7–6–2[4] 
西 前頭 #3
5–10 
東 前頭 #7
6–9 
東 前頭 #10
10–5 
西 前頭 #2
12–3
1960年
(昭和35年)
東 張出小結
8–7 
東 小結
6–9 
西 前頭 #3
7–8 
西 前頭 #4
7–8 
東 前頭 #3
9–6 
東 前頭 #1
5–10
1961年
(昭和36年)
東 前頭 #5
6–9 
東 前頭 #7
4–11 
西 前頭 #12
9–6 
西 前頭 #8
8–7 
東 前頭 #5
4–11 
西 前頭 #11
7–8 
1962年
(昭和37年)
西 前頭 #12
8–7 
西 前頭 #11
7–6–2[5] 
東 前頭 #9
6–9 
西 前頭 #12
8–7 
西 前頭 #8
9–6 
西 前頭 #2
6–9 
1963年
(昭和38年)
西 前頭 #5
5–10 
東 前頭 #8
8–7 
東 前頭 #5
4–11 
西 前頭 #10
9–6 
西 前頭 #4
2–12
(引分1)
 
西 前頭 #13
引退
2–6–7[6]
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名暦[編集]

  • 南秋山(なんしゅうざん) 1948年10月場所-1951年1月場所
  • 若ノ海 周治(わかのうみ しゅうじ) 1951年5月場所-1956年9月場所
  • 荒岩 周治(あらいわ-) 1957年1月場所
  • 荒岩 亀之助(-かめのすけ) 1957年3月場所-1958年3月場所
  • 若ノ海 正照(-まさてる) 1958年5月場所-1958年9月場所
  • 若ノ海 照正(-てるまさ) 1958年11月場所
  • 若ノ海 正照(-まさてる) 1959年1月場所-1963年11月場所

年寄変遷[編集]

  • 音羽山 竜宝 (1963年11月-1996年2月)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p26
  2. ^ 右腹部強打・腎臓内出血により12日目から途中休場
  3. ^ 左胸部強打により5日目から途中休場、8日目から再出場
  4. ^ 右足人差指~小指関節捻挫により7日目から途中休場、10日目から再出場
  5. ^ リューマチ性関節炎により初日から休場、3日目から出場
  6. ^ 急性腎臓炎により8日目から途中休場