若三杉彰晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
若三杉 彰晃 Sumo pictogram.svg
Wakamisugi Akiteru 1958 Scan10007.JPG
基礎情報
四股名 杉山 昇→國風→三杉磯→杉山 昇→若三杉 彰晃→大豪 昇→大豪 久照
本名 杉山 昇
生年月日 1937年9月24日
没年月日 (1983-11-02) 1983年11月2日(46歳没)
出身 香川県丸亀市土居町
身長 188cm
体重 133kg
BMI 37.63
所属部屋 花籠部屋
得意技 左四つ、寄り、上手投げ[1]
成績
現在の番付 引退
最高位 関脇
生涯戦歴 501勝412敗19休(69場所)
幕内戦歴 387勝374敗4休(51場所)
優勝 幕内最高優勝1回
幕下優勝1回
殊勲賞2回
敢闘賞3回
データ
初土俵 1955年3月場所[1]
入幕 1958年11月場所[1]
引退 1967年5月場所[1]
引退後 年寄荒磯
備考
金星8個(朝潮1個、柏戸1個、栃ノ海5個、佐田の山1個)
2014年3月5日現在

若三杉 彰晃(わかみすぎ あきてる、1937年(昭和12年)9月24日-1983年(昭和58年)11月2日)は、1950年代後半から1960年代にかけて活躍した香川県丸亀市土居町出身の大相撲力士。最高位は東関脇1963年(昭和38年)5月場所、同年7月場所など)。花籠部屋に所属していた。本名は杉山 昇(すぎやま のぼる)。現役時代の体格は188cm、133kg。得意手は左四つ、寄り、上手投げ[1]

来歴・人物[編集]

香川県立丸亀高校では柔道部に所属していたが、花籠親方(元前頭3・大ノ海)に勧誘され、高校を2年で中退して花籠部屋へ入門。1955年(昭和30年)3月場所で初土俵を踏んだ。当初の四股名は、本名と同じ「杉山」。初土俵の場所では番付外と新序で好成績を残したため、翌場所では、序ノ口を飛び越していきなり序二段に付いた。

その後「國風」の四股名を付けたが、縁起が悪いと言われて1場所で元の「杉山」に戻し、先代花籠の現役名・三杉磯を襲名した際には大正時代の名力士の名など幕下にはまだ早いと言われてこれまた1場所で元に戻した。十両に昇進した1958年(昭和33年)5月場所より「若三杉」に改名したが、この四股名は、「若乃花」と「三杦磯(=三杉磯)」に因んでいる。

十両では3場所続けて11勝4敗という好成績を挙げ、同年11月場所で新入幕。そして、同場所では10勝5敗と二桁勝利を挙げた。

西前頭4枚目に在った1960年(昭和35年)5月場所では、初日若羽黒(大関)に負けたが2日目以降すべて勝って(横綱栃錦からの不戦勝を含む)14勝1敗と入幕後自己最高の成績を収め、幕内最高優勝を遂げた[1]

以降は三役から幕内上位で活躍し、下位に下がると好成績を残して上位に戻って来ていた。

その後、1962年(昭和37年)9月場所より「大豪 昇」、同年11月場所より「大豪久照」と改名。1963年(昭和38年)3月場所では小結で9勝6敗と勝ち越し、その後関脇で5場所連続勝ち越して、1964年(昭和39年)3月場所では同地位で10勝5敗と二桁勝利を挙げ、大関昇進近しを思わせた。場所後、二子山親方(元横綱・初代若乃花)の実妹・花田ちえ子と結婚。しかし結婚疲れからか5月場所では4勝11敗と大敗し、大関獲りの夢は消えた。

以後も上位に定着を続け、栃ノ海戦や佐田の山戦では善戦した。しかし、1966年(昭和41年)7月場所で途中休場してからは番付が降下し、1967年(昭和42年)5月場所では「番付削減」により十両へ落とされてしまった。

そしてこの5月場所には出場せず、同場所を以て、29歳で引退した。

引退後は年寄荒磯を襲名し、二子山部屋付きの親方となって勝負審判も務めた。

1983年(昭和58年)11月2日、肝硬変のため東京都内の病院で逝去。享年46。

汗をかきやすい体質で稽古量は多く見えていたが実際の稽古量は少なかったらしく、しかも脇が非常に甘いため大成し切れなかった。「若三杉」を名乗っていた頃の仇名“万歳三杉”(“万歳大豪”とも)にも、それが表れている[1]

主な戦績[編集]

  • 通算成績:501勝412敗19休 勝率.549
  • 幕内成績:387勝374敗4休 勝率.509
  • 現役在位:69場所
  • 幕内在位:51場所
  • 三役在位:18場所 (関脇10場所、小結8場所)
  • 三賞:5回
    • 殊勲賞:2回(1960年5月場所、1964年1月場所)
    • 敢闘賞:3回(1961年11月場所、1965年3月場所、1965年11月場所)
  • 金星:8個(朝潮1個、柏戸1個、栃ノ海5個、佐田の山1個)
  • 各段優勝
    • 幕内最高優勝:1回(1960年5月場所)
    • 幕下優勝:1回(1958年3月場所)

場所別成績[編集]

      

若三杉彰晃
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1955年
(昭和30年)
x 西 新序
2–1 
東 序二段 #78
5–3 
x 東 序二段 #41
8–0 
x
1956年
(昭和31年)
西 三段目 #89
6–2 
西 三段目 #51
7–1 
東 三段目 #20
7–1 
x 西 幕下 #69
6–2 
x
1957年
(昭和32年)
東 幕下 #56
4–4 
東 幕下 #55
6–2 
東 幕下 #37
7–1 
x 東 幕下 #25
7–1 
東 幕下 #10
5–3 
1958年
(昭和33年)
西 幕下 #6
5–3 
西 幕下 #2
優勝
7–1
西 十両 #22
11–4 
東 十両 #13
11–4 
西 十両 #3
11–4 
西 前頭 #19
10–5 
1959年
(昭和34年)
東 前頭 #13
7–8 
西 前頭 #14
9–6 
東 前頭 #9
8–7 
西 前頭 #7
8–7 
西 前頭 #6
9–6 
東 前頭 #1
3–12 
1960年
(昭和35年)
東 前頭 #8
7–8 
西 前頭 #9
11–4 
西 前頭 #4
14–1
東 張出関脇
7–8 
西 小結
9–6 
東 小結
9–6 
1961年
(昭和36年)
東 張出関脇
5–10 
東 前頭 #1
8–7 
西 張出小結
7–8 
西 前頭 #1
5–10 
東 前頭 #4
7–8 
東 前頭 #5
11–4
1962年
(昭和37年)
西 張出小結
8–7 
東 小結
6–9 
西 前頭 #1
6–9
西 前頭 #3
6–9 
西 前頭 #5
5–10 
西 前頭 #10
12–3 
1963年
(昭和38年)
西 前頭 #2
8–7 
西 小結
9–6 
東 関脇
8–7 
東 関脇
9–6 
東 関脇
8–7 
東 関脇
8–7 
1964年
(昭和39年)
東 関脇
9–6
東 関脇
10–5 
東 関脇
4–11 
東 前頭 #4
8–7
西 前頭 #2
5–10 
東 前頭 #5
9–6
1965年
(昭和40年)
西 前頭 #2
8–7
東 前頭 #1
9–6
東 小結
7–8 
西 前頭 #1
8–7
西 関脇
2–13 
西 前頭 #6
12–3
1966年
(昭和41年)
東 前頭 #1
9–6
西 小結
7–8 
西 前頭 #1
5–10 
東 前頭 #4
2–9–4[2] 
西 前頭 #10
7–8 
東 前頭 #11
8–7 
1967年
(昭和42年)
東 前頭 #7
6–9 
西 前頭 #9
5–10 
西 十両 #2
引退
0–0–15
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 杉山(すぎやま、1955年5月場所-1956年9月場所)
  • 國風(くにかぜ、1957年1月場所)
  • 杉山(すぎやま、1957年3月場所-同年11月場所)
  • 三杉磯(みすぎいそ、1958年1月場所)
  • 杉山(すぎやま、1958年3月場所)
  • 若三杉(わかみすぎ、1958年5月場所-1962年7月場所)
  • 大豪(だいごう、1962年9月場所-1967年5月場所)

年寄変遷[編集]

  • 荒磯(あらいそ、1967年5月-1983年11月)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p24
  2. ^ 肋骨骨折・軟骨剥離により11日目から途中休場

参考文献[編集]

  • 『土俵の修羅』(著者:石井代蔵新潮文庫刊、1985年)p160-p167 「ライバル列伝:負けたくないあまり、食いすぎた男 若三杉と若秩父」(花籠部屋)
  • 『大関にかなう』(著者:石井代蔵、文春文庫刊、1988年)p225-p286 「腹がいっぱい 若秩父」

関連項目[編集]