高錦昭應

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高錦 昭應(たかにしき あきまさ、本名:荒木 昭應(あらき あきまさ)、1934年2月12日- )は、熊本県飽託郡北部村(※現役当時、現・同県熊本市北区)大字鹿子木出身で、1950年代後半に活躍した大相撲力士である。現役時代は、高砂部屋に所属した。身長168cm、体重152kg。最高位は西前頭11枚目(1957年9月場所)。得意手は右四つ、寄り[1]

来歴[編集]

地元の中学校を卒業後、高砂親方(横綱前田山(※この当時は現役、引退後の1949年10月より親方業に専念))の勧誘を受けて高砂部屋に入門。1949年5月場所にて、15歳で初土俵を踏んだ。当初は「荒木山」と名乗ったが、「高錦」に改名すると才能が開花した[1]

その後、1956年3月場所で新十両に昇進。同場所では12勝3敗と大勝ちし、十両優勝を果たしている。以降も勝ち越しを続け、翌年1月場所で新入幕を果たした。4度目の入幕場所で、自身初となる幕内での勝ち越しを決めた[1]

当時としては大秒の部類に入った150㎏台の体格を活かした寄りが武器であったが、脇の甘さや無欲な性格であった事が災いして大成できず、前頭1桁台への進出は叶わなかった[1]

現役晩年は幕下44枚目まで番付を落とし、1963年11月場所後、29歳で廃業[1]

廃業後は東京都内の企業に勤めていたが、やがて帰郷し、現在は熊本市で相撲料理店「ちゃんこ高錦」を経営している。

主な成績・記録[編集]

  • 現役在位:68場所
  • 通算成績:419勝418敗32休 勝率.501
  • 幕内在位:10場所
  • 幕内成績:65勝70敗15休 勝率.481
  • 各段優勝
    • 十両優勝:2回(1956年3月場所・1961年3月場所(成績は、いずれも12勝3敗))

改名歴[編集]

  • 荒木山(あらきやま、1949年10月場所-1955年3月場所)
  • 高錦(たかにしき、1955年5月場所-1963年11月場所)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p22