小坂秀二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小坂 秀二(こさか ひでじ、1918年3月16日 - 2003年4月6日)は、日本歯科医相撲評論家著作家アナウンサー

東京府東京市本所区(現・東京都墨田区)出身[1]東京高等歯科医学校卒業。 東京高等歯科医学校を卒業後、歯科医となる。太平洋戦争軍医として徴用され終戦まで中国の陸軍病院に勤務。NHKTBSで相撲等でスポーツアナウンサーとして活躍。1974年にアナウンサーを引退。1975年に歯科医に復帰後は、相撲評論家著作家としても活動し、「柏鵬時代」の命名者でも知られる。歯科診療所長を経て、自宅に総合医事研究所を開設し所長に就任し、患者の悩み事相談を受け付け、患者医師会厚生労働省(厚生省)の意志疏通を図った。[2]

生涯[編集]

こさか ひでじ
小坂 秀二
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京府東京市本所区
(現・東京都墨田区
生年月日 (1918-03-16) 1918年3月16日
没年月日 (2003-04-06) 2003年4月6日(満85歳没)
最終学歴 東京高等歯科医学校
職歴 歯科医
NHKアナウンサー
ラジオ東京→TBSアナウンサー
ボイス・オブ・アメリカ出向
→TBS企画局企画室
→報道局解説室委員
→報道局報道庶務部
→アナウンサー研修室室長兼総務局付
→ティ・ビー・エス不動産出向
相撲評論家歯科医著作家
活動期間 1947年 - 1961年?、1967年? - 1972年?
ジャンル スポーツ
出演番組・活動
過去 大相撲中継
プロ野球中継
ほか
その他 TBS退職後は、歯科医に復帰、相撲評論を中心に著作家として活動。

幼年期から相撲になじみ、学生時代が双葉山の全盛と重なっていたこともあって、さらに没頭する。東京高等歯科医学校時代、翌日に大事な試験を控え猛勉強中に「双葉山70連勝ならず!」の一報が入り、その衝撃で試験のことが頭に入らなくなり、翌日、追試験覚悟で臨んだところ、試験の教授がたまたま相撲好きの人で、「小坂君、双葉山負けたね!」といきなり話をふられ、試験時間の大部分がこの会話に費やされ、あとは簡単な口答試験だけで乗り切ることが出来た、という。この時の教授には後年、相撲の席を案内して大変喜ばれ、またやはり後年、この時のエピソードを双葉山(その時点では時津風)に話したところ、双葉山は「少しは人の役にも立ったんだ」と笑って応えたという。

第一次歯科医時代[編集]

卒業後歯科医になる。太平洋戦争で軍医として徴用され終戦まで中国の陸軍病院で勤務していたが[2]、特例で許された休暇を使って本土へ帰還、1943年(昭和18年)5月場所(夏場所)を観戦、この場所に全勝優勝した双葉山の完成した土俵に感銘を受け、以後、終生相撲を愛することにつながったという。

アナウンサー時代[編集]

終戦を期に、何かしら相撲にかかわる職業につきたいとアナウンサーへの転職を決意。1947年(昭和22年)、NHKに入局(同期には北出清五郎坂本荘中村要輔[3]。面接試験で「歯科医のような立派な資格があるのに、なぜアナウンサーになりたいのか?」と問われ、「今まで他人の口で稼いできたので、これからは自分の口で稼ぎたいのです」と答えた。

1952年(昭和27年)3月、それまで勤務していた大阪中央放送局から近江正俊NHK名古屋中央放送局)とともにラジオ東京(KR→KRT。後のTBS)[注釈 1]へ移籍[4][5]。近江とともにKR草創期のスポーツ放送を支えることとなった。大相撲中継では解説者の天竜三郎と名コンビと言われた。また、スポーツ以外でも心臓病手術の模様(後述参照)[6][7]1953年9月6日スバル座火災において実況を担当した[7]

1961年(昭和36年)12月にボイス・オブ・アメリカ(VOA)へ出向し、1963年(昭和38年)12月にTBSの編成局アナウンス部へ復帰[7]。その後、企画局企画室(1964年2月)→報道局解説室委員(同8月)→報道局報道庶務部(1967年4月)を経て[7]、1967年11月15日にはアナウンサー研修室の設置に伴い同室長兼総務局付へ就任した[8]1972年(昭和47年)2月にティ・ビー・エス不動産出向し、1973年(昭和48年)3月にTBSを定年退職[6][7]。1974年にアナウンサーを引退[2]。1975年に歯科医に復帰[2]

VOA出向からの復帰後は、スポーツ実況の一線から退いたが、解説室委員時代の1965年3月から1966年3月までは大相撲中継の解説者を務めた[9]


第二次歯科医・相撲評論家・著作家時代[編集]

小坂 秀二
誕生 (1918-03-16) 1918年3月16日
日本の旗 日本 東京府東京市本所区
(現・東京都墨田区
死没 (2003-04-06) 2003年4月6日(満85歳没)
日本の旗 日本 東京都
職業 歯科医
相撲評論家
著作家
言語 日本語
最終学歴 東京高等歯科医学校
主題 大相撲歯科医療囲碁
テンプレートを表示

TBS退職後は1975年に歯科医に復帰し、相撲評論家・著作家としても活動する。歯科医としては1989年に歯科診療所長を経て[2]、自宅に総合医事研究所を開設し所長に就任し、患者の悩み事相談を受け付け、患者・医師会・厚生労働省(厚生省)の意志疏通を図り、歯科医療を扱う執筆活動を行う。相撲評論家・著作家としては相撲評論をはじめ、囲碁[10]を扱う執筆活動を行う。相撲に関する著書や寄稿を膨大な数執筆し、双葉山から“”までの歴代横綱のほぼ全員と面識があったという。著書の中で、柏戸大鵬の「柏鵬時代」の語を最初に考えたのは自分だったと称している(曰く「柏鵬時代 使用随意」と大書した紙を国技館の記者控え室に貼りだした)。

評論は「双葉山を絶対視し過ぎだ」という声もあるほど双葉山信仰の厚いものであった。「双葉山の相撲を(この目で直接)見たことのない人は気の毒だ」「また双葉山ですか、といわれるのは私の喜びとするところだ」と語っている(ただし、神格化については否定している)。現役大関(例:小錦武蔵丸)の土俵態度をとり上げて「横綱の資格無し」と断じたり、横綱審議委員会不要論を展開したり、双葉山を理想視するあまり過激な論調になることもあった。一方で貴乃花を双葉山の再来と評価し、「品格がある」と称えていた。

信条としては、「自分の目で見たことのない力士については書かない」「(自分が見た中で)大力士と呼べるのは双葉山だけ」「数字よりも内容重視」「2場所連続優勝、即横綱ではない」「無気力相撲かどうかは、あくまで土俵上の内容だけで判断する。裏に回って邪推することはしない」「横綱になれない力士を大関にするな」などがあった。

読売新聞社発行の雑誌『大相撲』では場所後総評座談会の常連でもあり、同誌上で『相撲探求』などを連載していた。

2003年4月6日午後9時30分、胃がんのため東京都内の自宅で死去した[11]。85歳没[11]


詳細情報[編集]

出演番組[編集]

※特記ない限り、1955年3月までの出演はラジオ番組。

ビブリオグラフィ[編集]

著書[編集]

  • がちんこ相撲 だれが現代の双葉山か(1974年、いんなあとりっぷ社)
  • 栃若時代 二人の名力士にみる大相撲戦後昭和史(1988年9月、光人社)ISBN 4769803974
  • いい歯医者と悪い歯医者 歯医者だから見抜ける(1991年1月、主婦の友社〈主婦の友健康ブックス〉)ISBN 4079364407
  • 我が回想の双葉山定次(1991年9月、読売新聞社)ISBN 4643910933
  • 貴ノ花 大関への軌跡(1993年3月、冬青社)ISBN 4924725161
  • 昭和の横綱(1993年12月、冬青社)ISBN 4924725196
  • 歯の治療悩みと不安相談実例集(1994年3月、主婦の友社〈主婦の友健康ブックス〉)ISBN 4072141267
  • 大相撲ちょっといい話(1995年1月、文藝春秋〈文春文庫〉)ISBN 4167395029
  • 横綱貴乃花光司 六十五人目(1995年1月、冬青社)ISBN 4924725234
  • 上手な初心者 パート2 囲碁の楽しさに魅せられたあなたに(1998年12月、日本棋院〈日本棋院の囲碁読本 第3巻〉)ISBN 481820417X
1997年12月に刊行された『上手な初心者 ルールブックの次に読む本』〈日本棋院の囲碁読本 第1巻〉ISBN 4818204161の続編にあたる。
  • 伝説の名横綱双葉山 六十九連勝全記録(1999年12月、中央公論新社〈中公文庫〉)ISBN 4122035589
  • これならわかる囲碁入門(2000年1月、日本棋院〈日本棋院の囲碁読本 第6巻〉)ISBN 4818204420
  • 歯医者さん直伝!よい歯医者選びの新・常識(2000年6月、冬青社〈イルカbooks〉)ISBN 492472548X

共著[編集]

  • 北出清五郎、小坂秀二 『大相撲もしもの名勝負百一番 激突!古今の名力士最強はだれ!?』 エンタプライズ発行・産学社発売、1985年12月ISBN 4782520131
  • 小坂秀二、北出清五郎、芳賀綏 『話し上手になるための本 プロが語る』 TBSブリタニカ1989年8月ISBN 4484892189

翻訳[編集]

  • M.H.マコーマック 『パーマーは攻撃する』 小坂 秀二(訳)、タイム〈タイムライフブックスシリーズ〉、1968年全国書誌番号:68005091

連載記事[編集]

  • 囲碁と大相撲(『碁ワールド』1999年10月号 - 2001年6月号)
  • 相撲探求(『大相撲』)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1951年12月25日開局。1955年4月よりラジオ・テレビ兼営局。2001年10月にラジオ局部門がTBSラジオ&コミュニケーションズ、2009年4月にテレビ局部門がTBSテレビへそれぞれ分離し、放送持株会社化(東京放送ホールディングス(TBSHD)へ社名変更)。TBSの略称はTBSテレビへ移行した。

出典[編集]

  1. ^ 過去の高砂部屋平成15年3月30日~4月22日 - 『HYPER 高砂部屋』より、4月9日分の日記を参照。
  2. ^ a b c d e 『現代物故者事典 2003〜2005』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2006年3月27日、231頁。ISBN 4-8169-1969-4
  3. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』 NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、15頁。ISBN 4-06-203232-5
  4. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、235頁。「1952.3<経験者採用> 2人入社(男2) 近江正俊<NHK名古屋> 小坂秀二<NHK大阪>」
  5. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、4頁。「52.3 <経験者>2人入社 近江 正俊…<NHK名古屋> 小坂 秀二…<NHK大阪>」
  6. ^ a b c d e 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、235頁。「小坂秀二<NHK大阪>[1973.3定年]『スポーツ中継、大相撲中継』など R 日本の素顔「神これを癒し給う―心臓外科手術の記録(1955)」「スポーツの広場(1965)」 TV「ニュースの目(1964)」」
  7. ^ a b c d e f g h 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、4頁。「小坂 秀二…<NHK大阪>…[54.12 編成局報道部スポーツ課兼アナウンス部][58.5R・TV編成局運動部兼アナウンス部][60.11 編成局アナウンス部][61.12 VOAへ出向][63.12 本社復帰、編成局アナウンス部][64.2 企画局企画室][64.8 報道局解説室委員][67.4 報道局報道庶務部][67.11 アナウンサー研修室兼総務局付][72.2 ティ・ビィー・エス不動産へ出向][73.3 定年] 『スポーツ中継』 R「スポーツの広場(65)」 TV「ニュースの目(64)」 ☆52.6.17  心臓手術のラジオ実況「マイクは探る〜救われた小さな命〜」21:40 - 22:00(安田一雄アナウンサーの長男、当時五歳が“ボタロー支動脈管開存症”という心臓病で手術を受ける) ☆53.9.6  「有楽町スバル座火災」火事の実況」
  8. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』 東京放送、東京放送、2002年1月、22頁。「1967年11月15日 『アナウンサー研修室』設置 室長 小坂秀二(兼総務局付)」
  9. ^ 「III 放送関係 6.主なスポーツ番組解説者」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、234頁。
  10. ^ 囲碁に魅せられて」、『近畿税理士会堺支部/支部だより』第248号、近畿税理士会 堺支部、2000年6月5日2014年10月11日閲覧。“元、NHKアナウンサーの小坂秀二氏は定年退職後、しばらくして72才のときに囲碁を始められたそうです。現在82才でありながら囲碁の著書を書いておられ、まさに天才としか云いようのないお方です。”
  11. ^ a b “小坂秀二氏死去 相撲評論家”. 共同通信社. 全国新聞ネット. (2003年4月6日). http://www.47news.jp/CN/200304/CN2003040601000365.html 2012年2月20日閲覧。 
  12. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』 東京放送、東京放送、2002年1月、7頁。「1953年9月 *大相撲テレビ試験放送(小坂秀二、近江正俊、解説 天龍三郎)」
  13. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』 東京放送、東京放送、2002年1月、9頁。「1955年5月15日 *大相撲テレビ中継開始(小坂秀二、近江正俊、吉川久夫、 解説 秀ノ山)」
  14. ^ a b 『TBS50年史』資料編に掲載された歴代ラジオ番組一覧表より、歴代の大相撲中継番組をまとめた情報を参考に記述。
  15. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』 東京放送、東京放送、2002年1月、4頁。「1952年3月12日 *「初のプロ野球放送(巨人×毎日定期戦)」(小坂秀二、解説 大和球士)」
  16. ^ 『TBS50年史』資料編に掲載された歴代ラジオ番組一覧表より、歴代のプロ野球中継番組をまとめた情報を参考に記述。
  17. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』 東京放送、東京放送、2002年1月、4頁。「1952年5月19日 *「世界フライ級タイトルマッチ<ダド・マリノ対白井義男>」(小坂秀二)」
  18. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』 東京放送、東京放送、2002年1月、9頁。「1956年11月22日 *メルボルン・オリンピック(小坂秀二・渡辺謙太郎)」

参考文献[編集]

  • 『アナウンサーたちの70年』 NHKアナウンサー史編集委員会、講談社。ISBN 4-06-203232-5
  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 資料編
    • 付録DVD-ROM『ハイブリッド検索編』
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめたPDF文書)
  • 『現代物故者事典 2003〜2005』 日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2006年3月27日ISBN 4-8169-1969-4

関連項目[編集]