熊ヶ谷部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

熊ヶ谷部屋(くまがたにべや)は、かつて何度か日本相撲協会に存在した相撲部屋

沿革[編集]

熊ヶ谷部屋は、明治時代に玉垣部屋の幕下・荒玉辰之助が8代熊ヶ谷を襲名して部屋を創設した。1921年(大正10年)1月場所限りで老齢を理由に廃業し、年寄名跡は友綱部屋(前1・海山)所属の幕内・敷島猪之助に譲渡した。そのとき、相続争いの関係で、幕内・清瀬川(後に関脇)は自分の内弟子たちを連れて楯山部屋に移籍し、後に伊勢ヶ濱部屋を興した。

敷島猪之助は現役を引退して9代熊ヶ谷を襲名し、幕内・大熊宗清を育てた。その後、1957年(昭和32年)1月に死去し、遺弟子(その中にのちに十両に昇進した鎌錦がいた)は荒磯部屋(横綱・照國)に移籍して熊ヶ谷部屋は閉じられた。この部屋は伊勢ヶ濱一門に所属していた。

1960年(昭和35年)1月場所限りで引退した高島部屋(小結・巴潟)所属の大関・三根山が、年寄・熊ヶ谷を襲名して2名の内弟子を連れて高嶋部屋から分家独立して熊ヶ谷部屋を創設した。1961年(昭和36年)5月に年寄名跡を高島に変更するとともに部屋名称も高島部屋に改称した。

1964年(昭和39年)1月場所限りで引退した友綱部屋小結巴潟)所属の元幕内・芳野嶺は、12代熊ヶ谷を襲名して友綱部屋の部屋付き親方として後進の指導にあたっていたが、長男が入門してきたため、1978年(昭和53年)5月に長男1人だけを連れて友綱部屋から分家独立して熊ヶ谷部屋を創設した。当時は、親1人子1人の相撲部屋として話題になった。

1982年(昭和57年)9月場所後、兄弟子であった高島親方(大関三根山)が体調を崩して部屋経営を断念したため、高島部屋から幕内・高望山らが移籍してきた。12代熊ヶ谷は、高望山を関脇に、直弟子から十両・芳昇を育てた。停年退職を迎えた1996年(平成8年)5月場所限りで部屋を閉じ、所属力士2名は立浪部屋に移籍した。熊ヶ谷の名跡は2018年4月現在、元幕内・玉飛鳥が所有している。

師匠[編集]

  • 8代:熊ヶ谷弥三郎(くまがたに やさぶろう、下12・荒玉、和泉国
  • 9代:熊ヶ谷猪之助(くまがたに いのすけ、前4・敷島、富山)
  • 10代:熊ヶ谷紀行(くまがたに よしゆき、大関・三根山、東京)
  • 12代:熊ヶ谷泰輔(くまがたに やすすけ、前8・芳野嶺、青森)

力士[編集]

幕内[編集]

関脇
  • 高望山大造(宮城)
平幕
  • 大熊宗清

十両[編集]

  • 芳昇幸司(福岡)

関連項目[編集]