大ノ海久光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大ノ海 久光(おおのうみ ひさみつ、1916年3月20日 - 1981年9月20日 )は、元大相撲力士、元花籠親方。最高位は前頭3枚目。秋田県南秋田郡井川町生まれ。本名は中島 久光(旧姓工藤)。現役時代の体格は176cm、99kg。得意手は左四つ、寄り[1]

人物[編集]

兵役を経て、現役横綱で二枚鑑札玉錦二所ノ関部屋に入門し、若ノ花四股名1937年1月場所で初土俵を踏む[1]。20歳という遅いスタートであった。幕下時代に大ノ海と改名、1943年1月場所新十両1944年11月場所新入幕[1]。軽量であったが力は強かった。しかし、決め技がなく相撲の遅いタイプだった。稽古が嫌いでカレーを食べることだけが楽しみという無欲な性格も出世を妨げたと言われている[要出典]

目立った活躍の少なかった現役時代とは対照的に、弟子育成に手腕を発揮し大きな功績を残す。現役中の1948年に「大ノ海道場」を設立し内弟子を育成[2]1952年5月場所の引退後(番付上、実質は同年1月場所引退[1])は芝田山部屋を興し、のちに名跡を替え花籠部屋に変更。若い頃の四股名を譲った若乃花を筆頭に2横綱(もう1人は輪島)1大関魁傑)を含め、三役以上を8人など関取(十両以上)を27人育てた。花籠部屋のみならず、分家独立した二子山部屋放駒部屋からは横綱・大関以下大勢の関取を輩出したことから阿佐ヶ谷勢と称される一大勢力を築き上げた[3]。特に1961年9月場所から1962年1月場所にかけては現役幕内力士7人「花籠七若」を擁した[2]協会理事としても春日野理事長の下で事業部長を務めるなど長きに渡って活躍した。1981年、停年(定年)の10日前に弟子で娘婿(後に解消)の輪島に部屋を譲るため廃業(退職)した。後見として輪島を支える間も僅か、膵臓癌により同年9月に逝去。享年65。従五位勲四等瑞宝章を追贈される。9月場所後の輪島の引退相撲断髪式では、土俵上で遺族が輪島の傍らに立ち、大ノ海の遺影を掲げ、二子山が止め鋏を入れた。

1951年アメリカ巡業中にプロレスから勧誘されたことも知られているが、自身の四股名を譲った弟子大ノ海敬士が引退後にプロレスラーになったことも因縁めいている。息子(本名:中島克治)も大ノ海の四股名で幕下力士だった。アメリカ巡業の影響なのか戦後から洋食に傾倒し、和食は一切食べなくなったという[要出典]

現役時代に4代高砂(元横綱前田山)と共にアメリカ巡業でプロレスラーを相手に戦ったのは独立のための資金稼ぎであり、このアメリカ生活によって大ノ海は番付を十両まで落としており、帰国した時若ノ花は小結まで番付を上げていた。絵に描いたような師弟逆転であり、若乃花は後に「あれはどうにもサマにならなかった」と自著の中で述懐している[4]

因みに若乃花の四股名は、弟子の初代若乃花幹士(花田勝治)を初代、その弟子の2代若乃花幹士(元若三杉壽人、下山勝則)を二代目、初代の甥若乃花勝(花田勝)を三代目として数えることが一般的であるが、初代若乃花幹士は師匠である大ノ海に敬意を表し、「私の師匠(大ノ海)が初代若ノ花であり、自分は二代目である」と語っていた[4]。因みに、場所を巡業によって休場したのはアメリカの巡業先との契約延長によって帰国が間に合わなかったためである。正当な理由なしに本場所を休場したため、協会内では厳しい処分や通常の全休相当の番付降下が当然という議論も噴出したが、相撲普及の功績が認められ、休場した9月場所は5勝10敗相当の下降幅に留めるという措置が為された[5]

若乃花や輪島らの横綱を陰で支えた妻の中島トミは、「日本一の貧乏部屋」と評され布団まで質に入れる[4]など辛酸を舐めながら苦労を重ねて隆盛させた花籠部屋が1985年12月に輪島の不祥事で消滅したことを苦に、翌1986年5月23日の夕刻、老後のために購入した八王子市横川町の別荘の物置で、鴨居に電気コードをかけ縊死自殺を遂げた。享年65。

戦績[編集]

  • 幕内在位 16場所
  • 幕内成績 88勝108敗3分2休 勝率.449

場所別成績[編集]

                                 

大ノ海 久光
春場所 夏場所 秋場所
1937年
(昭和12年)
(前相撲) 東 序ノ口 #14
5–2 
x
1938年
(昭和13年)
西 序二段 #13
5–2 
東 三段目 #25
3–4 
x
1939年
(昭和14年)
西 三段目 #27
5–2 
東 幕下 #41
5–3 
x
1940年
(昭和15年)
西 幕下 #21
3–1 
西 幕下 #17
4–4 
x
1941年
(昭和16年)
西 幕下 #12
3–5 
東 幕下 #19
4–4 
x
1942年
(昭和17年)
東 幕下 #18
4–4 
東 幕下 #10
7–1 
x
1943年
(昭和18年)
西 十両 #14
10–5 
西 十両 #5
6–9 
x
1944年
(昭和19年)
東 十両 #10
10–5 
西 十両 #3
7–3 
東 前頭 #16
4–5
1痛分
 
1945年
(昭和20年)
x 西 前頭 #12
3–4 
西 前頭 #17
5–4
1分
 
1946年
(昭和21年)
x x 西 前頭 #8
3–10 
1947年
(昭和22年)
x 東 前頭 #12
8–2 
東 前頭 #6
2–9 
1948年
(昭和23年)
x 東 前頭 #16
7–3
1分
 
東 前頭 #11
6–5 
1949年
(昭和24年)
東 前頭 #9
7–6 
東 前頭 #8
5–10 
東 前頭 #12
11–4 
1950年
(昭和25年)
西 前頭 #3
5–10 
西 前頭 #8
7–8 
東 前頭 #10
7–8 
1951年
(昭和26年)
東 前頭 #11
3–12 
東 前頭 #18
5–8–2 
西 十両 #1
休場
0–0–15
1952年
(昭和27年)
西 十両 #6
3–12 
西 十両 #13
引退
0–0–15
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)
  • 1951年9月場所はアメリカ巡業のため出場不能だった。

師匠[編集]

弟子[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p35
  2. ^ a b ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p40
  3. ^ 杉並区立郷土博物館編「大相撲杉並場所展 : 阿佐ケ谷勢その活躍と栄光の歴史」1991.11
  4. ^ a b c ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p68-71
  5. ^ 『大相撲ジャーナル』2018年3月号 p.62

関連項目[編集]